折り紙で手作り七夕飾り―2~4歳児でも作れる7つの飾り!―

2歳児・3歳児・4歳児の幼児向けに、折り紙を使った七夕飾りの作り方を紹介します。

材料は折り紙だけでなのでとっても簡単です。家族みんなで楽しく作りましょう。

2~4歳児の七夕飾り製作ガイド

折り紙を使った七夕飾りを作るためには4つの能力が必要です。

  • 紙を折る
  • 定規で線をひく
  • ハサミで切る
  • ノリで貼り付ける
  • 個人差がありますが、2歳頃からハサミを使えるようになり始め、3歳頃からの紙を折ってノリを張ることができるようになります。

    定規で線を引くことも練習すれば4歳でもできるようになります。

    成長段階に合わせて、できるだけ子供ができる部分は子供に任せて、できないところは親がサポートしてあげてください。

    3歳後半であれば、線を引くことと、難しい折り目をつけること以外はほとんど自分できるでしょう。

    準備するもの

    tanabata1

    このような七夕飾りを作ります。

    「七夕」にちなんで全部で7種類です。

    準備する材料と道具は以下のものです。

  • 折り紙
  • ハサミ
  • のり
  • えんぴつ
  • 定規
  • それでは早速はじめていきましょう!

    折り紙を使った七夕飾りの作り方

    1.ちょうちん飾り【対象:3歳児から】

    tanabata2
    まずは、定番の「ちょうちん飾り」からです。

    tanabata3

    まず、折り紙を半分に折って長方形を作ります。

    tanabata4

    次に、定規を使って上から1cm程の場所に線を薄くひきます。

    tanabata5

    ひいた線に向かって切込みを入れていきます。

    tanabata6

    だいたい1cm幅で切込みをどんどん入れていきます。

    tanabata7

    一旦、開きます。

    tanabata2
    丸めて糊付けをすれば完成です!

    2.あみ飾り(ジャバラ飾り)【対象:3歳児から】

    tanabata8
    続いて、こちらの「天の川」になる網飾りを作ります。

    tanabata9

    こちらもまずは2つ折りの長方形にし、さらに4つ折りの細長い長方形にします。

    tanabata10

    定規を使って、上から5mm程の所に薄く線をひきます。

    tanabata11

    下から5mm程の所にも同じく線をひきます。

    tanabata12

    だいたい1cm幅で、先ほど書いた線に向かって切込みを入れます。

    tanabata13

    反対側からもジグザグになるように切込みを入れます

    tanabata14

    いったん開きます。ここがちょっと難しいので、破れないように気を付けてください。

    tanabata8
    ひっぱると網飾りが完成です!

    3.輪飾り【対象:2歳児から】

    tanabata15
    風になびくと、さらさらキレイな輪飾りです。

    説明不要な気がしますが一応紹介します。

    tanabata16

    2色の紙を用意して、ともに4つ折りの長方形にします。

    tanabata17

    さらに8つ折りにします。

    tanabata18

    折り紙を開いて、折り線に沿ってハサミで切り取ります。

    tanabata19

    細く切った紙の端に少しのりを付けます。

    tanabata20

    輪っかに糊付けします。

    tanabata21

    先ほど作った輪に通すようにして、輪をつなげていきます。

    tanabata15
    残った紙も全てつなげれば完成です!

    4.織姫【対象:4歳児から】

    tanabata22
    七夕のヒロイン「織姫」を作りましょう。

    tanabata23

    (1)まず、半分に折って三角を作ります。

    tanabata24

    (2)三角の両角をそれぞれ谷折りにして正方形を作ります。

    tanabata25

    上下を反対にして、角をさらに谷折りにします。

    tanabata26

    今、折った部分を袋おりにします。

    tanabata27

    両側とも袋おりにします。

    tanabata28

    裏にひっくり返して、写真のように半分よりも少し上を余らせるようにして谷折りにします。

    tanabata29

    表に戻して、袋おりにした部分を半分に谷折ります。

    tanabata30

    一旦、戻して、少しずらして谷折りにします。

    tanabata31

    また戻しして、さらに少しずらして谷折りにします。

    tanabata32

    今、つくった3つの折り目を利用して、写真のように折り込みます。

    tanabata33

    両側とも折り込みを作りました

    tanabata34

    紙の裏に「織姫」の顔を描きます。

    tanabata22
    切り抜いてのりで折り紙に貼りつければ完成です!

    5.彦星(牽牛)【対象:4歳以降】

    tanabata35
    次にもう一人の主役「ひこぼし」を作ります。

    織姫の(1)と(2)と同じようにおります。

    tanabata36

    三角を折った角を写真のように少しずらして谷折りにします。

    tanabata37

    もう片方も折ります。

    tanabata38

    続いて、ツノが突き出すような感じで写真のように山折りにします。

    tanabata39

    裏にひっくり返して、四角形を三角形にするように谷折りにします。
    このとき、少し下にずらして折ります。

    tanabata40

    彦星の顔を紙に描きます。

    tanabata35
    切り取って、折り紙に糊付けすれば完成です!

    6.星飾り【対象:4歳児から】

    tanabata41
    続いて星の形をした飾りです。

    クリスマスの飾りのような気がしますが、最近は七夕飾りに星を飾ることは一般的になっているようです。

    tanabata42

    まず、半分に折って三角を作ります。

    tanabata43

    写真のように角度が1対2の割合になるように谷折りにします。

    tanabata44
    tanabata45

    さらに、1対1になる角度で谷折りにします。

    tanabata46
    tanabata47

    左の余った部分を上に重ねるように谷折りにします。

    tanabata48

    定規で示した部分をハサミで切ります。

    tanabata41
    切り取った部分を広げると星飾りの完成です!

    7.華飾り【対象:3歳児から】

    tanabata49
    最後は華飾りです。

    風に当たってくるくる回るのでとても優雅です。

    tanabata50

    折り紙を2枚用意します。

    tanabata51

    4つ折りの長方形にします。

    tanabata52

    さらに折って8つ折りにします。

    tanabata53

    一旦、開きます。

    tanabata54

    織り目を利用して「じゃばら」になるようにジグザグに折り込みます。

    tanabata55

    じゃばらに折ったものを半分に折ります。

    tanabata56

    同じものを2つ作ります。

    tanabata57
    tanabata58

    半分に折ったのを少し戻して、のりを塗って貼り付けます。

    もう1つも同じように糊で貼り付けてください。

    tanabata59
    tanabata60

    片方の下半分に糊をぬって、もう一方を貼り合わせます。

    tanabata61

    同じく片側の下半分に糊を塗ります。

    tanabata49
    弧を描くように広げて、反対側を糊付けしたら完成です!