【私の出産体験記】米田産婦人科で産みました。

大阪府にある米田産婦人科で出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

検診に行くと、他の妊婦さんは旦那さんだったりお母さんやお姉さんなど家族と来られる方が多いのですが、ドカッとソファに座って待つ付添いの人が多かったため、座れない妊婦さんがいたりしました。

付添いが複数名いて、実際検診を受けない方が席を埋めてしまうことに、腹立たしい気持ちになりました。

煙草の香りをまとった男性が横に座って来たときは、つわりもあって吐き気がした経験もあります。

病院からも注意してほしかったです。

2.お産の体験

逆子のため帝王切開でしたが、手術の前日に入院し、病院で着替えた後、ゆっくりしていたら、少しお腹が痛くなりました。

1時間もたたずに五分おきのお腹の張りになってしまい、子宮口も開きだしていると判明。

手術は翌日と決まっているから、急いで陣痛止めの点滴を打ちました。

翌日の昼間まで点滴を打ち続けましたが、張りは全く無くなるということはなく、赤ちゃんは産まれよう産まれようと準備しているのが分かりました。

翌日予定時刻に帝王切開となりましたが、手術台を前に衣服全てを脱がされ、真っ裸で台に登り、腰に麻酔を打ちました。

なかなか針が通らず、何度ももっと腰を突き出す姿勢を取るよう言われ、苦しいし、裸で恥ずかしいし、「勘弁して!」とすごく嫌な気持ちになりました。

その後麻酔が効くとあっという間に手術が始まりました。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

麻酔の効きが良くなかったのか、体質的に逢わなかったのか、手術中は意識が混乱していて、余裕が全くありませんでした。

赤ちゃんは手術が始まってあっという間に誕生し、看護士さんが顔の横まで運んで見せてくれたんですが、もう自分に必死過ぎて、チラッと見て「もういいです」と。

感動よりあまりの麻酔と手術の気分の悪さにどうにかなりそうでした。

4.入院中の体験

上の子がお見舞いに来てくれるんですが、まだ小さく、帰るときは大泣きされていました。

「ママ、ママ」と泣くのをパパが抱っこして病室を出て行くのですが、胸がはちきれそうな気持ちでした。

まだママじゃないとだめな年齢の上の子達だったので、辛かったです。

家では良い子にしていたようですが、思い切り甘えられるのはママだったので、パパの前ではだいぶ我慢していたようです。

病室に来た上の子達を抱っこしてやりたくても、キズの痛みでできないため、歯がゆくて仕方なかったです。

5.米田産婦人科で産んで「よかったな!」と思う体験

個人病院なので割高でしたが、サービスは良く、特に食事が楽しみでした。

個室でトイレも完備され、落ち着いて眠れるし、見舞いの方々もゆっくり過ごしてもらえました。

授乳以外は赤ちゃんをずっとナースステーションで看てもらえるので、ゆっくり体力を取り戻せました。

6.通院・入院中の「残念」な体験

手術で、素っ裸になってる時間が長くて、ものすごくストレスになりました。

5人ほどの看護士や助産師さんが見てる中、素っ裸になってああしてこうしてと動かされるのは、気分の良いはずがなく、ひたすら屈辱的というか、恥ずかしくて恥ずかしくて…
何か布一枚でもかけてくれたらいいのに、と思いました。

【都道府県別】出産体験記が読める産院・病院一覧
先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

米田産婦人科について

2016年3月に第3子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

家から近く、歩いて通えるからです。

上の子でも御世話になり、サービス内容が良かったからです。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

平日は混んでいると1~2時間は待ちました。

土曜日は小児科も診る為、妊婦より子供優先になるので、さらに待ち時間は増え、三時間近く待った事もあります。

3.費用はどれくらい?

妊婦検診は一回につき3000円から5000円で、4Dエコーは別料金を取られました。

入院分娩は20万円程でした。

4.主治医の先生はどんな人?

50代くらいの男性の先生で、静かで暗い感じでした。

声が小さく、何を言ってるか聞き取りにくい時もありました。

目をあまり合わせてくれない感じで、質問するのも勇気がいりました。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

私が麻酔でパニックになって、震えて泣いていたんですが、ずっと横で手を繋いでくれた看護士さんがいました。

「後少しよ、大丈夫よ」と優しく声をかけてくれて、その人の手をものすごく強く握りしめていたのに、ふりほどきもせず、ずっと付いていてくれました。

6.入院中の食事はどうだった?

食事は四日目くらいまでは回復食でしたが、ふつうに食べれるようになると本当に豪華な食事が三食届きました。

会席料理のような豪華な食事ばかりでした。

退院前には特別メニューとして、フランスフルコースのディナーがあり、同じ時期に産んだお母さん達と一緒に食べる機会もありました。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(〇)3Dエコーあり
(〇)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(〇)両親学級あり
(〇)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(×)大部屋あり
(×)個室シャワーあり
(×)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(×)食事用のラウンジあり
(×)売店あり
(×)小児科併設あり
(×)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(〇)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(×)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(〇)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(〇)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな母乳指導された?

赤ちゃんの口の吸いつかせ方、乳首をどう口元に持って行くか、など。

おっぱいは両方5分ずつ、二回吸わせる、と言われました。

飲み終わると赤ちゃんの重さを量り、飲む前の体重と比較して授乳できた量を計りました。

10.退院後に助産師さんに相談したこと

おっぱいの出が悪かったので、おっぱいマッサージを受けました。

やってもらうとやはり良く出ました。

11.新生児健診のタイミング

新生児検診は産後1月たってからでした。