【私の出産体験記】昭和大学江東豊洲病院で産みました。

東京都にある昭和大学江東豊洲病院で出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

胎児の心音が下がってしまい、緊急帝王切開になりかけたことです。

結局子宮口が全開になっていたので、そのまま出産したのですが。

丁寧で落ち着いた説明で、安心してお任せできると思っていたのでためらわずに同意書にサインができました。

分娩中は、小児科や他の科の先生方も来てくださり、処置の際夫がいないときは助産師さんや、女性の先生が手を握って励ましてくれました。

大学病院は冷たいという印象があったのですが、全くそんなことはなく、とても温かいところでした。

2.お産の体験

陣痛を起こす誘発剤を使用して出産することが決まっていました。

子宮口は誘発剤を点滴で入れる時点で1.5㎝開いていました。

次にバルーンを入れて子宮口をさらに開けました。

バルーンを取り出したとき、4㎝まで開きました。

しばらくしてから先生が内診のような形から、人口破水をしました。

拳を奥まで入れて膜を破り、ドバーッと水分が出ました。

羊水の量が多かったので、もう一度行い初回と同じ量が出ました。

そのあとはジワジワと子宮口が広がりつつ、三度目の破水がありました。

心音が下がってしまったため、緊急帝王切開の説明と同意書へのサインがありました。

レントゲンも撮りました。

結果的に子宮口が全開になっていたので、そのまま20回ほど息んで出産しました。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

とにかくホッとしました。嬉しい、喜ぶといった感情より安堵感がありました。

4.入院中の体験

4人部屋に入院していたのですが、同室だったお二人がよくも悪くも印象に残っています。

1人は初産だったようで、夜中の授乳時に小声ではなく、普通の会話の声量で授乳中赤ちゃんに話し掛けていました。

日中も終日ご主人がお見舞いにきて、時間を1時間オーバーしてヒソヒソ話していたり、おめでたいご夫婦だなぁとかなり冷めた目で見てしまいました。

もうひとりは、とても低姿勢な話し方でありながら助産師さんへのリクエストが多すぎて大変そうでした。

5.昭和大学江東豊洲病院で産んで「よかったな!」と思う体験

まず、できて3年ほどなので綺麗で最新設備が揃っています。

開放的な病院だと思います。

待ち時間が少なく、受付の方、助産師さんなどみなさん親切で優しかったです。

大部屋でも部屋がフルで埋まっていない場合も多いので、息詰まり感もありませんでした。

6.通院・入院中の「残念」な体験

特にないのですが、強いて言えば毎回担当医が変わること、無痛分娩が週に一度ひとりしかできないことです。

また、入院中の食事が残念でした。

医療技術の高さ、スタッフの質を考えると食事はもったいなかったです。

【都道府県別】出産体験記が読める産院・病院一覧
先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

昭和大学江東豊洲病院について

2017年12月に第2子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

自宅から近く、先に産んだ方たちからの評判がよかったからです。

また、無痛分娩ができるため決めました。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

毎回次の予約をとるシステムでした。

診察後、先生が電子カルテの機能で予約をとってくれ、予約時間を書いた印刷物を渡してくれます。

待ち時間は5分程度のときもあれば、一度だけ1時間以上待たされました。

でも他の病院に比べたらずいぶん短い待ち時間だと思います。

3.費用はどれくらい?

妊婦検診は3000円程度から、検査項目が多いときは10,000円~20,000円のときもありました。

退院時の自己負担は150,000円ぐらいだったと思います。

4.主治医の先生はどんな人?

メインで診ていただいた先生は、穏やかで優しく、わかりやすい言葉でお話してくれて本当によかったです。

よくママさん同士で女医さんの方が怖いよね、と話していました。

分娩の際は上述以外の男性の先生にお世話になりましたが、冷静沈着で、説明もとても丁寧にしていただきました。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

複数名いらっしゃったのですが、みなさん一様に妊婦に寄り添ってくださりとても優しかったです。

私はお医者さんの男性と助産師さんが取り上げてくださったのですが、助産師さんの方がメインで胎児を取り上げてくださいました。

息むときは「息を吐き出すときは私の顔をみてくださいね」と励ましてくれました。

6.入院中の食事はどうだった?

学校給食レベルよりひどいです。

2枚入った食パンが水分でベチャベチャしていました。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(×)3Dエコーあり
(×)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(×)両親学級あり
(×)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(〇)大部屋あり
(〇)個室シャワーあり
(〇)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(×)食事用のラウンジあり
(〇)売店あり
(〇)小児科併設あり
(〇)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(〇)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(〇)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(〇)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(〇)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな母乳指導された?

吸わせ方など教えてもらい、おっぱいの状態もよく診てくださりました。

こちらも質問をたくさんできる雰囲気でした。

おすすめのクリームと搾乳機を教えてもらい、退院後にすぐ買いました。

10.退院後に助産師さんに相談したこと

搾乳について相談しました。

11.新生児健診のタイミング

退院後1ヶ月

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
特集

季節のコラム特集