たった3分で新生児の黄疸のことがわかる!

生まれたばかりの赤ちゃんがなる「黄疸」って何?

「黄疸」の基本を解説します。

黄疸とは?

皮膚や粘膜(白目など)が黄色身を帯びてくることです。

新生児黄疸(生理的黄疸)とは?

生後2~3日頃から徐々に皮膚が黄色くなってきます。

4~5日でピークを迎え、1週間を過ぎると徐々に消滅していきます。

通常は2週間以内で黄疸が見られなくなります。

なお、黄疸は約90%の新生児にあらわれるもので、心配する必要はありません。

新生児黄疸のより詳細な原因について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

新生児の9割に見られる黄疸とは?
新生児の90%に見られるという黄疸。 「なぜ新生児は黄疸になるのか?」その原因について解説します。 黄疸の原...

黄疸の原因は?

血液の中にある赤血球が崩壊すると「ビリルビン」という物質が産まれます。

肌や粘膜(白目など)が黄色くなるのは、この「ビリルビン」が黄色の色素をもつためです。

新生児は、誕生からしばらくの間、血液中の「ビリルビン」が増えるため黄疸が見られます。

そのため黄疸は「高ビリルビン血症」とも呼ばれています。

赤ちゃんが生まれると、血中にあるビリルビンの量を示す「ビリルビン値」を血液検査で調べます。

これにより赤ちゃんの黄疸が正常の範囲かどうか確認しています。

ビリルビン値の正常・異常については、こちらの記事もご覧ください。

新生児黄疸でのビリルビンの数値はどこまでが正常?
新生児の9割に見られる黄疸ですが、生理的(正常)な黄疸と、病気による黄疸の違いは何でしょうか? 新生児黄疸における...

母乳性黄疸とは?

生後2週間を超えて黄疸が続く場合があります。

その原因の多くは、「母乳」が原因です。

母乳で育てている新生児の約10~15%に、母乳性黄疸が見られます。

しかし、母乳とは別に、潜在的な病気が原因で黄疸が続くことがあります。

そのため、2週間を過ぎても黄疸が続く場合には、その原因が母乳によるものなのか、病気によるものなのか区別するため、一度、医療機関を受診しましょう。

もし、母乳が原因である場合は、治療の必要はありません。

母乳性黄疸について、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

新生児の母乳性黄疸はいつまで続くの?治療は必要なの?
母乳が原因で、新生児の黄疸が続いてしまうことがあります。 「なぜ、母乳が黄疸を引き起こすのか?」原因と治療について...

病気が原因の黄疸

新生児の黄疸は、ほとんどが生理的なものです。

しかし、稀に、病気が原因で黄疸が引き起こされていることがあります。

この場合、原因となっている病気に合わせた治療が必要となります。

病気の可能性が疑われる黄疸としては、次のような事例があります。

  • 生後24時間以内に明らかな黄疸が見られる
  • 黄疸の原因である血中のビリルビン値が生理的範囲を超えている
  • 抱合型(直接型)ビリルビンの血中量が多い
  •  (※生理的な新生児黄疸は、非抱合型ビリルビンが原因である。)

  • 母乳以外の原因で、生後2週間以上たっても黄疸が見られる
  • これらの場合、溶血性疾患、脳内・臓器等の出血、胆道系疾患(胆道閉鎖症、胆道拡張症)、感染症(肝炎、敗血症)、などが疑われます。

    病気の詳細や治療法については、こちらの記事をご覧ください。

    病気が原因の新生児黄疸-その種類と治療法-
    ほとんどの新生児は、病気ではない生理的な黄疸があらわれます。 しかし、病気が原因で、治療を必要とする黄疸(高ビリル...
    スポンサーリンク
    アドセンス
    アドセンス
    本日の人気記事

    本日の人気記事

    年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
    どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...