ジブリ映画は何歳から観る?ートトロを3歳に見せてみたー

親子で一緒にいたいアニメと言えばやっぱりジブリ作品です。

ところで、ジブリ映画を見て楽しめるのは何歳からでしょうか?

今回は3歳の子供を持つcawiku(かわイク)スタッフが実際に「となりのトトロ」を観せた体験記に加え、ジブリ映画の適用年齢について考えて見たいと思います。

3歳3カ月の子供がトトロを見たらこうなった。

view29

1.映画は知らなくても歌えるよ

今回は3歳3カ月になる女の子にはじめて「となりのトトロ」を観せました。

「トトロ」を選んだのは、上映時間が80分程度と長編ジブリ作品としては時間が短いこと、物語がシンプルで難しくないと考えたからです。

そして、なによりも「さんぽ」「となりのトトロ」というオープニング、エンディングテーマを保育園などでも歌っていて、良く知っていたからです。

娘は知っているキャラクターを好む傾向が強いのですが、トトロが何なのか全く分かっていなくても、「歌に出てくるトトロみてみたい?」と聞くと「みる!」と即答でした。

2.いきなり飽きる

というわけで、録画しておいた「金曜ロードショー」を雨の休日に親子で観賞することにしました。

「さんぽ」のオープニングが始まると、食い入るように見始めました。

このくらいの年齢は本当にお歌が大好きです。

しかし、本編が始まって、さつき一家の新しい住居へ向かう田んぼ道のシーンで、いきなり「しまじろうみたい!」と言いだしました。

「お母さんといっしょ」などいつも見ている子供番組は、1〜2分のコーナーで編成されているせいか、1本調子の物語は気に入らないようです。

「え?もう?もうちょっとだけ見ようよ。」

そう言うと渋々、観ることに同意しました。

これが2歳だと「ヤダヤダ」と大騒ぎして終了になっていたかもしれません。

3歳になって多少は我慢できるようになったみたいです。

3.「まっくろくろすけ」にやや興奮!

さつき一家がボロ屋に到着して展開が変わると、また集中力を取り戻しました。

特に「まっくろくろすけ」が出てきた瞬間のさつきとメイの驚いた表情が面白かったようで「ははは」と笑い声を上げていました。

おそらくテレビを見ていて笑ったのはこれが初めてかもしれません。

「まっくろくろすけ」のシーンが終わった時に「まっくろくろすけ面白かったね!?見たことある?」と聞くと「あるよ」と平然と答えていました。

やっぱり子供には見えるようです。ボロ屋に入ったことはないはずなのに(笑)

4.トトロが怖い

その後も飽きることなく見続け、ついにメイがトトロに出会うシーンになりました。

メイがちびトトロを追いかけて、くすの木の穴に転げ落ちて、トトロのお家に入りました。

すると娘に異変が!

突然、立ち上がって、ママの背中にぴったりくっつき、モジモジし始めたのです。

そして、「もう、見ないの。しまじろう見たい!」と言いだしました。

「えー!一番おもしろいシーンだよ。ほらトトロだよ。かわいいでしょ?ぬいぐるみみたいで。」

「やなの。こわいの!」

「えー?こわくないよー。トトロはやさしいよ。メイちゃんも怖がってないよ。」

どうやら、巨大なトトロの姿と、猛獣のような鳴き声にすっかりおびえてしまったようです。

そう言えば娘は赤ちゃんの時から、ぬいぐるみが怖くてよく泣いていました。

怖がりの性格は、3歳になっても、まだ残っているようです。

5.途中で終了

メイがトトロに出会ったシーンの後もしばらく見続けていました。

しかし、トトロへの恐怖感と、物語の起伏が少なくなってきたために完全に飽きてしまいました。

さつきとメイが父親の帰りをバス停で待つシーンでついに見なくなってしまったので中断しました。

後日、続きを見て、一応最後まで観賞することができました。

感想を聞くと「面白かった!またトトロ見たい」と話していました。

ところで、トトロは何度も見ている作品ですが、親になってトトロを改めて観たら、もっとこの作品が好きになりました。

特に母親と父親に対するさつきとメイの真っ直ぐな感情にとても胸を打たれました。

ジブリ映画の適応年齢

view30

1.言葉は3歳でもわかる

「となりのトトロ」はジブリ作品の中でも最もシンプルなストーリーです。

さらに、登場するキャラクターたちの会話は、メイちゃんでも理解できる言葉で話しているため、3歳児でも十分理解できます。

ただし、ストーリーを理解して、キャラクターの気持ちに寄り添うことはまだできていないようでした。

それでも「まっくろくろすけ」などの一つ一つのシーンについては、面白いと感じることができました。

おそらくトトロ以外の作品でも、一部のシーンについては十分に楽しめるでしょう。

ちなみにメイちゃんの年齢はおそらく4〜5歳で間違いありません。

「泣かないよ。メイえらい?」と客観的に自分を評価するなど3歳児より知能や性格が発達しています。

しかし、話し方や語彙力は3歳児そのものです。

4〜5歳の女の子であれば、もう少し長々と一方的に自分の気持ちや行動について話すことができます。

2.長時間見続けるのは慣れが必要

親がほとんどテレビを見せない方針の場合、3歳程度では長編映画を見続けることは難しいと思います。

子供は感情に素直なので、少しでもつまらないと、他のことをして遊びたがります。

少し我慢して物語を追うためには、ある程度の慣れが必要です。

年齢や環境だけでなく性格の影響がより強いので慣れる時期には個人差がかなりあるでしょう。

むしろ、小学生になる前の子供であれば、シーンごとに休憩をして、数回にわけて観る方が適切かもしれません。

3.作品別の適応年齢(予想)

最後にジブリ作品の予想適応年齢について考えて見たいと思います。

ジブリ作品もたくさんあるので、今回は宮崎駿監督の主要作品のみ取り上げます。

作品名 上映時間 予想適応年齢
となりのトトロ 86分 3〜4歳
崖の上のポニョ 101分 5〜6歳
天空の城ラピュタ 124分 6〜7歳
魔女の宅急便 102分 6〜7歳
千と千尋の神隠し 124分 9〜10歳
風の谷のナウシカ 116分 11〜12歳
紅の豚 93分 11〜12歳
もののけ姫 133分 12歳〜
ハウルの動く城 119分 12歳〜
風立ちぬ 126分 12歳〜

幼稚園・保育園の子供でも観ることができそうな作品はトトロとポニョです。

「崖の上ポニョ」は、保育園が舞台の1つになっていて、ポニョと宗介の会話については5歳でも充分理解できます。

ただ、ストーリー展開(特にエンディング)がトトロほど分かりやすくないので、作品が好きになるかどうかは相当別れるでしょう。

また、少し背伸びをすれば、ラピュタと魔女宅も観ることができるでしょう。

「天空の城ラピュタ」は、スリルのあるアクションシーンが多いので、途中で飽きつつもなんとか観ることができるでしょう。

機関車や飛行機のアクションは特に男の子に好まれます。

「魔女の宅急便」もストーリー展開がシンプルなので楽しめる園児も多いでしょう。

特に女の子の場合は「ごっこ遊び」の延長のような世界観がぴったりはまりそうです。

ところで「千と千尋の神隠し」の主人公・千尋は、魔女のキキ(13歳)より年下の10歳なのですが、ストーリー展開がやや分かりずらいので小学校の高学年から楽しめる作品だと思われます。