【私の出産体験記】中山産婦人科医院で産みました。

宮崎県にある中山産婦人科医院で出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

1ヶ月ごとの母体の体重変化を母子手帳に記録していきます。毎月しっかり1キロずつ増えてました。

しかし妊娠5ヶ月頃に1ヶ月に4キロ増えてしまったことがあり、先生に「太り過ぎは産道を締めてしまうからね」と注意され、甘い物の過剰摂取を辞めたのをよく覚えています。

糖の検査があることを忘れていて朝ごはんにケーキを食べて行った時にも糖の数値が異常でそこでも注意を受けました。

おっちょこちょいの私は注意されることが多かった気がします。

2.お産の体験

おしるしが始まりでした。

生理の時のドロっとする血の塊ではなく、もっとスライムのようなものだったことを覚えています。

すぐに病院に電話をして受診しましたが、子宮口はまだまだ開いておらず、「入院するか」と聞かれましたが陣痛も来ていなかったので一旦帰宅しました。

その夜中ズシッとくる痛みが10分置きに来はじめてすぐに病院に行きましたが、子宮口はまだ全く開いていませんでした。

その夜は旦那と一緒に病院のベットで就寝しました。

夜が明けて朝から促進剤を打つことになりましたが、夕方5時になっても生まれてくる気配はなく、「間隔も狭まってきたのにな~」と思っていたら「赤ちゃんの心拍に気になる」と言われてエコーをするとへその緒が3周巻きついていました。

心拍が落ちるのが気になるため、しっかり先生の説明を受けた上で緊急帝王切開を選びました。

いざ手術を受けて産んだのですがまさかの4周巻きついていて顔が真っ青になっていました。

母親の感なのか帝王切開を選んでよかったね、と安堵されたし私もよかったと思いました。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

自分でもこんなに涙が出るんだと思うほど泣きました。

「私の赤ちゃん!」となんとも言えない感動でした。

4.入院中の体験

お母さんになるのは初めてのはずなのに、赤ちゃんが泣いたら、少しでも動いたらすぐに起きることが出来て、お母さんになったんだと自覚しました。

2時間起きに起きるので本当は眠くて眠くてたまらないのに、寝る間も惜しんで赤ちゃんの寝顔をずっと眺めたり、触ったり、撫でたりと飽きることがありませんでした。

あの時のゆったりとした時間が忘れられません。

部屋にテレビがありましたがあまり付けることなく二人の時間を楽しんでいました。

5.中山産婦人科医院で産んで「よかったな!」と思う体験

とにかくどの助産師さん方も親身でフレンドリーでなんでも相談できました。

モニターを付けて40分ほど1人でじっとするときも、「大丈夫?」と飽きないように、辛くないように声掛けに来てくださったりと温かみがある方ばかりでした。

6.通院・入院中の「残念」な体験

強いていえば、仕事だから仕方ないのかもしれませんが、出産後にお祝いでたくさんの来客があったのですが、その際に清掃に入られました。

清掃の方は女性でしたが、それでも授乳中は見られたくないと感じていたため、あまり関係なく入られてくるので少し残念に思えました。

【都道府県別】出産体験記が読める産院・病院一覧
先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

中山産婦人科医院について

2017年2月に第1子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

以下の理由でこちらの病院を選びました。

・母が私を産んだ病院だった為
・何件か産婦人科に行ってみて一番親身になって話を聞いてくれた為
・私の周囲の友達からの評判も良かった為

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

検診のたびに次回の検診日と時間を予約できて、あまり待ち時間もなくスムーズでした。

3.費用はどれくらい?

検診では2回に1回ぐらいの割合で1,200円くらい支払いました。

入院・分娩費用は手出しはなく逆に返金がありました。

4.主治医の先生はどんな人?

口数は少なく一見堅物そうで、冷たい先生なのかなと思っていましたが、優しく的確な指導をして下さいました。

また女の子ではなく「お嬢ちゃん」男の子ではなく「坊ちゃん」と可愛らしく性別判断をしてます。

「不安だね~大丈夫よ~」と小さい声ですが落ち着く優しい言い方で不安を取り除いてくれました。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

緊急帝王切開だった為、仕事が終わって休みだったのに慌てて来てくださった助産師さん達の姿忘れられません。

下半身麻酔でしたが両手をそれぞれ1人ずつしっかり握って支えてくれました。

頭を撫でてくれる方もいました。「大丈夫だ」と心から思えました。

6.入院中の食事はどうだった?

帝王切開で出産した為、最初は重湯、お粥でしたが、しばらく経って健康的で栄養バランスの整った食事がとれました。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(〇)3Dエコーあり
(〇)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(×)両親学級あり
(×)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(〇)大部屋あり
(〇)個室シャワーあり
(×)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(〇)食事用のラウンジあり
(×)売店あり
(×)小児科併設あり
(〇)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(〇)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(〇)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(〇)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(〇)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな育児指導された?

授乳指導では赤ちゃんにおっぱいを近づけるのではなく、赤ちゃんの背中をしっかり抱いて赤ちゃんを近づけると飲ませやすいと教わりました。

11.新生児健診のタイミング

退院後1週間と生後1ヶ月の時