双子用ベビーカー全商品比較―アップリカ、コンビ、エアバギーなど―

2019年現在における双子用ベビーカー(2人乗りベビーカー)の全商品を一覧で掲載しています。

アップリカ、コンビ、グレコ、エアバギー、ジョイー、日本育児の6メーカーが販売している双子用ベビーカーについて価格や重量を比較します。

双子用ベビーカー全商品比較(2019年度版)

価格は、2019年4月11日時点でのアマゾン調べです。

アップリカ

商品名値段重量特徴

ネルッコベッド
36178円9.6kg170°リクライニング

コンビ


ツインスピン
42411円10.0kg3つ折り収納。連動ストッパー。

グレコ


デュオスポーツ
35638円10.1kg4輪ダブルタイヤ。連動ストッパ―。35L大型カゴ。

エアバギー


ココダブル
75600円13kg4輪シングルタイヤ。生後3カ月から使用可能

ココダブル
フロムバース
86400円13kg4輪シングルタイヤ。大型幌。

ジョイー


エアツイン
27290円11.8kg4輪ダブルタイヤ。フラットリクライニング

エヴァライトデュオ
42500円10.1kg縦型。4輪シングルタイヤ。後部は生後1か月、前部は生後6か月から使用可能

日本育児


DUOシティ
34800円9.8kg縦型。後部は生後3か月、前部は生後6か月から使用可能

おすすめの双子用ベビーカーはどれ?


2人乗りのベビーカーには、シートを横に並べたタイプと縦に並べたタイプがあります。

縦型タイプのほうが横幅が狭いので歩道でも使えますし、収納するのにもコンパクトになります。

しかし、最大の難点は前座席のリクライニング角度が浅いため、生後6か月からでないと使えないという点です。

生後6か月まで待ってから使うという手もありますが、基本的に縦型タイプは双子用というよりも年子用のベビーカーと考えたほうが良いでしょう。

では、横型のベビーカーの中でおすすめ商品はどれでしょうか?

まず、予算があるのであれば、何と言ってもエアバギーの「ココダブル フロムバース」です。

他のベビーカーと比べても圧倒的に太く大きなタイヤを使っているため段差に強く走行性に優れています。

さらに横型ベビーカーの横幅は80cm前後が普通なのですが、ココはわずか71cmとエレベーターなど狭い幅に場所に入る際にもスムーズだからです。

しかし、価格も圧倒的に高くて他の商品と比べて2倍もします。

エアバギー以外の商品であれば、率直に言って機能性にほとんど差がありません。

大きく分けるとすれば、アップリカとコンビは「6輪」、グレコとジョイーが「4輪」となっています。

しかし、どちらが軽快に動かせるかと言えば、残念ながら車両の剛性や押し手の体格、道路状況にもよるので一概には言えません。

値段で選ぶなら唯一3万円を切るジョイーとなります。ただし、重量は11kgを超えています。

2人の赤ちゃんとお出かけすると荷物も多くなってしまいますので、少しでも軽いほうが助かります。

そのため、2019年のおすすめ商品としては、黄色以外も選べるようにして欲しいとは思うものの、最も軽量で値段もお手頃なアップリカの「ネルッコベッド」を推したいと思います。

ネルッコベッド

amazon-link2 rakuten-link