自宅で簡単!ハーフバースデイの記念写真―100均でOK!―

ハーフバースデイの記念写真用の飾り付けを自宅で簡単にできる方法を紹介します。

100円ショップのアイテムと手持ちのおもちゃだけで実践していみました!

ハーフバースデイ写真の撮り方

half10
こんな感じのハーフバースデイの記念写真を撮ってみたいと思います。

そもそもハーフバースデイはお宮参りや初節句と異なり伝統的な行事ではないため、わざわざ高いお金をかけてフォトスタジオで撮影するか迷ってしまいますよね?

それであれば、自宅にあるものや100均で買えるアイテムを駆使して、かわいい記念写真を撮るという方法があります。

1.実際に撮影で使ったアイテム

●自宅にあったもの
デジカメ
敷きパッド(寝具)
おもちゃ(ミニカー、魚、プラレール)

●100円ショップで買ったもの
おりがみフラッグ
コーンクッション

かかった費用はわずか「216円」です。

2.記念写真のコンセプト

ハーフバースデイの記念写真におけるポーズは「おすわり」「はらばい」「あおむけ」の3つが考えられます。

月齢6カ月でお座りできるかどうかは個人差があるため、今回は一番無難な「あおむけ」の姿勢で撮影をします。

「ごろりんアート」とか「寝ころびアート」とも言われており、写真スタジオでも良く使われている方法です。

3.撮影までの手順

half1
まずは、こちらの折り紙フラッグを作っていきます。

様々な色のフラッグがありますが、今回のモデルは男の子なので、「青」系の色を多めに使います。

half2
半分に折って糸に糊付けするだけなので簡単です。

half3
こんな感じでフラッグができました。

続いて撮影フロアを準備います。

half4
まずは、フローリングだと絵が暗くなってしまうので、白い敷きパットを床にしきます。

half5
次にコーンクッションを使って「ハーフバースデイ」の文字を作ります。

half6
こうして、「1/2 BIRTHDAY」と並べていきます。

half7
できました!

half8
続いて先ほど作ったフラッグも「弧(こ)」を描くように配置します。

これだけでもハーフバースデイっぽくなりましたが、ちょっと寂しいので、手持ちのおもちゃを置いていきます。

half9
男の子なので、トーマスや車のおもちゃなどを適当に置きました。

いよいよ主役を撮影します。

・・・と言ってもごろんと寝てもらうだけですが。

half10
無事に撮影できました!

とても簡単にお金をかけずにハーフバースデイの記念写真を撮ることができました。

これからハーフバースデイを迎える赤ちゃんがいるママ・パパは是非お試しあれ!

ハーフバースデイ用デコレーションアイテム

撮影フロアや壁にハーフバースデイ用の飾り付けをしたいというママにおすすめのアイテムを紹介します。

1.フェルトクラウン イエロー


amazon-link2

カラー:イエロー、ピンク、ブルー

男の子の赤ちゃんに似合いそうな王冠です。

撮影の時に赤ちゃんにかぶせると楽しいですね。

1~3までの数字が付属しているので3歳の誕生日まで使えます。

2.ペーパーフラッグセット ラブリーMIX


amazon-link2

壁に飾るフラッグや文字の撮影です。

同じく3歳の誕生日まで使うことができます。

いろんなパーティに使えるのでこういうのが1つあると便利でよね。

3.ペーパーフラッグガーランドセット キューティMIX


amazon-link2

壁飾りですが、青の文字が多いため男の子の誕生日などにも使えます。

4.【BABY tree】誕生日 デコレーション セット (ピンク / ゴールド)


amazon-link2

ピンクとゴールドでキラキラした王冠と壁飾りのセットです。

お姫様のようなドレスを着た女の子に合いそうなデコレーションですね。

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
本日の人気記事

本日の人気記事

年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...