【私の出産体験記】城野産婦人科で産みました。

福岡県にある城野産婦人科で出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

人気の産院だけあって外来はかなり人数が多かったのですが、手際のいい看護師さんたちがてきぱきと作業して、患者を次々さばいていました。

ある時、診察前に気分が悪くなってしまったのですが、「忙しそうだし、もう終わるから黙っていよう」と我慢していたら、気づいた看護師さんが「顔色が悪いですよ、ちょっと休みましょうね」と別の部屋で休ませてくれました。

翌週また検診に行くと、その看護師さんが「今日は大丈夫ですか?顔色いいですね」と声をかけてくれました。

忙しいにもかかわらず、一人一人に気配りできる、素晴らしい方に出会えました。

2.お産の体験

予定日超過したので、バルーンを入れて誘発分娩することになりました。

入院初日、バルーンを入れて子宮口2センチ。

2日目、促進剤を朝から6時間打つも、じんわり子宮が痛いような程度で、破水にも陣痛にも至りませんでした。夕方にバルーンをもう一度入れると、規則的な陣痛がきたのですが寝る頃には止まりました。夜の時点で子宮口は4センチでした。

3日目、促進剤を再び打って1時間で破水しました。

だんだん陣痛が痛みを増し、2時間後には耐えられない激痛になるもまだ7センチしか開いていませんでした。

その後、やっと痛みの波が自覚できるようになり、痛くないときは周りの人たちと話せるくらいでした。

時々気絶しながら耐えること3時間、いきんでいいよとの声でようやくいきみだしました。

破水から約6時間後に生まれました。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

「やっと終わった!」と思いました。

つわりに始まり、食事制限、大きいお腹、長い陣痛と、しんどかったものが終わって解放された気分でした。

4.入院中の体験

とにかくいつも喉が渇いていました。

ラウンジに飲み物を取りに行けばいいのですが、産後の体は全身筋肉痛で動きが取りづらく、母子同室なので部屋を出るなら子どもを連れていかねばならず、力尽きた結果部屋で干からびていました。

家族が見舞いに来るたびに水分を持ってきてもらっていました。

また、授乳室で他のお母さんたちと話すのが楽しかったです。

産後のメンタル不調で泣き出すお母さんもいて、みんなで励まし合いながら慣れない授乳を頑張っていました。

5.城野産婦人科で産んで「よかったな!」と思う体験

スタッフの方々は百戦錬磨の方ばかりで、多少のトラブルにも動じることなく対応してくださいました。

私の出産前後は他の方の出産立ち会いでバタバタしていましたが、産後3日くらいすると、「今立ち会いがなくて暇になったの」とたくさんの助産師さん看護師さんが、一人一人のお母さんにゆっくり話しかけてくださって、たくさんアドバイスをもらえました。

スタッフの数が多いというのも良い点だなと思いました。

6.通院・入院中の「残念」な体験

外来が忙しすぎて、診察室に通してもらって、お腹を出して仰向けで待っているのに先生が来ないことが多かったです。

タオルがかかっていたので寒さは平気でしたが、お腹が大きく、仰向けでいるとかなりきつかったので、毎回気を失うかと思っていました。

【都道府県別】出産体験記が読める産院・病院一覧
先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

城野産婦人科について

2019年4月に第1子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

実家から近く、地元で評判が良かったからです。

また、産院や病室がきれいだったので選びました。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

午前中は長くて30分ほど、午後は空いており10分ほどの待ち時間でした。

3.費用はどれくらいだった?

妊婦検診は、36週以降になるとNSTの料金で毎回1,000円かかっていました。

入院費用は、8日入院して11万円の実費でした。

※一般的に費用は診療内容などによって一人一人異なります。

4.主治医の先生はどんな人?

担当制ではなく、その時おられる先生に見てもらう形でした。

出産時についてくださった先生は、いい意味で力が抜けていて、穏やかに笑いながら声をかけてくださいました。

緊張や不安でピリピリしていたので、気分が楽になってよかったです。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

お話上手で穏やかな人でした。

「もう何人も取り上げてるのに、いまだにお産になるともらい泣きしちゃうんです」と笑顔でお話しされていたのが印象的です。

陣痛の痛みを和らげるためにずっと腰を押してくださり、生まれたときにはやはり泣いておられました。

6.入院中の食事はどうだった?

食事が豪華であることを売りにしているだけあって、毎食盛り付けもきれいでとても美味しかったです。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(〇)3Dエコーあり
(〇)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(×)両親学級あり
(〇)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(〇)大部屋あり
(〇)個室シャワーあり
(〇)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(×)食事用のラウンジあり
(×)売店あり
(×)小児科併設あり
(〇)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(〇)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(〇)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(〇)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(〇)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな育児指導された?

おむつ替えをするとき、おしっこだけなら男女関係なく拭かなくていいと教えてもらいました。

拭くことによって常在菌が減るので、かえってかぶれやすくなるとのことでした。

10.新生児健診のタイミング

退院後2週間と、生後1ヶ月

出産体験記が読める病院一覧
福岡市 ・ 福岡県の市町村