【私の出産体験記】ローズベルクリニックで産みました。

岐阜県にあるローズベルクリニックで出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

出産が近くなってきて、子宮口がどのくらい開いているのかをチェックしてもらえるようになりました。

初めて、子宮口の開き具合を見てもらった時に、先生が「よく開いてきているし、柔らかいから、初産だけれど、きっとすごく安産になると思うよ。」と言ってくださいました。

初めての出産に緊張していた私にとって、先生にそう声をかけてもらえたことで、何だか出産に対して自信を持つことができ、穏やかな気持ちで陣痛が来るのを待つことができました。

2.お産の体験

予定日当日の夕方から、お腹の張りが強くなり、短い間隔で陣痛が来るようになりました。

病院に電話をしたら、入院の用意をして来院するようにと指示されたため、家族が運転する車で病院にむかいました。

そして、お腹に機械をつけて、陣痛の様子を見てもらった結果、すぐに出産になるような陣痛ではないかもしれないが、念のため今日は入院しましょうと言われ、入院となりました。

そのまま出産になるかと思いきや、夜の間に陣痛が消えてしまいました。

そのため、朝食を食べて一度家に帰るということになりました。

そして、念のためにと助産師さんが子宮口の開き具合を見てくれたところ、かなり開いてきてしまっていました。

そのため、陣痛が弱い場合は陣痛促進剤を使うことにし、そのまま入院して出産をすることになりました。

幸い、自然に陣痛がきたため、次の日の未明に出産することができました。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

子どもの産声を聞いて、無事に産むことができたのだと、嬉しい気持ちと、ほっとした気持ちになりました。

4.入院中の体験

出産した次の日の夜から母子同室がスタートしました。

赤ちゃんのお世話について説明や指導は受けていたものの、実際やってみると分からないことが多く、上手くできずに困ってしまうことがありました。

そうした時、ナースコールで助産師さんを呼ぶと、すぐに駆け付けてくれて、助けてくれました。

特に、夜中のおむつ替えで、子どもが足をバタバタとすごい勢いで動かすため上手くできず困っていた時、「これだけ動かすのは元気な証拠だよ」と声をかけてくださいました。
その一言で、元気な証拠なのだとほっとできたことを覚えています。

5.ローズベルクリニックで産んで「よかったな!」と思う体験

先生の診察も丁寧で、説明も分かりやすく、何よりも無事に出産することができたので、この産院を選んで良かったと思います。

そして、もしも緊急事態になっても、すぐにNICUのある大きい病院にリファーしてくれるということで安心感を持つことができたのも良かったと思います。

6.通院・入院中の「残念」な体験

出産後、赤ちゃんのお世話についての指導に加えて、アロママッサージやドライミルクの説明会などもありました。

私の場合に限ってかもしれませんが、なかなか睡眠をとることができなかったので、もう少し睡眠をとれる予定になっているといいなと思いました。

【都道府県別】出産体験記が読める産院・病院一覧
先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

ローズベルクリニックについて

2018年3月に第1子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

一つ目の理由は、実家から近かったため、里帰りで出産するのに便利だったからです。

二つ目の理由は、難しいお産になった場合は、すぐにNICUのある病院にリファーしてもらえると聞いたからです。

三つ目の理由は、建物が新しくきれいな病院だったからです。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

私が通院していた平日は、ほとんど待ち時間がなく予約した時間に診てもらえました。

3.費用はどれくらい?

妊婦健診での金額は、その日の診療内容によって異なりましたたが、だいたい2000円~4000円くらいでした。

入院・分娩費用は、弱い陣痛が長く続き入院期間が長かったのと、土日に分娩が重なり休日料金だったこともあり14万円ほどでした。

4.主治医の先生はどんな人?

テキパキとエコーを見て、簡潔に説明してくれる先生でした。

口数は多い先生ではありませんでしたが、質問したことには丁寧に答えてくれました。

そして、出産の時期が近づいてくると、初産の私を気遣って、心穏やかに出産を待てばいいと声をかけてくれる良い先生でした。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

陣痛促進剤をなるべく使わず、なるべく自然な陣痛で出産をしようという考えの方でした。

本陣痛がきてからかなりの時間が経っていたのですが、「自然な陣痛で産むのが一番だから、あなたもその気持ちなら、いつまででも付き合うから。」と力強く声をかけてくれる頼りがいのある方でした。

6.入院中の食事はどうだった?

毎食、とても豪華で美味しかったです。和食と洋食のバランスが良かったと思います。

また、3度の食事に加えて、毎日15時におやつとしてケーキなどの甘いものが出てきて、出産前に体重を気にして甘いものを控えていた私にとって、うれしいご褒美でした。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(〇)3Dエコーあり
(〇)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(〇)両親学級あり
(〇)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(×)大部屋あり
(〇)個室シャワーあり
(〇)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(〇)食事用のラウンジあり
(×)売店あり
(〇)小児科併設あり
(〇)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(〇)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(〇)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(〇)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(〇)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな育児指導された?

授乳指導で、ベーシックな横抱きでの授乳だけでなく、私の胸の形に合うフットボール抱きの授乳方法について教えてもらえたことが役に立ちました。

10.新生児健診のタイミング

退院後1週間と生後1か月に健診がありました。