「妊娠12週」の母親と赤ちゃんの様子

妊娠12週目の「母親の体」と「赤ちゃん」の様子について解説します。

ママの体の変化と赤ちゃんの発達状況について紹介するとともに、妊娠中の「むくみ」の予防法・解消法についても解説します。

妊娠週数カレンダー~赤ちゃんの大きさがわかる~
妊娠週数ごとに「赤ちゃんの大きさ」と「ママの体の状態」をわかりやすく解説します。 また0~41週までの妊娠週数ごと...

妊娠12週とは?

maternity10
妊娠12週目とは「妊娠84日から90日」までの期間のことを指します。

月数:4か月目
日数:84~90日
出産までの日数:あと196~190日(※「出産予定日」から起算)

妊娠12週目からは、妊娠4か月目に入ります。

この妊娠4か月目は、「妊娠初期」と呼ばれる期間の最後の1か月となります。

赤ちゃんが流産せずに、この世に誕生する確率が高くなる時期に入りました。

安定期までもう少しです。

母親の体の状態

woman6

POINT!
妊娠12週は、流産の可能性が少なくなる時期

赤ちゃんと母親を繋ぐ、臍の緒は太く長くなってきていて、胎盤の大きさも30g程度の大きさになってきました。

ところで、流産の約9割は妊娠12週未満(11週目まで)に起きます。

流産は「妊娠22週未満で出産ができなくなった状態」のことを意味しますが、その中でも妊娠12週未満までの流産を「初期流産」と言います。

初期流産の主な原因は胎児の「染色体異常」であるため、誰もどうすることもできない「自然淘汰」による死亡と考えられています。

その「自然淘汰」により流産する可能性は、12週目以降になるとかなり少なくなるとされています。

一方で、12週目以降に起きる「後期流産」では、「頸管無力症」や「子宮筋腫」などの母体側の原因で流産することが割合として高くなります。

赤ちゃんの状態

pregnancy6

POINT!
妊娠12週目は、身長や体重の増加率がややスローダウンします

骨が固くなっていく「骨化」が進み、超音波健診で白い骨が見られるようになります。

さらに、これまで丸まってた姿から、手足を激しく動かしたり、足を伸ばしている姿勢も見られるようになります。

12週目では、大きさが6cm以上、体重が30g程度で、これまでの成長のスピードよりはスローダウンしています。

また、成長に個人差が現れ始めます。

ママがやるべきこと―むくみの解消―

woman5

POINT!
妊娠中はむくみが出やすい

妊娠すると、赤ちゃんに酸素や栄養を届けるために血液の量が増え、体の水分も3割増えるとされています。

その結果、約3割の妊婦さんが、足がだるくなる「むくみ」を経験します。

かつて「むくみ」は妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)のひとつと考えられていましたが、現在では、むくみだけではお産のリスクが高いとはみなされていません。

とはいえ、「むくみ」を軽く考えて放置をすれば、足の静脈が蛇行してしまう「下肢静脈瘤」になることもあるため、その予防もかねて「むくみ」を解消しましょう。

まず、「むくみ」は妊娠に次の2つが加わると、より発症しやすくなります。

  • 水分を大量にとる
  • 塩分をとり過ぎる
  • 特に外食が続くと、塩分を摂りすぎることがあるため、できるだけ手作りの料理を食べるといいでしょう。

    また、効果的なむくみの予防法・解消法としては、

  • 長時間立ち続けることを避ける
  • 就寝時に足を高くして寝る
  • お風呂でマッサージをする
  • 弾性ストッキングをはく
  • 適度な運動をする
  • などが挙げられます。

    いずれの方法も、ちょっとした心がけでできるものなので、「足がむくんでだるい」と感じているママは試してみましょう。

    「妊娠13週」の母親と赤ちゃんの様子
    妊娠13週目の「母親の体」と「赤ちゃん」の様子について解説します。 母親の体調の変化と、胎児の成長具合と大きさに紹...


    <参考書籍>
    妊産婦のための食生活指針
    母性看護学概論
    母性看護学各論
    家庭の医学大辞典
    はじめての妊娠・出産百科
    初めての妊娠・出産
    はじめての妊娠・出産 安心マタニティブック
    マイマタニティダイアリー

    スポンサーリンク
    アドセンス
    アドセンス
    本日の人気コラム

    今日の人気コラム

    年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
    どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...