【私の出産体験記】あさの葉レディースクリニックで産みました。

福岡県にあるあさの葉レディースクリニックで出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

あさの葉レディースクリニックは、里帰り出産で利用しました。

私は前に1度流産を経験していた為、お腹の子どもが健康で元気かどうかを非常に気にかけておりました。

里帰り前の産院ではサイズと心拍の確認だけでしたが、こちらの産院ではエコーで心臓や肺、背骨に異常が無いかを細かく丁寧に診てくださいました。

特にこちらから言うでもなく、不安な気持ちを取り除いてくれたことが非常に嬉しかったです。

出産まで安心して過ごすことが出来るきっかけとなりました。

2.お産の体験

予定日を8日超過した朝3時に陣痛が始まりました。

その後22時頃までは痛みも生理痛程度で間隔もまばらでしたが、23時頃から徐々に痛みが増して来ました。

その頃には間隔も10分を切り始めたため、産院に連絡して、そのまま入院となりました。

病院到着時、痛みの割りに子宮口は2センチ程しか開いていませんでした。

「初産はここからが長丁場だよ。」という助産師さんの言葉通り、そこから中々進まず、朝5時にようやくおしるしがあり、分娩室に移ったのは朝7時でした。

そこからの進みはかなり早く、子宮口も全開になり破水、途中過呼吸ぎみになり、口まで痺れが来ていましたが、必死な私に負けないくらい必死に手を握ってくださる助産師さんに支えられ、朝8時に出産しました。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

ありがとう。ありがとう。ありがとう。喜びと嬉しさで涙が溢れました。

4.入院中の体験

私の旦那は長野県から福岡県へお見舞いに来てくれていたのですが、一緒に居られる時間は2日半と限られていました。

更に面会時間は15時~21時でした。

その事情をなにげない会話の中から汲み取ってくださった助産師の方が、特別に朝からの面会を許可してくれました。

私も旦那も非常に嬉しく、幸せな時間をいっぱい過ごすことが出来ました。

臨機応変に対応していただき非常に感謝しています。

寒い冬の日でしたが、非常に温かく、穏やかな気持ちで家族のスタートをきることが出来ました。

5.あさの葉レディースクリニックで産んで「よかったな!」と思う体験

初めての妊娠で不安な気持ちで過ごす中、里帰り出産でこの病院に出会いました。

その不安を全て取り除こうと、助産師さんも先生もとても親身に対応してくださり、そのお陰で里帰り後の期間はとても心穏やかにマタニティライフを楽しむことが出来ました。
お産でも私の気持ちに寄り添ってくださり、一緒に闘い、一緒に喜んでくれました。

入院中も、気持ちがいっぱいいっぱいになる前に病室に入って来てくださり、アドバイスを交えながら私と赤ちゃんに合ったあやし方、授乳の方法を探してくれました。

ここには書ききれないほど、たくさんの優しさをもらいました。

私の妹にも絶対に「この病院が良い!」と強く勧めて、実際にお産する予定です。

6.通院・入院中の「残念」な体験

待ち時間はとても長いですが、その時間を持て余すだけの雑誌等はあまり無いです。

ですが、その分助産師の方や先生が丁寧に診てくださっているので、私のように心配性の方には、その待ち時間だけの価値があるよと伝えたいです。

【都道府県別】出産体験記が読める産院・病院一覧
先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

あさの葉レディースクリニックについて

2018年1月に第1子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

先輩ママの評判の良さ、清潔感のある施設、実家から近いことから選びました。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

平均2時間程待ち時間があります。

水曜日に限っては妊婦検診のみの受付となる為、時間によっては比較的早く診てもらえることもあります。

3.費用はどれくらい?

妊婦検診は1回につき平均1000円ほど手出しがありました。

入院、分娩は自然分娩でしたが、子どもが黄疸に引っかかったこともあり、3000円の返金でした。

4.主治医の先生はどんな人?

院長先生は40代くらいの男性の方ですが、物腰が柔らかく、妊婦の心も子どもの心も掴むのが上手な印象でした。

院長先生が妊婦と話す時間をしっかり取ってくれて、エコーも丁寧に診てくれるため、待ち時間が長くなります。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

私は誰の立ち会いも希望せず、1人で闘うと決めていましたが、あまりの痛みに何度も心が折れかけました。

そんな中、助産師さんが何度も病室に来て腰をさすってくださったり、分娩時も私に負けないほど強い力で手を握ってくださり、とても心強かったです。

このお産を乗り越えることが出来たのは、本当に助産師さんのおかげでした。

6.入院中の食事はどうだった?

入院中の母親が集まって食事するため、賑やかでとても楽しいものでした。

入院中に豪華ディナーが1度あり、とても美味しくいただきました。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(〇)3Dエコーあり
(×)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(×)両親学級あり
(〇)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(×)大部屋あり
(×)個室シャワーあり
(×)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(〇)食事用のラウンジあり
(×)売店あり
(×)小児科併設あり
(〇)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(〇)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(〇)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(〇)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(〇)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな育児指導された?

赤ちゃんが産後2日目の夜中に泣き止まなかった時に、バスタオルとおくるみでそれぞれの包み方を教えてもらいました。

ポイントは、腕をM、足をWの形にすること。

この方法は娘に効果覿面で、退院後もあやす際に非常に助けられました。

10.新生児健診のタイミング

退院後1週間と生後1ヶ月

出産体験談が読める産科病院の一覧【福岡県版】
先輩ママによる出産体験談が読める福岡県の産科病院の紹介します。 産院選びや出産準備の参考にして下さい。 出産...