横浜アンパンマンミュージアムに行くために利用したホテルは子連れに最適だった。

横浜のアンパンマンミュージアムに泊りがけで行く場合には、どんなホテルに宿泊するとよいのでしょうか?

1歳と4歳の子供を連れて1泊2日の横浜旅行をしたcawaiku編集スタッフが実体験に基づいて、おすすめのホテルを紹介します。

アンパンマンミュージアムに行く子供連れファミリーにおすすめの横浜のホテルとは?

1.赤ちゃん・1~2歳の子供がいるならやっぱり和室

アンパンマンミュージアムに行くファミリーのほとんどは、0~3歳頃の子供がいる世帯ですよね。

先日、筆者は1歳と4歳の子供を連れて横浜にあるアンパンマンミュージアムに行ったのですが、来ていた子供のほとんどは我が家の4歳児よりも小さな子供たちでした。

そんな3歳以下の小さな子供を連れて宿泊するのであれば、断然、和室がおすすめです。

なぜなら、筆者の4歳の子供は普段ベッドで寝ていますが、寝相が悪いため3歳頃まで頻繁にベッドから転落していたからです。

安全面を考えると和室のあるホテルが無難です。

また、大きなサイズのベッドに、子供を真ん中にして子供と大人の3人が同時に寝るという方法もあるのですが、残念ながらおすすめはできません。

実際に筆者の自宅では下の子が産まれるまでそのようにして寝ていたのですが、その際、2つのシングルベッドをピタリとくっつけてキングサイズにし、マットレスの間の隙間を埋めるために特殊なベッドパットで2つのマットレスを連結させていました。

これで3人が本当にギリギリで寝られる状態でした。

ホテルのベッドは通常、キングサイズよりも小さいクイーンサイズまでなので、3人で寝るとすれば、まず安眠はできません。

もしベッドのホテルに泊まるのであれば、人数分のシングルベッドを用意し、さらに子供が落ちないようにベッドガードを貸してくれるホテルを選びましょう。

2.アンパンマンミュージアムに近いほうがいい?

しかし、横浜アンパンマンミュージアムは大都会の中にあるためいわゆる「温泉旅館」がなく、ホテルしかありません。

しかもホテルのほとんどは和室がないため、小さな子供を連れた家族でも安心して泊まれるホテルは本当に数が限られます。

必然的にアンパンマンミュージアムから少し離れたホテルを選ばざるを得ないケースが多いでしょう。

車での移動であれば、ある程度距離があってもそれほど問題ではありませんが、もし、電車で移動するのであれば、みなとみらい線が使えるホテルがおすすめです。

アンパンマンミュージアムの最寄り駅はみなとみらい線の「新高島」か「みなとみらい」だからです。

3.メルパルク横浜に泊まってみた

今回、筆者家族が泊まったのは、みなとみらい線の元町・中華街駅から徒歩2分のところにある「メルパルク横浜」です。

アンパンマンミュージアムに行った後は、中華街で夕食を食べようと考えていたので、中華街にも徒歩で行けるこちらのホテルに決めました。

和室に宿泊したのですが、そこそこ快適に過ごせました。

良かった点は次の通りです。

・建物は古いが内装は全体的に改装されていてキレイ
・お風呂とトイレが別々になっている
・トイレは最新のウォシュレット
・タオル、シャンプー、歯ブラシなど必要なアメニティが揃っている
・布団を好きな時間に出してもらえる
・部屋に備え付けのフットマッサージ器があって癒される

和室のあるホテルのなので、かなり老朽化しているのではないかと不安だったのですが、全くそうではありませんでした。

部屋はそれなりに改装されており、洗面もトイレも新しい設備でとても使いやすかったです。

水回りの設備で不快に感じることはありませんでした。

何よりも子供とお風呂に入る必要があったため浴室とトイレが別々になっていたのは本当に助かりました。

ただ、浴室と洗面室が一体化したユニットバスであるため、通常のホテルのようにシャワーでの使用がメインとなります。

それでも、お風呂上りに子供がトイレに触れてしまう心配がないですし、トイレを見ながらお風呂に入らなくて済むので日本人としては気分が良いです。

お風呂はマンションサイズなので、すごく広いというわけではありませんが、大人1人、小さな子供2人が一緒に入っても問題ない大きさです。

また、朝食はバイキングで、和洋中と好きなものを選べます。

品数も多かったので、子どもも好きなものを選んで食べられるでしょう。

うちの子たちは、パンとコーンスープばかり食べていました・・・。

さらに立地も最高でした。

中華街には徒歩で行けましたし、ホテルの隣地はマリンタワーと山下公園です。

中華街の帰りにマリンタワーに登って夜景を見ることができました。

今回は忙しくて行けませんでしたが、余裕があれば山下公園で朝の散歩もしたかったです。

唯一の問題点としては、空調が全館式の冷暖房になっていて、部屋では冷房か暖房か選ぶことができません。

今回は秋晴れの日に宿泊したのですが、季節的に暖房が設定されていたため、部屋がとても暑くて不快でした。

なんとか窓を開けてしのぎましたが、今度は蚊が入ってきて寝苦しかったです。

古いホテルにはよくある欠点ですが、それ以外はとても満足だったため、本当に惜しいです。

和室のある横浜のホテル一覧

1.メルパルク横浜


rakuten-link

みなとみらい線の「元町・中華街」から徒歩2分の場所にあり、アンパンマンミュージアムにはみなとみらい線1本でアクセスできます。

徒歩圏内に中華街やマリンタワー、山下公園、港の見える丘公園などがあって横浜観光には最適の立地です。

和室は10畳の畳部屋に加えてソファのある絨毯の部屋もあり、とても広々としています。

2.エスカル横浜


rakuten-link

みなとみらい線の「元町・中華街」の目の前、中華街の中にあるホテルです。

和室は6畳とこじんまりとしていて、部屋にはトイレ・お風呂がありません。

夜のトイレに付き添う必要がある子供の場合には少し不便かもしれません。

しかし、ホテルとしてはめずらしい大浴場があるため、パパやママが1日の疲れを癒すにはとてもいいホテルです。

価格も和室のあるホテルの中では最も安いクラスのホテルです。

3.ナビオス横浜


rakuten-link

みなとみらいの遊園地「コスモワールド」の隣にあるホテルです。

アンパンマンミュージアムには最寄りの「馬車道駅」からみなとみらい線を利用していくことができますが、少し頑張れば徒歩で行くことも十分可能です。

和室は8畳と12畳の部屋がありどちらも観覧車を臨む部屋があります。

「ワールドポーターズ」や「赤レンガ倉庫」が徒歩圏内なので夕食のお店探しにも便利です。

4.横浜みなとみらい万葉倶楽部


rakuten-link

こちらも「コスモワールド」の隣にあるホテルです。

大浴場があり、輸送された温泉を利用しています。

おむつ外れした年齢の子供であれば、親子でゆっくり温泉を楽しめます。

温泉旅館のように夕食付きのプランも選べるので、ホテルでゆっくりくつろぎたい家族におすすめです。

6畳と10畳の和室があります。

5.新横浜グレイスホテル


rakuten-link

新幹線で旅行に来ている家族には嬉しい「新横浜駅」から徒歩1分のホテルです。

アンパンマンミュージアムには、JRからみなとみらい線への乗り換えが必要で、所要時間はドアツードアで30分はかかります。

和室はフローリングと畳があり、28㎡とゆったりとした広さです。

新横浜にはラーメン博物館があり、ホテルから徒歩で行けるので、ラーメン好きの家族にもおすすめです。

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

このコラムを「ツイート」「シェア」する

今日の人気コラム

本当に安くおむつを買うなら・・・【PR】