「コップタワー、箱重ね」のおもちゃ【おすすめ10選】

高く積んでタワーを作るおもちゃ「コップタワー」「箱重ね」を厳選して紹介します。

コップ重ね(箱重ね)は1歳前後からできる赤ちゃんの代表的な遊びのひとつです。

大きさの概念を学び、指先が器用になる効果が期待できますが、何といっても積みあがったタワーをガシャンと倒すことが楽しくて、何度もやってみたくなるおもちゃです。

おすすめのコップ重ね・箱重ねのおもちゃとは?

1.コップ重ねは色々な遊びができる

コップ重ねも箱重ねも共に高いタワーを作って遊ぶよく似たおもちゃです。

しかし、おもちゃとして様々な使い方ができるのはコップ重ねのほうです。

0歳であればコップを両手にもってカチカチ打ち鳴らして遊ぶことができますし、2歳を過ぎたらコップやお皿としておままごとにも使えます。

1歳の時にタワーを作って終わりではない点がコップタワーのメリットです。

2.箱重ねは見て楽しめる

箱重ねは、基本的にタワーを作る以外の遊び方はありません。

ただし箱重ねは紙製なので、カラフルでにぎやかなイラストが目をひきます。

絵本のように見て楽しむこともできます。

また、数字や英語なども学べる商品も豊富にあります。

3.コップか?箱か?

まず、2~3段の高さを積むのであれば箱重ねのほうが簡単です。

コップはぴったりと重ねる必要があるので、1歳前半までは意外と重ねるのが難しいです。

しかし、ぴったりと重ねてはめ込むことができるコップはより高く積みやすいため、1歳半を過ぎると箱よりも簡単に高いタワーを作ることができます。

一方の箱重ねは高いタワーを作ることに加えて、タワーの面をそろえて一つの絵を完成させるというパズル要素もあるため完璧にタワーを完成させるのは2歳を過ぎてからになります。

以上のことから、コップと箱の両方を買ってみてはいかがでしょうか?

コップタワー

1.【アガツマ】アンパンマン 天才脳つみかさねカップ


amazon-link2 rakuten-link

10段のコップに1個のアンパンマン(人形)を積み上げるコップタワーです。

10個のコップの底には、ばいきんまんやカレーパンマンなどそれぞれ異なるキャラクターのイラストと数字が刻印されています。

積むのはもちろん、イラストを見て楽しむこともできます。

大好きなアンパンマンを一番高いところに乗せてパトロールしてもらいましょう!

2.【コンビ】コップがさね


amazon-link2 rakuten-link

児童館や保育園にもよく置いてあるコップタワーの定番商品です。

こちらも10個のコップを重ねることができ、くまの人形を乗せることができます。

赤、青、黄色、緑など基本の色を使っているので、色の学習にも使えそうです。

3.【ローヤル】baby Rody コップタワー


amazon-link2 rakuten-link

こちらのコップタワーも10段重ねの商品です。

一番上にはロディが乗ります。

コップ一つ一つには、雲や太陽などのイラストと数字が印刷されています。

パステルカラーの可愛らしいコップなので女の子におすすめです。

4.【ローヤル】かさねやすいコップがさね


amazon-link2 rakuten-link

プラスチックのコップは滑りやすいため、力の加減ができない赤ちゃんにとって意外と重ねるのが難しいです。

しかし、こちらの商品は、コップの底が丸くなっているため、滑らせながら簡単にはめることができます。

さらにコップの底に穴が開いているので、お水を入れてジョーロのように遊ぶことができます。

部屋でもお風呂でも遊べるコップタワーです。

5.【ジョイパレット】いないいないばぁ コップであそぼ


amazon-link2 rakuten-link

Eテレの「いないいないばあっ!」が好きな赤ちゃんにおすすめしたいワンワンとうーたんのコップタワーです。

9個のコップとワンワン(人形)がセットになっています。

コップそのものは無地なので、多少割高感があります。

箱重ねのおもちゃ

6.【アガツマ】アンパンマン あいうえおキューブ


amazon-link2 rakuten-link

10個の箱を重ねて遊ぶおもちゃです。

紙でできている箱なので、コップと違ってアンパンマンなどのキャラクターが大きくはっきりとプリントされています。

数字に加えてひらがなも書かれているので、文字を勉強するようになる3歳頃まで長く使えそうです。

箱に書かれているイラストの情報量が多いので、ずっと見ているだけでも飽きません。

7.【DJECO】マイフレンドブロックス


amazon-link2 rakuten-link

こちらも10個の箱を重ねていく商品です。

箱には動物や数字などが描かれています。

数字のとなりには同じ数の果物も描かれているのでモノの数を数える練習もできます。

さらに全て正しい向きで積み上げると、1本の大きな木が出来上がります。

最初はただ積み上げるだけですが、成長と共に箱の向きも考えて重ねる必要があるので、より知育になりそうです。

DJECO(ジェコ)はフランスの玩具メーカーだけあって、イラストも印象派を彷彿とさせる本格的な芸術作品のようです。

8.【日本育児】はらぺこあおむし ABCスタッキングキューブ


amazon-link2 rakuten-link

日本でもファンがたくさんいる絵本作家エリック・カールの「はらぺこあおむし」の箱重ねです。

絵本でお馴染みの食べ物がイラストになっています。

曜日やモノの名前はすべて英語なので、英語教育に力を入れているご家庭におすすめです。

もう製造されていないのか品薄状態につき市場価格が上がっています。

9.【HABA】スタッキング キューブ のりもの


amazon-link2 rakuten-link

ドイツのおもちゃメーカー「ハバ」の箱重ねです。

男の子が大好きな乗り物がイラストのモチーフになっていて、見ているだけでも楽しめます。

箱を正しく重ねていくと色々な自動車が一本の道を走っていく絵があらわれる仕掛けがあります。

パズル的な要素もあるので手先だけでなく頭も使って遊べますね。

女の子には童話のラプンツェルをモチーフにしたハバの箱重ねもあります。

10.【DJECO】10ファニーブロックス


amazon-link2 rakuten-link

こちらもジェコの箱重ねです。

絵本にでてくるような動物のイラストがとても素敵です。

赤ちゃんのおもちゃとしてはもちろんですが、部屋のインテリアにもなりそうな商品です。

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

このコラムを「ツイート」「シェア」する

今日の人気コラム

本当に安くおむつを買うなら・・・【PR】