色々と試した結果「汚さない」離乳食用エプロンはこれだった。

赤ちゃんの離乳食は「汚れ」との戦いです!

幼児食に移行しても続きます。

いや、もっとひどくなります。

ものすごく食べこぼしが多い娘に、いくつものエプロン(スタイ)を試しました。

その体験から、どんなタイプのエプロンを使えば「汚れない」のか紹介します。

完璧に離乳食をキャッチするエプロンは存在しない

bib

いきなり、結論から言います。

あらゆる食べこぼしを確実にキャッチしてくれるエプロン(スタイ)に出会うことはできませんでした。

しかし、その中でも一番ましなのは「シリコンタイプ」のエプロンです。

なぜそうだったのか、これから解説しようと思います。

が、まずは実際にエプロンを使っているうちの娘がどんな子か紹介します。

うちの娘っ子は、とにかく落ち着きがない。

食事中に食べ物を手で投げたり、牛乳をブーッと吐き出したり、ひどいもんです。

基本、1回の食事で10回以上は、一度口に入れた食べ物を吐き出します!

最近は、大人の反応を見て楽しんでいるようで、怒るとかえって繰り返す始末です。

あー、ほんとにイライラする~(でも、かわいい)。

こんな娘のひどい「食べこぼし」されえも、もれなくキャッチしてくれるエプロンがほしい!

そう思って、離乳食の時から色んなタイプのエプロンを使用するようになったのです。

離乳食・幼児食用のエプロン体験実録

1.ビニール製は安かろう悪かろうエプロン(スタイ)

bib2

まずは、特売とかワゴンセールでお安く買えるビニール製のエプロンです。

1個500円前後が相場です。

最初は、子供がどんなスタイが気に入るかわからなかったので、失敗しても痛くない、このタイプを選んで使っていました。
bib3

bib4

写真のようにポケットひっくり返して使います。

はじめはそれが分からず、

ぜんぜんキャッチしてくれないじゃん!

と思っていたのですが、使い方が悪かっただけでした・・・。

しかし、正しく使ったとしても、

最低限、胸部分は汚れないね。

という程度です。

結局、ポケットの広がりがいまいちなので、キャッチ能力がめちゃくちゃ低いんですよね。

服の袖、ズボンは汚れまくりです。

もちろん、床もご飯や汁がべちゃー。

きれいに食べる子ならこれでも十分なのでしょうが、うちの娘では、まったく役に立ちませんでした。

しかも使い込んでくると、透明感のあったビニール部分がくすんできて、不衛生な見た目になります。

どうやら油分がしみ付いてしまうようで、いくら洗っても、どこかヌルッとした感じになります。

その結果、異臭を漂わせるようになりました。

あと、保育所のない休日は、朝食、昼食、おやつ、夕食と4回使いますが、雨の日だとすぐに乾かないため、2枚以上で使いまわす必要があります。

このように欠点が多々ありすぎて、自宅では使っていません。

ただし、保育所ではこれなので使っています。

何故か、給食はきれいに、こぼさず食べるらしい!

どんだけ内弁慶なんだ!

2.着るタイプのエプロン(スタイ)

ビニール製タイプは、全く使えず、食事のたびに服の袖やズボンを洗う必要があり、ほんとに面倒でした。

なら、上半身を全部覆ってやれー!

と思い、この合羽タイプというか、ポンチョタイプというか、みたいなエプロンを購入しました。
bib5

値段としては1,000~2,000円くらいが相場のようです。

ちょっと高価になりますが、毎日のことなので、ここは奮発しました。

合羽タイプにして、袖や服の汚れはなくなりました。

が、思わぬ盲点が!

なんと首もとから汁が入り込んで、上着も下着も汚れるじゃないですか(涙)

娘はやせっぽちで、首回りが細いのです・・・。

エプロンを止めるマジックテープで一番きつくしても、首回りの隙間がどうしてもできてしまうのです。

bib6

しかもポケット部分の形状が不安定なので、飲食物のキャッチ能力が低く、床の汚れはビニール製タイプと変わらず、いや、ちょっと悪いくらいかも!

bib7
そして、最大の欠点は、スタイの面積が大きすぎて、手洗いが面倒すぎる。もちろん乾きにくい!

はっきり言って、大失敗でした!

3.「紙ナプキン」のエプロンは便利そうだけど・・・

いやもう、エプロンを洗うのは嫌だ!

じゃあ、オムツとおんなじで使い捨てにすればいいじゃん!

という考えにいたり、紙ナプキンを買いました。

bib10

外出中も使えるし、今度こそいいのでは?!

さあ、食事だ、今日から紙ナプキンだぞ!

と、娘にナプキンを付けさせると・・・

「首がチクチクしてイヤッ!!」

と言わんばかりに、自分の手でナプキンを引きちぎり、そのまま、床へ投げ捨てたのでした。

はい、一瞬で、紙ナプキン時代は終了ーー。

4.シリコンタイプのエプロン(スタイ)に落ち着く

どれも、ダメ。

ということで「もう高くてもいいや」と思い、現在使ているシリコン製のスタイに落ち着きました。
bib9

シリコン製エプロンの利点としては、

  • 留めるホックの長さをある程度調整できる
  • ポケットの形状が他タイプよりも広く安定していて、以外に飲食物のキャッチ能力が高い
  • 水でさっと流すだけで、汚れないし、すぐに乾く
  • だから1個あれば、1日4回でも5回でも使える
  • 丈夫で型崩れせず、長く使えますので買い替えの必要なし
  • なので多分、弟君、妹ちゃんへのお下がりもOK
  • bib8

    そうなんです!見た目はビニール製と似ているので、能力も同じかと思ったら、はるかに優秀です。

    相場は2000円以上するので高いですが、長い目で見れば十分に元がとれます。

    だけど、残念ながら欠点もあります。

    いくらポケットのキャッチ能力が高いといっても、娘のような激しい食べ方の子だと、結局、肩から肘にかけての腕部分と、特に足のひざ部分が汚れてしまうんですよね。

    あと、床にもぽろぽろこぼれます。

    なので、今は腰にタオルを巻いて、ひざ部分を覆うようにしてます。

    ズボンを脱がして洗って、新しいのを履かせる手間より、タオルを洗う方がまだ楽なので・・・。

    そういうわけで、どのタイプのエプロンがお勧めかと聞かれれば、

    『現状では』シリコンタイプが一番「まし」ということになります!!

    本日の人気記事

    本日の人気記事

    年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
    どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...
    スポンサーリンク
    アドセンス
    アドセンス