【私の出産体験記】清水病院で産みました。

埼玉県にある清水病院で出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

私は血管が細くなかなか採血できないのですが、清水病院の看護師さんはとても採血がうまく、あっという間にすみました。

妊娠中体重が増えないように長男を連れてベビーカーでたくさん動きまわっていて、先生から体重管理もしっかりできているし妊婦さんのお手本ですねと誉められた事が嬉しかったです。

エコーを見せてもらうときも、頭の直径と太ももの骨の長さ、お顔はどっちを向いてるかなど毎回丁寧に説明を加えていただけました。

ゆっくり見せてくれるので良かったです。

2.お産の体験

土曜日の明け方の4時頃、明らかに前駆陣痛とは違った強い痛みがきたため、携帯アプリの陣痛計で間隔をはかりました。

6時頃には間隔が20分になってきたので、2人目は早いと言われていることもあり、不安になって夫を起こし長男を連れて車で清水病院まで連れて行ってもらいました。

その後、陣痛室で朝食をいただき、陣痛を計る装置で間隔を見るとまだ20分ほどでした。

内診でも子宮口は2センチで上の方にいると言われました。

陣痛室に戻ってテレビを見ていると20分もしないうちに陣痛の感覚が5分になりました。

そして内診してもらうと子宮口は6センチで、進みが早いので分娩室に行くことになりました。

糖分を補給する点滴をしてもらっている時にメリメリと下に下がっている感覚がきました。

慌ただしく分娩台に乗ると10分ほどですんなりと産まれました。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

早い!一人目は18時間かかりなかなか出なかったのに、こんなにすんなり産まれていいの!?

4.入院中の体験

入院中に一度だけフットアロマトリートメントを受ける事ができます。

妊娠中は足がむくんで重くなるし、出産で疲れきっていましたがフットアロマトリートメントをしていただき心身ともに癒されました。

病棟から別館へとつながるエレベーターを使ってアロマルームへ行くのですが、とても院内とは思えないサロンのような凝った造りの部屋で日常を忘れられます。

アロマの心地よい香りに包まれながら30分間ふくらはぎをオイルトリートメントしてもらいました。

5.清水病院で産んで「よかったな!」と思う体験

小さな病院ですが先生と看護師さん達がとても優しくアットホームです。

質問もしやすい雰囲気なのでわからない事や不安な事も相談できます。

駅からも近いので通院の時は助かりました。

選べるプレゼントがあり、赤ちゃんの名前と出生時と体重、足形を彫った写真たてを退院して1ヶ月健診の時にいただけるのが良かったです。

6.通院・入院中の「残念」な体験

特にはありませんが、食事の味の薄さは感じました。

素材の味が良くわかって美味しいのですが、3食それだと物足りなくなってきます。

お夜食に毎日すごく美味しい手作りスイーツが出るのですが、それと一緒になぜか小さいおにぎりが出てきます。

スイーツのボリュームもかなりあるので、毎回おにぎりまで食べられずもったいないのでおにぎりは無くても良いと思いました。

【都道府県別】出産体験記が読める産院・病院一覧
先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

清水病院について

2017年5月に第2子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

次の理由で選びました。

・東武東上線の坂戸駅の目の前で交通の便がよいから。

・男の先生ですがとても優しく信頼できるから。

・主人の実家の近くだから。

・一人目も清水病院で出産しているから。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

先生が一人なので診察時に出産が始まると先生が分娩の処置にいってしまうので予約している時間から長く待たされる事がありました。

3.費用はどれくらい?

妊婦健診は一回につき平均して4000円くらいでした。

全く払わない週もありましたが、血液検査やおりもの検査などの時は支払が高くなるため、いつも1万円は予備で持っていました。

入院と分娩費用は、平日の昼間の時間帯の出産だったので追加料金を払わずに済みました。実費で7万円ほどでした。

4.主治医の先生はどんな人?

とても優しくて穏やかな先生です。

こちらの質問や不安な事にもしっかりと丁寧にこたえてくださるし、信頼できる先生です。

検診の際に1歳の長男を診察室に連れて行ったのですが、「大きくなったね」と声をかけてくださりとても嬉しかったです。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

長男の出産で痔になったことを相談すると、分娩中ずっと肛門を押さえてくださりました。

分娩後も麻酔クリームをお尻に塗ってくださり脱肛を起こさないようにしばらくの間押さえていてくださいました。

恥ずかしかったのですが、とっても気さくな方で色々雑談をしてくださったので気が紛れて本当に助かりました。

6.入院中の食事はどうだった?

量が多かったです。

味付けはとても薄いです。

お楽しみで入院中1回フランス料理が出るのが嬉しかったです。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(〇)3Dエコーあり
(×)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(×)両親学級あり
(〇)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(〇)大部屋あり
(〇)個室シャワーあり
(×)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(〇)食事用のラウンジあり
(×)売店あり
(〇)小児科併設あり
(〇)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(〇)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(×)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(〇)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(〇)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな母乳指導された?

赤ちゃんが母乳を飲みながら寝てしまってなかなか飲まない時は、足の裏をくすぐると口を開けると教わりました。

10.新生児健診のタイミング

退院後2週間と生後1ヶ月

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
特集

季節のコラム特集