【私の出産体験記】エナレディースクリニックで産みました。

北海道にあるエナレディースクリニックで出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

お腹もそろそろ大きくなり、性別が判明するのを毎回楽しみにしていました。

ですが我が子は照れ屋なのか毎度大事な部分を隠して見せてくれません。

結局判明したのは9か月の時でした。それも「多分、そうでしょう」とあいまいなもの。

「今日も見せてくれないねー」と看護師さんや先生と笑いながらエコーを見るのが定番となっていましたが、ようやくわかったときは「よかったね!」と一緒に喜んでもらえました。

性別がなかなか分からないおかげでスタッフの方と仲良くなれたように思います。

2.お産の体験

お昼ごろから陣痛のようなものがあり、夕方の検診でそのことを伝えるとNSTをすることになりました。

まだ間隔も長かったので10分間隔になったらまた来るようにと言われて一時帰宅になりました。

ですが自宅までの20分の道のりの間にみるみる間隔は短くなり、あっという間に10分を切りました。

その後、病院に戻り3~5分間隔の陣痛を翌朝まで耐えました。

なかなか進まない陣痛を見かねて看護師さんが椅子に後ろ向きにまたがるようアドバイスを受けました。(後ろ向きや四つん這いのほうがお産が進みやすいようです)

痛みでとてもまたげる状況じゃなかったのですが、看護師さんに励まされ椅子に座ると激痛!そのあとすぐに破水しました。

ようやく破水したおかげで分娩室に移れることになりましたが、そこからもなかなか大きな波が来ず、あれよあれよと全開から7時間が経ちました。

先生を呼んで促進剤を打ち、そこから1時間でようやく我が子と対面!

お産中はいきむたびに胃酸が上がってきて吐き気がひどく、食事はおろか水分もほとんど摂れませんでした。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

感動的なものではなく、ただ「やっと出た…!」と安堵しました。

そして長時間苦しい思いを一緒にした我が子には「おつかれ!」と同志のような気持ちでした。

4.入院中の体験

お産で食道炎のようになってしまい、入院中ずっと咀嚼する際にのどの痛みがありました。

そのおかげでごはんは1時間かけないと完食できず、毎度職員の方がお皿を下げに来てくれるタイミングには食べ終わることができませんでした。

そのうちお皿を下げるタイミングもずらしてくれて、焦ることなく食べきることができました。

のどの痛みが改善しないと相談するとすぐにトローチを出してくれるなど、こまめに様子を見に来てくださいました。

5.エナレディースクリニックで産んで「よかったな!」と思う体験

すべて個室で、ホテルのようにのんびりと過ごせました。

また、食事もおいしく毎日ごはんが楽しみでした。

なにより分娩台に登ったり足を開くのは辛いので、自分の好きな格好で産めたことがとてもよかったです

6.通院・入院中の「残念」な体験

入院中やお産に関しては特に不満はありません。

ただ、院長先生の物言いがすごく冷たく、ホルモンバランスも乱れていることもありすごく悲しい思いをしました。

先生がもう少し思いやりを持った話し方をしてもらえたらよかったのにな、と残念です。

【都道府県別】出産体験記が読める産院・病院一覧
先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

エナレディースクリニックについて

2018年1月に第2子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

1人目もこちらの産院で産んでいて、看護師・助産師さんがとても良く、フリースタイルで分娩台に乗らずに産めたので、今回も選びました。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

予約制になっており、スムーズに診察してくれます。

前の患者さんによっては多少待つこともありましたが大幅に待たされることはありません。

3.費用はどれくらい?

一時金の42万円を差し引くと4万円程でした。

その中には親族の宿泊代も込みになっています。

4.主治医の先生はどんな人?

日ごとに先生が決まっており、しっかりと診てくれました。

ただ、院長先生は少々言葉がきつく妊娠中のホルモンバランスの影響もあり何度か涙しました。

なるべくその先生の日に当たらないよう予約時間を調整していました。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

30~40代の優しいしゃべり方の助産師さんでした。

私がほとんど水分やエネルギー源を摂れないのを心配し、立ち合いしてくれていた主人に何かジュースを買ってくるよう指示を出したり私が意識を失わないよう声をかけてくれていたりしました。

口を開くと泣き言を言ってしまいそうだったので、ずっと黙っていたのですが我が子の肩が出てくるとき思わず「痛い!」と叫ぶと、ずっと優しかった助産師さんが唯一「痛いじゃないよ!ちゃんと呼吸して!」と喝を入れてくれたのがとても印象的でした。

6.入院中の食事はどうだった?

薄味ですがしっかりと出汁やうまみがきいていてとてもおいしく食べれました。

素朴な和食が多かったです。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(×)3Dエコーあり
(×)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(〇)両親学級あり
(〇)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(×)大部屋あり
(〇)個室シャワーあり
(〇)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(〇)食事用のラウンジあり
(×)売店あり
(×)小児科併設あり
(〇)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(×)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(×)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(×)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(〇)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな育児指導された?

授乳指導の際に、自分が思うよりもかなり奥まで突っ込んで!と言われました。

実際そうするとすぐに咥えてくれてコツをつかめるようになりました。

10.新生児健診のタイミング

退院後2週間と生後1か月

出産体験談が読める産科病院の一覧【北海道版】
先輩ママによる出産体験談が読める北海道の産科病院を紹介します。 産院選びや出産準備の参考にして下さい。 出産...