生後10ヶ月の赤ちゃんに人気のおもちゃ~プレゼントにもおすすめ!~

生後10か月の赤ちゃんの発達にあったおすすめのおもちゃを紹介します。

この時期の発達段階を理解したうえで、生後10か月でも楽しめるおもちゃをプレゼントしてあげましょう。

生後10ヶ月の赤ちゃんでも遊べるおもちゃとは?

まずは、生後10か月の赤ちゃんの体と心の発達状況を理解しましょう。

赤ちゃんの成長段階に合ったおもちゃを探すヒントになります。

1.つかまり立ちが楽しい

生後10か月頃の赤ちゃんは下半身の発達がめざましく、「ハイハイ」で元気に動き回り、「つかまり立ち」をして高いところにあるもの捕ろうと手を伸ばします。

「つかまり立ち」が完成すると、階段も上がることもできます。

とにかく好奇心が強く、自分が欲しいと思うものは、踏み台やソファに登るなどして、何としてでもつかもうとします。

転落の事故が起きやすいのもこの時期なので、おもちゃを置く場所には注意が必要です。

2.指でものをつまんで持ち上げる

生後10か月の赤ちゃんは、親指と人差し指の2本だけを使って、小さなものをつまみ上げることができます。

例えば箱や瓶の中に入っている消しゴムなどを指でつまみ出すことなどができます。

ものを出し入れすることが大好きなので、市販のおもちゃだけでなく、空き箱やペットボトルなどを使って、小さなものを出し入れするおもちゃを手作りしあげても喜びます。

3.意味のある言葉を発生するようになる

生後10か月頃になると「まんまん」「だあ」などの喃語から、「ママ」「まんま」などの意味のある言葉を発生するようになります。

ただし本当に意味を理解して発しているわけではなく、基本的には大人の口真似をしている段階に過ぎません。

ぶーぶー、わんわんなどの赤ちゃん言葉は、赤ちゃんが発生しやすい言葉なので、こうした言葉でたくさん語り掛けることで、口真似で言葉を覚えていきます。

赤ちゃんとの遊び時も、黙っておもちゃで遊ぶだけでなく、意識して赤ちゃん言葉で声掛けをするとよいでしょう。

生後10ヶ月のおすすめおもちゃ

生後10か月の発達段階で遊ぶことができるおもちゃは以下の通りです。

生後10か月の赤ちゃんが遊べる主なおもちゃ
ラトル(ガラガラ・歯固め)、絵本、ぬいぐるみ(人形・パペット)、ボール、おきあがりこぼし、ベビージム、手遊びボックス、ルーピング、楽器玩具(シロフォン、ドラム、ラッパ)、引き車、積み木、トンネル、ボール落とし

この中でも特におすすめのおもちゃを紹介します。

1.つかまり立ちでいたずらできるおもちゃ

生後10か月はハイハイよりも目線が高くなる「つかまり立ち」が大好きな時期です。

成長の早い赤ちゃんであれば伝い歩きも始まっていることでしょう。

立ったり座ったりとスクワットを何度も繰り返すことで足腰が安定し、直立や歩行につながっていきます。

そこで「つかまり立ち」をしながら楽しく遊べるおもちゃがあると喜ぶでしょう。

具体的には、つかまり立ちができる「手遊びボックス」か、「ジャングルジム」がおすすめです。

まず、つかまり立ちができる「手遊びボックス」ですが、具体的には以下のようなおもちゃです。

【ピープル】全身の知育パーフェクト

amazon-link2 rakuten-link

例えば、こちらの商品は「つかまり立ち」で遊ぶことをメインにしたおもちゃです。

テーブルの上には様々な仕掛けがあり、ボール落としをしたり、ボタンを押して音を鳴らすなど指先を使った遊びができます。

赤ちゃんが大好きなリモコン遊びができるのもうれしいポイントです。

たっちの時期を過ぎた後も遊べるように、押し車や乗用玩具にも変身します。

3歳頃まで長く愛用できるおもちゃとして人気です。

次に「ジャングルジム」ですが、滑り台と一体になったタイプのおもちゃがおすすめです。

【ローヤル】ロディ ジム&すべり台

amazon-link2 rakuten-link

こちらの商品は、ジャングルジムと滑り台がセットになったおもちゃとしては比較的コンパクトなので、広くない家にも置くことができます。

生後10か月であれば、ジャングルジムにつかまって立ち上がったり、滑り台の階段を登ることができます。

まだ一人で滑ることは危険な時期なので、しっかりとパパかママが見守ってあげましょう。

前向きに滑ると後頭部を打つことがあるため、この時期は後ろ向きで滑るようにするのがコツです。

2.指先を使う知育おもちゃ

生後10か月の赤ちゃんは、2本の指でものをつまむことができる程に手先が器用になっています。

2本の指を使った繊細な遊びに挑戦しましょう。

この時期にぴったりのおもちゃは「ルーピング」です。

「ルーピング」は人気のある木製おもちゃなので様々な商品がありますが、1歳になる前の赤ちゃんには、できるだけ単純なループを選ぶのがおすすめです。

なぜなら、10か月の赤ちゃんにとって、湾曲したループに沿ってビーズを動かすのは思いのほか難しいからです。

さらに重要なポイントはビーズの形状です。

ただの丸いビーズでなく、赤ちゃんが興味を持つように動物や花などの形をしているビーズのほうが触って動かしたくなります。

【ボーネルンド】ルーピング スクイード

amazon-link2 rakuten-link

生後10か月であればこちらのように、ごく単純な形状のルーピングがおすすめです。

ビーズの形も丸だけですが、カラフルな色遣いで赤ちゃんの目にも入りやすく、思わず指を伸ばすでしょう。

3つのループがあるので簡単なものから少しづつ慣れていくことができます。

【エド・インター】ルーピング おさんぽくまさん

amazon-link2 rakuten-link

もう少しだけ複雑なものを探しているのであれば、こちらクマさんのルーピングがおすすめです。

カラフルでかわいらしいので、まず見た目で気に入ってくれるでしょう。

ビーズがハチや蝶になっていて思わず触りたくなりますし、風車やシーソーなどの仕掛けも楽しいです。

器用になってきた指先でいっぱい遊んでくれることでしょう。

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

このコラムを「ツイート」「シェア」する

今日の人気コラム

本当に安くおむつを買うなら・・・【PR】