2017年待機児童数ランキング【東京都の市区町村】―ゼロからワーストまで―

2017年4月1日時点における東京都の保育園の待機児童数をランキングで紹介します。

2016年と比較して増減数も確認することで、待機児童対策の頑張り度合いもわかります。

今、住んでいる町が保育園に入りやすいかどうか確認しましょう。

東京都の待機児童数ランキング【平成29年4月時点】

ランキングを見る時の注意点
1.待機児童数は毎年大きく変動します。
2.同じ市区町村の中でも、地区によって待機児童数にばらつきがあります。
3.保育所ごとにも待機児童数が異なっています。
4.いわゆる「隠れ待機児童」の人数は含まれていないため実態と異なる場合があります。
ワースト 市町村 平成28年 平成29年 待機児童増加数
1 世田谷区 1198 861 -337
2 目黒区 299 617 318
3 大田区 229 572 343
4 江戸川区 397 420 23
5 府中市 296 383 87
6 中野区 257 375 118
7 足立区 306 374 68
8 中央区 263 324 61
9 江東区 277 322 45
10 調布市 289 312 23
11 三鷹市 264 270 6
12 渋谷区 315 266 -49
13 日野市 183 252 69
14 板橋区 376 231 -145
15 町田市 182 229 47
16 台東区 240 227 -13
17 品川区 178 219 41
18 荒川区 164 181 17
19 港区 64 164 100
20 小金井市 154 156 2
21 墨田区 134 148 14
22 西東京市 154 146 -8
23 立川市 198 145 -53
24 武蔵野市 122 120 -2
25 八王子市 139 107 -32
26 文京区 98 102 4
27 国立市 81 101 20
28 狛江市 142 98 -44
29 稲城市 0 97 97
30 国分寺市 102 92 -10
31 小平市 167 89 -78
32 多摩市 79 83 4
33 北区 232 82 -150
34 葛飾区 106 76 -30
35 東久留米市 92 67 -25
36 東村山市 76 64 -12
37 練馬区 166 48 -118
38 清瀬市 44 33 -11
39 杉並区 136 29 -107
40 新宿区 58 27 -31
41 瑞穂町 25 21 -4
42 昭島市 21 17 -4
43 青梅市 25 12 -13
43 武蔵村山市 0 12 12
43 あきる野市 18 12 -6
46 東大和市 7 3 -4
47 千代田区 0 0 0
47 豊島区 105 0 -105
47 福生市 0 0 0
47 羽村市 1 0 -1
47 日の出町 2 0 -2
47 檜原村 0 0 0
47 奥多摩町 0 0 0
47 大島町 0 0 0
47 利島村 0 0 0
47 新島村 0 0 0
47 神津島村 0 0 0
47 三宅村 1 0 -1
47 御蔵島村 0 0 0
47 八丈町 4 0 -4
47 青ヶ島村 0 0 0
47 小笠原村 0 0 0

※この表は東京都が平成29年7月に公表した「都内の保育サービスの状況について」を基に作成しています。

東京都の待機児童数の概況

view17

1.待機所児童数は実質773人減少

東京都では、積極的な保育所整備により、過去最大の16,003人もの定員枠を増やしました。

待機児童のカウント方法が変わった影響で、昨年から120人増えていますが、実質的には773人減らすことができました。

近年の待機児童数の推移
H23年:7,855人
H24年:7,257人
H25年:8,117人
H26年:8,672人
H27年:7,814人
H28年:8,466人
H29年:8,586人

しかし、東京都の待機児童数は引き続き横ばい傾向が続いています。

近隣の神奈川、埼玉、千葉の待機児童数が1000人前後であるのと比較すると異常な数であることは間違いありません。

2.待機児童数100人超の市区が減少

昨年、待機児童数が100人を超えている市区町村は32ありましたが、今年は27に減りました。

特に北区、練馬区、杉並区、豊島区では、前年比100人以上もの待機児童数を減らすことに成功し、待機児童数100人を下回りました。

超過密都市である23区では、一定規模の用地が確保できないため、園庭のない小規模保育所が急増しています。

今後は、園児の生活環境の質的向上にも力を入れて欲しいものです。

3.豊島区で待機児童ゼロ達成

23区で待機児童がゼロだったのは千代田区だけでしたが、豊島区も前年から一気に105人も減らしてゼロを達成しました。

最大の要因は、増加し続ける保育需要を大幅に超える定員数での保育所整備を行ったためです。

多くの自治体では、保育需要に合わせて整備を進めていますが、蓋を開けてみたら保育需要が想定よりも多かったという状況がしばしば発生します。

需要を上回る予算措置を行うことは、財政的な問題で尻込みすることが普通なのですが、思い切った決断が効果を上げたのだと考えられます。

4.待機児童が急増した区

このように待機児童が減った市区町村は多いのですが、一方で、100人以上増加させた市区が4つあります。

目黒区、大田区、中野区、港区です。

早速、港区では5月に緊急対策を発表しています。

臨時の保育室の設置や、訪問型保育を増やすということで、待機児童ゼロを達成した豊島区に倣ったような内容となっています。

また、中野区でも8月に待機児童緊急対策本部を設置して、仮設保育所の整備も検討しているようです。

従来の整備方針では十分な効果がでていないことは明らかですので、これらの積極的な対策によって早期の改善が図られることを望みます。