おしりふきケース・おしりふきウォーマー【おすすめ10選】

おしゃれで便利な「おしりふきケース」と冬場も温かい「おしりふきウォーマー」を紹介します。

おしり拭きは産まれてからおむつが取れるまで何度も使うものです。

ケース・ウォーマーと言った便利グッズを使って、少しでも育児の手間を軽減しましょう。

おしりふきケース・ウォーマー選びのポイント

0-baby80

1.自宅用と外出用を使い分ける

自宅用は、ハードケースに入ったおしり拭きをさっと使うことで、赤ちゃんのご機嫌次第では手短に済ませなければならないおむつ替えも楽になるでしょう。 

外出時には、よりかさばらないソフトケースのおしり拭き入れを使用すれば、持ち運びも便利でしょう。

2.おしりふきウォーマーの活用

特に寒い季節には、おむつ替えでさえ「寒いのにごめんね」と思ってしまいますが、その上、冷たいおしり拭きを使うのは心苦しく感じてしまうものです。

そんな時に大活躍するのが、おしり拭きウォーマーでしょう。

市販のおしり拭きをセッティングするだけで、シートを温めてくれるものや、特に肌の弱いお子様には純粋にお湯(45℃程度)とコットンだけでおしり拭きができるウォーマーもあります。

おしりふきケース(ハード)

1.【山崎実業】おしりふき 収納ケース


amazon-link2

カラー:ホワイト、ブラウン

シンプルでどこに置いてもインテリアの邪魔をしないデザインです。

大判タイプのおしり拭きも収納でき、袋のままだとだんだんとクシャクシャになってしまうおしりふきも、最後までスマートに使い切ることができます。

2.【OXO To】ワイプスディスペンサー


amazon-link2

ポンと押すだけでフタが開く簡単・便利なおしりふきケースです。

蓋が大きく開くので、ウェットティッシュの枚数が少なくなっても、片手だけでケースを開けて、シートを取り出すことができます。

とてもシンプルなデザインなので、どんな場所においても違和感がありません。

3.【レック】ドラえもん ウェットティッシュケース


amazon-link2

ドラえもんの顔がそのまんまケースになってしまったような、愛嬌いっぱいのおしり拭きケースです。

99.9%純水でできた、限りなく水に近いウェットティシュ80枚付です。

おしり拭きを使わなくなってからも、ウェットティッシュなどを入れて使えます。

4.【sarasa design】ウェットティッシュホルダー(シリコン蓋)


amazon-link2

カラー:グレー、チャコールグレー、ブラック、ホワイト

一見、おしり拭きが入っているとは思えないようなスタイリッシュなデザインですが、
市販のおしり拭きを袋からそのまま出し、このケースにポンと入れてしまうだけでOKです。

あとは、シリコン製パッキンの丸い蓋で閉めることにより密閉状態になるので、乾燥の心配もありません。

ホワイト、ウォームグレー、チャコールグレーの3色があるので、お部屋のインテリアや雰囲気によって色を選んでみるのもいいかもしれませんね。

おしりふきケース(ソフト)

5.【ポーチェ】おしりふきケース 太陽と葉っぱ


amazon-link2

カラフルなデザインを見るだけで気分まで明るくなれそうなポーチ型おしり拭きケースです。

太陽と葉っぱがそれぞれモチーフになったチャームを引っ張って開閉します。

お出かけの際「かさばるプラスチックケースは持って行けないな」という時は、このポーチならバッグにさっと入れて持ち運びできるので便利ですね。

6.【KJC】エジソン ウェットティッシュポーチ


amazon-link2

カラー:ブルー、ミント、ピンク、オレンジ

おしり拭きをこのケースにさっと入れるだけです。

あとは、付属の『ビタット』(貼るだけのふた)をケースの上からおしりふきの取り出し口に貼り付ければ完成です。

便利なストラップ付なので、ベビーカーや車のヘッドレストにかけておけば、わざわざバッグの中をガサガサ探さなくても、さっとおしり拭きが使えるのでとても便利です。

7.【ダイハツ】ウェットティッシュケース


amazon-link2

カラー:アップテンポ、フラワー、ガーデン

この商品は、ダイハツのムーブキャンパスという女性に大人気の自動車用に作られてウェットティッシュケースです。

車を持っていなくてもベビーカーやバックに引っ掛けて使うこともできます。

また、カチッと固定できるバンドもあるので、チャイルドシートの側に設置して、便利に利用できます。

赤ちゃんを連れての遠出で活躍しそうなアイテムですね。

おしりふきウォーマー

8.【コンビ】お湯でコットンおしりふき


amazon-link2 rakuten-link

カラー:グリーン、ピンク

ウォーマー内のボトルに35~45℃のお湯を入れると常に適温(35~45℃)を保つことができます。

あらかじめセッティングしておいたコットンを、ボトルの上から何度かプッシュするとコットンにお湯が染み込み、あっという間にコットンのおしりふきが出来上がります。

真冬生まれの我が子にも大活躍した商品です。

市販のおしり拭きも兼用していましたが、特にうんち汚れには温かいお湯を含んだコットンを使用して、なるべくお尻への刺激を減らすのに重宝しました。

9.【コンビ】おしり拭きあたため器 クイックウォーマー


amazon-link2 rakuten-link

市販のおしり拭きをセットし、約30分待つだけで上部から直接おしり拭きを温めます。

使用する際は45℃の適温に温められたシートを使う事ができます。

おしり拭きシートが減ってきても、自動押上げ機能で最後まで取り出しやすいケースです。

蓋も片手で簡単に開閉できるので、おむつ替えも楽になりますね。

10.【コンビ】おしり拭きあたため器 クイックウォーマー LED+


amazon-link2 rakuten-link

カラー:グリーン、オレンジ

上部の蓋部分から直接おしり拭きを45℃の適温に温めます。

蓋を開けるとLEDライトが点灯するので、夜でも赤ちゃんを起こさずにおむつ替えするのに役立ちます。

取り出し口以外にも大きな蓋が取り外せるので、シートの出し入れも簡単です。

シートの残量が少なくなったら残量表示が赤く点灯します。

わざわざ中を確認しなくても交換時期がわかるのは便利ですね。

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
本日の人気コラム

今日の人気コラム

年間1万6千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...