【私の出産体験記】小森山産婦人科医院で産みました。

福島県にある小森山産婦人科医院で出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

一番印象に残っているのは、はじめての検診です。

エコーで本当に小さな胎嚢が写ったエコー写真をもらったとき、本当に感動しました。

その日から、次の妊婦健診が毎回とても楽しみになりました。

どんどん大きくなって、頭や腕、足など骨格がよく分かるようになり、一生懸命お腹の中で生きているんだなぁと嬉しい気持ちになっていました。

後期になると、赤ちゃんの心拍を聞くことができます。

こんなに早く心臓が動いているんだとびっくりするとともに、いとおしい気持ちになりました。

2.お産の体験

出産の前日、朝起きたら出血していました。

びっくりして病院に電話すると、急いで診察を受けに来て下さいと言われ、緊張しながら向かいました。

しかし、まだ子宮口が2センチほどしか開いていなく、出血はおしるしだから自宅に帰って様子見てと言われました。

その日1日ずっとドキドキ緊張しながら過ごしたのを覚えています。

夜になってそろそろ寝ようとベッドに入ると、陣痛がいきなり始まりました。

間隔がどんどん短くなり、夜中病院に行くと即入院となり、いざ出産までもう少しと思うと興奮して眠れませんでした。

助産師さんの子宮口グリグリのおかげで順調に進み、朝の9時に分娩室へ。

想像以上の痛みで、本当に産めるのか?!と思いましたが、1時間もかからずに無事元気な女の子を出産しました。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

本当に幸せな気持ちでいっぱいでした。

産まれてきてくれてありがとうという気持ちと、やっと会えて嬉しいという気持ちでした。

4.入院中の体験

個室で母子同室の病院でした。

はじめは赤ちゃんと一緒に過ごせるのがとても嬉しかったのですが、寝不足で疲れが出始めて、これから自宅に帰ったら頑張れるのだろうか、と不安に思ってしまい一人で泣いてしまいました。

それに気付いた助産師さんが、笑顔で「大丈夫?」とそっと背中をさすってくれた時は安心してまた涙が出ました。

また、助産師さん数人で岡本真夜さんのハッピーバースデイを歌ってくださったとき、本当に感動しました。

5.小森山産婦人科医院で産んで「よかったな!」と思う体験

先生をはじめ、助産師さん、看護師さんみなさんが優しく、頼れる存在だったことです。

あとは、自宅から近い病院だと何かあったときにすぐ行けるので、その安心感はありました。

また、私は食べるのが好きなので、ごはんがおいしいのは大きなポイントでした。

おいしいごはんを食べて「よし!またがんばろう!」という気持ちになれました。

6.通院・入院中の「残念」な体験

入院中は多くの助産師さん、看護師さんが代わる代わる来てくださっていたのですが、授乳の仕方や抱っこの仕方、ゲップを出させる方法など、教えてくださる人によって言うことが違う、ということがあり、どれが正しいのか…と混乱してしまう時がありました。

先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

小森山産婦人科医院について

2019年1月に第1子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

自宅から車で10分程で近かったからです。

また、須賀川市で昔からのいい病院だと聞いていたからです。

食事がおいしいということも選んだ理由の一つです。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

平日は時間帯に関わらず平均で15~30分、土曜日はいつも混んでいて大体1時間くらい待っていました。

3.費用はどれくらいだった?

妊娠中期までは血液検査など自費負担がある時のみ出費があり平均で2,000円くらいです。

妊娠後期からは毎回、平均で1,000円くらいです。

入院・分娩費用は自然分娩で10万円くらいでした。

※一般的に費用は診療内容などによって一人一人異なります。

4.主治医の先生はどんな人?

とても寡黙で、一見怖そうなおじいちゃん先生です。

はじめは先生の見た目で、私はとても緊張していましたが、話してみるとすごく真面目な先生なんだなぁという印象でした。

分からないことなど質問すれば、とても丁寧に親身に答えてくださる優しい先生です。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

分娩対応してくださった助産師さんは、本当に元気でパワフルな方でした。

不安で仕方なかった私の気持ちに気付き「大丈夫だよ!」とずっと勇気づけてくださいました。

「自分のペースでいいからね」と言っていただいて、リラックスしてお産に臨めました。

6.入院中の食事はどうだった?

3食の他に3時のおやつまでついてきました。

バランスよく、量もちょうどよく、毎食おいしかったです。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(〇)3Dエコーあり
(〇)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(〇)両親学級あり
(×)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(×)大部屋あり
(〇)個室シャワーあり
(〇)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(〇)食事用のラウンジあり
(×)売店あり
(×)小児科併設あり
(×)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(〇)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(〇)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(〇)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(〇)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな育児指導された?

沐浴指導では、私だけでなくパパへの指導もしてくださいました。

洗う順番や洗い方、洗い残しが多くなりがちな箇所など丁寧に教えていただきました。

10.新生児健診のタイミング

生後1か月

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

このコラムを「ツイート」「シェア」する

今日の人気コラム

本当に安くおむつを買うなら・・・【PR】