日本育児のスマートキャリーを1年以上使ったので感想を書きました。

日本育児から発売されているチャイルドシート「スマートキャリー ISOFIXベースセット」の実体験レビューを紹介します。

口コミ情報のひとつとして参考にしてください。

日本育児のチャイルドシート「スマートキャリー」を使ったらこうなった


このコラムは2歳と0歳の子供を持つ「あるこ」さんによる商品レビュー記事です。

1.なぜ買ったのか?

出産を迎えるにあたり、産院から自宅まで車を使わないといけない立地のだったため、私達が赤ちゃんのために真っ先に購入を決めたのがチャイルドシートでした。

購入にあたり、検討したのは「使える年数」と「機能」です。

まず使える年数に関して。

チャイルドシートは、厳密には、乳児用の「ベビーシート」、幼児用の「チャイルドシート」、児童用の「ジュニアシート」に分かれています。

さらにベビーシートとチャイルドシートを兼ねたもの、チャイルドシートとジュニアシートを兼ねたものなどの「ロングユースタイプ」もあります。

法律で使用を義務づけられているのは6才までのため、最短でも6年間は何らかのチャイルドシートを使用することになります。

どのチャイルドシートを買うか、組み合わせも含めての検討が必要でした。

さらに機能面では2点の検討事項がありました。

まずは、取り付け方法です。シートベルトでの3点固定式と、ISOFIX固定式があります。

シートベルト固定だとどの車にも使えるので、レンタカーや実家の車にも取り付けられます。

一方のISOFIXは取り付けのベースを車に固定してあるので、日々の取り付け取り外しが簡単にできる利点があるのです。

もうひとつは携帯性です。

車に固定してチャイルドシート専用として使うのか、取り外して自宅に持ち帰りたいのかによって、選択肢が変わってきます。

ものによっては持ち手がついているものや、そのままベビーカーに取り付けられる製品もありました。

結局、我が家は

・今はベビーシートを買い、翌年チャイルド&ジュニアシートを購入する
・ISOFIX固定式にする
・携帯性が良いものにする

という選択をし、携帯性に優れたベビーシートである日本育児の「ISOFIXベースセットモデル」を購入することにしたのです。

2.実際に使って(遊んで)みたらこうなった

「スマートキャリー」の最大の特徴は、その名の通り持ち運びやすい取っ手が付いていることだと思います。

赤ちゃんをベビーシートに入れたまま、車に固定されているISOFIX ベースから取り外し、大きなお買い物かごを持つように腕にかけて運べるのですが、この機能は産院からの退院時に早速役に立ちました。

扱い方がまだまだわからない新生児を、産まれて初めて屋外に連れ出し、しかも車に乗せるのは、赤ちゃん本人だけじゃなく親もかなり神経を使います。

それを屋外の駐車場でシートに寝かせたりベルトをしたりする必要がなく、病室でゆっくりシートに赤ちゃんをセットし、車内ではチャイルドシートベースにカチッとはめるだけ。

車内での作業がものの10秒で終わりました。

退院が真冬の雪がちらつく日だったため外の寒さも心配していましたが、手早く乗り込み、出発ができて赤ちゃんへの負担も少なく済みました。

3.その後、どうなったか?


初めての乗車以降、15ヶ月にわたり使用しました。

のせられている子供本人は、チャイルドシートにのせられると大抵すぐに入眠。

シートの背もたれがちょうど良いカーブになっていることもあり、車の振動とあいまっていつも心地良さそうに眠っていました。

大人側の使い勝手としては、特にはじめの半年は取り外し、持ち運びが簡単にできることが便利でした。

月齢が低いうちは赤ちゃんがくにゃくにゃでシートに乗せにくいですし、また大きくなってくるとベルトがギリギリになり固定に時間がかかります。

そのため、家でシートに赤ちゃんをセットしてから出発できるのはとても楽だったのです。

また、チャイルドシート底面がカーブしているため、手で揺らすと簡易ゆりかごとしても使用ができます。

出先や自宅でぐずった時、シートに寝かせて少しゆらゆらさせると落ち着くこともありました。

車中はもちろん、自宅や旅行先など、様々なところで15ヶ月にわたり「イージーキャリー」にはお世話になりました。

その数ヵ月後に子供が産まれた妹に譲り、妹の子供にも15ヶ月使ってもらった後、再び我が家に帰ってきました。

今は下の子に、やはり産院の退院時から快適な車中睡眠を提供してくれています。

日本育児「スマートキャリー」の評価


amazon-link2 rakuten-link

1.良かった点

やはり、取り外して車外でも使えることが何よりも便利でした。

狭い車中でのベルトのセットはなかなか手間がかかります。

それを明るくて広い所でセットしてから車に設置できるのは一番の利点だと思います。

また、ISOFIXベースへの設置と取り外しもとても簡単です。

ベースの溝にベビーシートの底を合わせて少し押すだけでカチッとはまります。

取り外しも、ベースにあるバーを引いてベビーシートを後ろに傾けるだけです。

これほど付け外しが楽な一方、車とISOFIXで固定されているベースのおかげでシートの安定感は抜群です。

そして、チャイルドシートだけでなく、ゆりかご、クーファンなど、その場にあった色々な使い方ができてお得だと思います。

シートクッションももちろん丸洗いができます。

赤ちゃんが座るところはよだれ、ミルク、食べ物などで必ず汚れます。

シート内のクッションを全て取り外して丸洗いできるのは衛生的で嬉しいです。

洗濯機で洗濯しましたが、型崩れもなく乾きやすいのもポイントが高いです。

2.改善し欲しい点

まず、サイズ調整が難しいと感じました。

赤ちゃんの成長に合わせて肩ベルトでの長さをサイズ調整をするのですが、その際、ほぼ全てのパーツ(ベルト、シートクッション、肩ベルトパッドなど)を取り外さないとできないので、かなり手間がかかります。

きっと安全性の観点から簡単にサイズ変更ができなくなっているのだとは思いますが、もう少し楽にできたらいいなと思います。

また、「スマートキャリー」は肩ベルトを股ベルトに上から差し込む形で装着するタイプなのですが、差し込みにかなりの力が必要だと思いました。

股ベルト部分が短く、一方股当てパッドが大きいこともあり、差し込みが難しく今でも手こずります。

安全性という面で改善は難しいのかもしれませんが、もう少しスムーズにベルト装着できたら楽なのになぁと思うところです。

とはいえ、装着の固いベルトは、子供が勝手に外したり脱け出したりするのを防げています。

若干装着に苦労はしますが、安全のための大人の苦労と考えれば仕方ないかなと思う部分です。

これまで2人の乳児の成長と安全を守り、今3人目をお世話している我が家のイージーキャリー。

まだまだこの先も、車中の子守りをお任せしていきます!