【私の出産体験記】手取川クリニックで産みました。

石川県にある手取川クリニックで出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

いつも長男を連れて妊婦健診に行っていたのですが、お腹の赤ちゃんのエコーが不思議だったようで、いつも「ここはなあに?」と毎回先生や助産師さんに質問していました。

健診の時間を長引かせてしまってとても私は申し訳ない気持ちだったのですが、毎回先生や助産師は丁寧に長男にも説明してくれて、「もうすぐおにいちゃんだね、楽しみだね」と毎回声をかけていただき、とても気持ちがほっこりして嬉しくなりました。

そのおかげか、長男は次男が産まれてからもとてもかわいがってくれています。

2.お産の体験

出産する予定の前日に入院し、そのまま陣痛誘発剤の点滴をしました。

先生の説明では、前日から緩やかに誘発剤を投与して子宮口を広げて、翌日また誘発剤を投与して陣痛に繋げてお産をするという計画でした。

その日は本陣痛には繋がらず、夕方で一旦誘発剤の投与は終了しました。

翌朝9時からまた誘発剤を投与し、痛みはまだなかったのですが日中にはお産になるだろうとのことで朝から分娩室に移動となりました。

誘発剤は徐々に増やされていき、お昼前には最大量になったのですが、痛みは顔をしかめる程度の痛みでした。

この日でないと主人や長男の立ち会い出産ができないので、「なんとか今日中に産まないと」という気持ちと、陣痛の痛みが来るという恐怖とでとても不安でした。

陣痛が来るようにと別の注射が追加され、そこからみるみるうちに痛みが強くなり、軽くパニックになるくらいでした。

その15分後にするっと赤ちゃんが生まれました。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

あまりの痛さに、やっと終わった!と言うのが正直な感想でした。

4.入院中の体験

はじめて母子同室をした夜のことです。

いつも日中はずっと寝ていて、授乳もうまくいかない程だったのに、夜中は何をしても寝てくれませんでした。

最初は目を開けているだけだったのですが、授乳からそんなに時間が空いていないのに泣き出してしまい、どんなにあやしても泣き止みませんでした。

私も寝不足でつらく、また泣き声が大きいので他の部屋の方の迷惑になるのではないかと思ってしんどかったです。

結局その晩は抱っこやミルクなどいろんなことをしながら、寝かしつけるまでに3時間ほどかかってしまいました。

5.手取川クリニックで産んで「よかったな!」と思う体験

妊娠前から通院しており、私の持病のことにも理解があるので、持病の薬を飲める範囲で飲みながら母乳で育てたいという私の気持ちに寄り添ってアドバイスや指導をしてくれたのがとてもよかったことだと思います。

安心してお産をお願いすることができました。

6.通院・入院中の「残念」な体験

私の場合はカンガルーケアがなかったことが残念に感じました。

産まれてすぐに肌を触れあわせて抱っこしたり、母乳をあげたりするのが出産前の憧れだったからです。

そういうのは一切なく、すぐに赤ちゃんは処置のために別室に連れていかれました。

【都道府県別】出産体験記が読める産院・病院一覧
先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

手取川クリニックについて

2018年1月に第1子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

こちらの病院には、妊娠前から月経不順や不妊治療で通院していました。

先生は、わからないことはわかるまで丁寧に時間をかけて説明してくれましたし、私の持病のことも理解してくれていて信頼できるので引き続きお世話になりました。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

いつも混んでいて、短くても毎回1時間は待ち時間がありました。

3.費用はどれくらい?

妊婦健診は受給券を使ったので無料でした。

入院、分娩費用は、誘発分娩を行い一泊多かったので15万円くらいでした。

4.主治医の先生はどんな人?

健診のたびに、お母さんと赤ちゃんの状況についていつも丁寧に説明してくれました。

わからないことや不安なことがあれば、それを解消できるまで話をしてくれます。

そのためひとりひとりの診察時間が長く、待ち時間も長くなってしまうのですが、とても信頼でき、安心してお産をお願いすることができました。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

とても明るく話しやすい雰囲気の助産師さんでした。

今の身体の状況や赤ちゃんの状態をこまめに教えてくれたので、不安が少しずつ軽減していきました。

陣痛が強くなってきたときは手を握ってずっと声をかけてくれて、とても心強かったです。

6.入院中の食事はどうだった?

毎食とても豪華な食事でした。

病院食と思えないくらい品数も多くて味もおいしかったです。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(〇)3Dエコーあり
(〇)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(×)両親学級あり
(×)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(〇)大部屋あり
(〇)個室シャワーあり
(×)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(×)食事用のラウンジあり
(×)売店あり
(×)小児科併設あり
(〇)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(〇)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(〇)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(〇)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(×)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな育児指導された?

授乳中にすぐに寝てしまってなかなかうまくミルクをあげられなかったときに、「赤ちゃんをくすぐったりして刺激してあげてからミルクをあげるといい」と言われました。

10.新生児健診のタイミング

生後1か月