【私の出産体験記】おさきマタニティクリニックで産みました。

大阪府にあるおさきマタニティクリニックで出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

腹部エコーの際に毎回顔の前に手があったため顔がよく見えず、もらう写真もいつも一緒で、助産師さんや先生によく「もうちょっとで見えるのにね」と言われていました。

ある時の検診で手が下の方にあり、赤ちゃんが向きを変えてくれれば顔がよく見えるという位置にいました。

先生がエコーの機械で軽くお腹をトントンし、向きが変わるようにしますがなかなか思い通りに動きません。

助産師さんも「もうちょっと」と言いながら一緒にエコーを見てくれていました。

その時はとても盛り上がり、本当に幸せな時間だなと感じました。

2.お産の体験

予定日近くなっても降りてこず、子宮口も開いていませんでした。

そして、予定日一週間前の朝に陣痛の痛みを感じました。

病院へ連絡するとすぐに来てくださいと言われ、病院に向かいました。

すぐに診察してもらうも子宮口は1センチしか開いていませんでした。

「帰ってもいいよ」と言われましたが、今回は3人目の出産ですし、これまでもお産が進んだらあっという間に産まれていたので入院させてもらいました。

病室ではスクワットをしたり、歩き回ったりしていました。

助産師さんの間では、今日中には産まれないと噂になっていたようです。

夕方痛みが強くなってきましたが、まだ3センチ。

さすがに私も今回は長引くのかと思ってしまいました。

20時頃に旦那が仕事終わりに病院に来てくれました。その瞬間からお産が進みました。

助産師さんも慌てるくらいの早さで子宮口が開き、あっという間に7センチ。

その後、1回のいきみで産まれました。

先生間に合わなかったほどで、皆さんから安産の太鼓橋を押してもらいました。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

「やっと会えたね。無事産まれてきてありがとう」という気持ちでした。

4.入院中の体験

3人目という事もあり、産後すぐたっぷり母乳が出る物だと思っていました。

しかし、なかなか出ず、一生懸命赤ちゃんに吸わせたり、搾った事を覚えています。

助産師さんも気にしてくださり、よく声をかけてくれました。

少しずつ出るようになり、前回より出る量が増えると一緒に喜んでくれ、褒めてくれました。それがすごく嬉しかったです。

助産師さんの言葉を励みに頑張って吸わせたり搾ったりしている内に、たっぷり出るようになりました。

助産師さんの言葉にはパワーがあるなと思った出来事でした。

5.おさきマタニティクリニックで産んで「よかったな!」と思う体験

先生や助産師さん、事務の方も皆一緒に妊娠や出産を喜んでくれ、応援してくれる雰囲気でした。

とても明るくニコニコしているので、心配事もちっぽけなように思えました。

そして、退院の時も困った事があればいつでも来てくださいと言われ、育児も不安に感じませんでした。

6.通院・入院中の「残念」な体験

人気の産婦人科であるため、お産が重なると助産師さんが忙しくなり一人一人に対応する時間が短くなる事です。

こちらの産婦人科だけではないと思いますが、走り回っている助産師さんを見ると色々頼みづらくなるのを感じました。

先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

おさきマタニティクリニックについて

2018年9月に第3子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

1番は、出産後の縫合が丁寧で上手と聞いたからです。

あとは、入院の時に必要な物はほぼ全て病院が用意してくれる為、持ち物が少ない事、そして入院中のお料理が美味しい事です。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

完全予約制であり、普段は15分~20分ほど待つくらいでした。

途中分娩が入ってしまったり、急患などあった時は1時間待った事もありましたが、1回か2回ほどです。

3.費用はどれくらいだった?

妊婦健診は1回につき平均3,000円くらいでした。

入院・分娩費用は、自然分娩で76,000円ほどでした。

※一般的に費用は診療内容などによって一人一人異なります。

4.主治医の先生はどんな人?

穏やかで、質問には毎回的確に答えてくださいました。

つわりが酷かった私を大変心配してくれて嬉しかった事を覚えています。

また、産後の入院中も毎朝病室に来てくださり、声をかえてくださいました。

エコーで赤ちゃんを見る時もニコニコしていて、本当に赤ちゃんが好きなんだと感じました。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

初めの印象は怖そうだなと思っていましたが、陣痛中一緒に呼吸法をしてくれたり、腰をさすってくれたり、気が紛れるよう何気ない会話をしてくれました。

産まれた時も一緒に喜んでくれました。

とても安心して出産に臨めた事を覚えています。

6.入院中の食事はどうだった?

お祝い膳はフルコースになっており、とても美味しくて高級レストランにでも来たかのようでした。

その他の食事でも見た目が綺麗で味も大変美味しく、いつも満腹でした。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(〇)3Dエコーあり
(〇)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(〇)両親学級あり
(〇)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(×)大部屋あり
(×)個室シャワーあり
(×)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(×)食事用のラウンジあり
(×)売店あり
(×)小児科併設あり
(〇)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(〇)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(×)おむつ替え指導
(×)沐浴指導
(〇)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(〇)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(×)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな育児指導された?

授乳指導で、息子はよく上唇を巻き込んで乳首を吸ってしまっていたので、しっかり口を開けさせ咥えさせる事を教わりました。

10.新生児健診のタイミング

退院後1週間と生後1ヶ月。

出産体験記が読める病院一覧
大阪市 ・ 大阪府の市町村
スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

このコラムを「ツイート」「シェア」する

今日の人気コラム

本当に安くおむつを買うなら・・・【PR】