生後9ヶ月の赤ちゃんに人気のおもちゃ~プレゼントにもおすすめ!~

生後9か月の赤ちゃんの発達にあったおすすめのおもちゃを紹介します。

この時期の発達段階を理解したうえで、生後9か月でも楽しめるおもちゃをプレゼントしてあげましょう。

生後9ヶ月の赤ちゃんでも遊べるおもちゃとは?

まずは、生後9か月の赤ちゃんの体と心の発達状況を理解しましょう。

赤ちゃんの成長段階に合ったおもちゃを探すヒントになります。

1.ハイハイで元気に活動

生後9か月になると「ハイハイ」が上手になって、大人がびっくりするような速さで動き回るようになります。

動くものや音の出るものに強い興味を持ち、追いかけたり、近寄ったりします。

ボールのような単純なおもちゃでも体をいっぱいに動かして遊ぶようになります。

ハイハイは全身運動であり、乳幼児が筋力をつける運動として最適です。

思いっきり手足を動かして、丈夫な体の基礎を作っていきましょう。

2.一人座りが上手にできる

生後9か月の赤ちゃんは、下半身の筋力や神経がかなり発達して、ハイハイの姿勢から自力で一人座りができるようになっています。

長時間座っていられるため、集中力を要する指先の遊びも楽しめます。

器用になってきた両手を使って、色々な形のものをつかむことができるようになっています。

手に持ったものをじーっと見つめて、振り回して、口に入れて確かめることが大好きです。

積み木や楽器など色々な形状のおもちゃに挑戦することで、さらに繊細な指先の動きができるようになり、どんどん遊びの幅が広がっていきます。

3.ママやパパの真似をする

生後9か月になると知能の発達により、ものまねも上手になってきます。

「バイバイ」や「ぱちぱち」などの簡単な動作を大人の真似をしてできるようになります。

目で見たものを再現することができるようになってきているため、目新しいおもちゃでも大人のやり方を真似して楽しめるようになります。

ママやパパにとっても自分の真似をしてくれる赤ちゃんとのふれあい遊びは、とても楽しいものなので、積極的に遊びに関わっていきましょう。

生後9ヶ月のおすすめおもちゃ

生後9か月の発達段階で遊ぶことができるおもちゃは以下の通りです。

生後9か月の赤ちゃんが遊べる主なおもちゃ
ラトル(ガラガラ・歯固め)、絵本、ぬいぐるみ(人形・パペット)、ボール、おきあがりこぼし、ベビージム、手遊びボックス、ルーピング、楽器玩具(シロフォン、ドラム、ラッパ)、引き車、積み木、トンネル、ボール落とし

この中でも特におすすめのおもちゃを紹介します。

1.ハイハイを極めるおもちゃ

生後9か月はつかまり立ちを始める直前の時期で、人生で最も長い時間ハイハイで動き回っている月齢と言っても過言ではありません。

活発に「ハイハイ」をする赤ちゃんにおすすめのおもちゃは「ボール」です。

ボールを追いかけて遊ぶだけではなく、パパやママの真似をしてボールを投げるような仕草もできるようになっています。

身振り手振りで「えいっと投げて」と教えてあげましょう。そして、上手に投げることができたらいっぱい褒めてあげましょう。

赤ちゃんの笑顔がいっぱい見ることができます。

【アガツマ】アンパンマン サッカーボール

amazon-link2 rakuten-link

赤ちゃん用のボールは多数あるのですが、初めてのボールとしては柔らかい素材のボールがおすすめです。

このアンパンマンのボールは、中綿が入っていて柔らかいので、当たってもあまり痛くはなく、室内で安全に遊べます。

サイズは大人が片手で持てる程度の大きさで、赤ちゃんには小さすぎず大きすぎずちょうど良いサイズです。

程よく転がるので、小さな子供でも投げる捕るが容易です。

赤ちゃん用のボールとしては穴の開いたオーボールも人気ですが、スムーズに転がりません。そのため、ハイハイの時期は一般的なボールのほうが適しています。

【セガトイズ】はしるよポンポンSLマン

amazon-link2 rakuten-link

少し変わったボールのおもちゃを紹介します。

アンパンマンの人気キャラクターであるSLマンが部屋の中をくるくる走り回って、ボールをポンポン飛ばすおもちゃです。

SLマンを追いかけたり、ボールを追いかけたり、赤ちゃんは大忙しで遊びます。

1歳半から適応年齢なので、すべての機能を使うことはできませんが、ボール遊びのひとつとして遊べます。

なお、赤ちゃんの性格によっては、勝手に動き回るこの手のおもちゃは怖がるかもしれません。

犬や猫が近づいてきても物おじしない性格であれば、おそらく楽しめます。

2.音を鳴らす知育おもちゃ

生後9か月の赤ちゃんは、一人座りで色々な遊びができるようになっています。

さらに、この時期は音楽に対しても感情を出しはじめる時期で、音に合わせて体を揺らすなどの仕草もします。

手を使って音を鳴らすおもちゃがこの時期の赤ちゃんにはぴったりです。

具体的には、木琴などのシロホン、太鼓、ラッパ、マラカス、タンバリンなどで遊べます。

どれも音色や遊び方が異なるので、できるだけ多くの楽器に触れて音感や指先を刺激してあげられるとよいでしょう。

【タカラトミー】ディズニー マジカルバンド

amazon-link2 rakuten-link

こちらは大人気のリズム玩具です。

ラッパ、タンバリン、シンバル、マラカス、ドラム、ギロの6種類の楽器で遊べる盛りだくさんのおもちゃです。

メロディもディズニーの曲を始めとして15曲も収録されているので色々なリズムに乗って楽器を楽しむことができます。

【CAHAYA】パーカッション セット

amazon-link2

より本格的な楽器で遊ばせたいと考えているママ・パパにおすすめの打楽器セットです。

カスタネットやタンバリン、鉄琴など10種類以上の楽器がたのしめます。

電子音ではなく、本物ならではの味わいのある音で、音感を養うことができそうです。

たくさんの楽器があるので家族みんなで楽しめます。