【私の出産体験記】総合南東北病院で産みました。

福島県にある総合南東北病院で出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

逆子だったので、とても心配してくれて、逆子が治るように様々な方法を教えてくれました。

それを試してみて結果的に逆子が治りましたので、親身になって話を聞いてくれた先生に今でも感謝をしており、絶対に次も利用して見たいと思いました。

素晴らしい先生でしたので、これからも様々な妊婦を安心させてくれる先生だと思います。

この先生の元で子供を産むことができて、とても嬉しく感じました。

2.お産の体験

陣痛が夜9時に始まり、すぐ病院に行きましたが、なかなか産まれきてくれませんでした。

朝方にトイレに行きたくなり、トイレに行くと子供の頭が出て来てしまい、すぐに看護師を呼びました。

「先生が来るまで我慢してください」と言われたのですが、必死に我慢しましたが、我慢出来ずに産んでしまいました。

立会いに来ていた家族も、いきなり産んでしまったので、とても驚いていました。

とりあえず無事産まれて良かったと思いました。

産むまでに時間はかかりましたが、産んだ後はすっきりして達成感に満ち溢れたので良かったです。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

これが自分の子供なのかと不思議な感じになり、とりあえず指の数を数えました。

4.入院中の体験

同じ時期に産まれた子供と自分の子供を比べて、自分の子供が一番可愛いと思いました。

他のお母さん方と仲良くなって連絡先を交換したので、今でもたまに連絡を取ったり、ご飯を食べに行って、育児の情報の交換をしている仲になりました。

本当の友達ができたような気がしています。

育児はとても大変ですが、同じ気持ちの仲間がいると思うと、頑張ることができます。

5.総合南東北病院で産んで「よかったな!」と思う体験

自宅から近いこともあり、何かあったらすぐに病院にいけると思うと精神的な安定につながりました。

先生も看護師も親切だったことから、本当にこの病院で産んで良かったなと思います。

次も絶対にこちらの病院にしたいと思いました。

6.通院・入院中の「残念」な体験

残念な面は食事です。

本当に美味しくなく、早く美味しい食事を食べたかったです。

また個室もなかったので、出産後はなかなか落ち着くことが出来ませんでした。

先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

総合南東北病院について

2019年1月に第3子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

家から近く、大きな病院で、知り合いが働いていたため選びました。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

毎回1時間は当たり前でしたので、妊婦には辛かった記憶があります。

3.費用はどれくらいだった?

妊婦検診では、1回三千円くらいで、、分娩・入院費用は20万くらいでした。

なかなかかかるなと思いました

※一般的に費用は診療内容などによって一人一人異なります。

4.主治医の先生はどんな人?

とてもいい先生でした。男性の先生でしたが、優しくて思いやりがあり、とても心配してくれる素晴らしい先生でした。

また、産む時は利用したいと思いました。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

助産師さんはとても親身になってくれました。今ではLINEを交換して、友達として付き合っています。

出産の不安を本当にかき消してくれましたので、本当に感謝しており、これからも忘れることはないと思います。

6.入院中の食事はどうだった?

食事に関しては、一般的な病院食でしたので、正直味気ないものでした。

早く退院して、美味しいものを食べたかったです。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(〇)3Dエコーあり
(×)4Dエコーあり
(×)母親学級あり
(×)両親学級あり
(〇)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(×)個室あり
(〇)大部屋あり
(×)個室シャワーあり
(×)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(〇)食事用のラウンジあり
(×)売店あり
(〇)小児科併設あり
(×)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(〇)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(×)沐浴指導
(×)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(×)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(×)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな育児指導された?

母乳指導では、赤ちゃんがなかなかおっぱいを吸ってくれなかったので、抱き方から丁寧に教えてもらいました

10.新生児健診のタイミング

退院後2週間

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

このコラムを「ツイート」「シェア」する

今日の人気コラム

本当に安くおむつを買うなら・・・【PR】