チャイルドシートはいつまで使う?法律上の義務は何歳まで?

チャイルドシート(ジュニアシート)を使用しなければならない義務年齢と、安全を考慮して実際に何歳まで使う必要があるのか解説します。

子供をチャイルドシートに乗せることは手間がかかるため、できるだけ早く使わないようにしたいと思っているパパ・ママも多いことでしょう。

しかし、チャイルドシート(ジュニアシート)は、事実上、法律上の義務年齢を超えて使い続ける必要があります。

チャイルドシートは何歳まで義務か?

goods88

1.チャイルドシートは6歳未満まで義務

道路交通法では6歳未満の子供を車に乗せる時はチャイルドシートを着用しなければならないとしています。

道路交通法第71条の3第3項(一部抜粋)
自動車の運転者は、幼児用補助装置を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。

※「幼児」とは6歳未満の子供を意味しています。

2.例外的に免除されることもある

道路交通法では6歳未満の幼児はチャイルドシートを装着しなければなりません。

一方で同法律には「疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗せるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるとき」には装着が免除されるという例外規定も書かれています。

幼児のチャイルドシートが例外的に免除される詳細な規定は以下の国土交通省のHPをご覧ください。

国交省「道路交通法施行令の概要~チャイルドシートの使用義務が免除される場合~

主旨としては、病気や体格の問題などやむを得ないと判断される事情の時に限り、チャイルドシートを装着しなくてもよいとされています。

チャイルドシートは何歳まで使うのか?

goods86
法律上の義務は6歳未満だったとしても、現実には小学生になってからもチャイルドシート(ジュニアシート)を使う必要があります。

その理由と、実際に何歳まで必要なのか解説します。

1.身長140cm以上になるまでは必要

車種や座席によっても異なりますが、シートベルトが適切に使用できる身長は140cm以上が目安とされています。

子供がシートベルトを着用した時、肩ベルトが首にかかるとたいへん危険ですので、必ずチャイルドシート(ジュニアシート)に乗せるようにしましょう。

標準的な体格の子供が身長140cmを超えるのは、男女ともに11歳頃です。

なお、新生児から使用できる一般的なチャイルドシートは体重が18kg(4歳頃)までしか使えないタイプがほとんどです。

そのため3歳を過ぎたら、11歳頃まで使用できるジュニアシートを購入しましょう。

2.体重が36kgになるまで使える

大手メーカーが製造しているジュニアシートは、全ての商品で体重36kgまで使用できるとしています。(チャイルド・ジュニアシートについては体重25kgまでの商品もあります。)

標準的な体格の子供が体重36kgを超えるのは、男女ともに11歳頃です。

使用できる身長の目安はメーカーごとに異なっていて、身長上限は138cm~150cmまでと幅があります。

細身の体格で36kgに達しない場合にも、身長の目安を過ぎたらジュニアシートは使えません。

同様に使用可能な身長の範囲内であっても体重が36.0kgを超えたら、ジュニアシートを使うことはできなくなります。

参考に各メーカーのジュニアシートの使用可能な身長・体重の一覧を紹介します。

※実際に使用する際には、必ずお持ちのジュニアシートの取扱説明書で確認して下さい。

チャイルド・ジュニアシートの一覧(ジュニアモードの適用体重・身長を記載)

メーカー体重身長主な商品
アップリカ15~36kg95~145cmフォームフィット、エアグルーヴ
コンビ15~25kg95~120cmウィゴーロング サイドプロテクションEG HH、ママロン
コンビ15~36kg95~145cmジョイトリップ
エールベベ15~25kg100~120cmSwing Moon、Saratto Swing
エールベベ15~36kg95~145cmSARATTO CRUISE
エールベベ15~36kg100~145cmSARATTO 3 STEP Quattro、SARATTO 3 STEP V3
グレコ15~36kgエアホップ
リーマン15~25kg98~120cmカイナ
リーマン15~36kg98~145cmフィーカDX

ジュニアシートの一覧

メーカー体重身長主な商品
アップリカ15~36kg95~145cmエアライド、マシュマロジュニアエアー8サポート、マシュマロジュニアエアーサーモ
コンビ15~36kg95~145cm ジョイキッズ ムーバー、ムーヴフィットジュニア ブースターシート
エールベベ15~36kg95~145cmSARATTO CRUISE HIGH BACK
エールベベ15~36kg100~145cmSARATTO Jr
グレコ15~36kgジュニアプラス DX、コンパクトジュニア
リーマン15~36kg98~138cmハイバックジュニアエアロ
リーマン15~36kg100~138cmリーマンジュニア
タカタ15~36kg100~150cmtakata312-i fix junior、takata312-smartfix junior、Child Guard Junior

3.平均して11歳まではチャイルドシートが必須

これまで説明してきたように、ジュニアシートは体重36kgを超える11歳頃まで使うことができます。

さらにシートベルトのみの着用でも問題ない身長140cm以上になるのは、同じく11歳頃です。

結論として、標準的な体格の場合、男の子も女の子も11歳になるまではチャイルドシート(ジュニアシート)を使う必要があるということになります。