【私の出産体験記】大阪赤十字病院で産みました。

大阪府にある大阪赤十字病院で出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

経産婦なので予定日より早く出産するもの思っていたのですが、予定日を超えてもなかなか陣痛が来なくて、あっと言う間に9日が過ぎました。

もしかしたら赤ちゃんに何かトラブルでもあるんじゃないかと、とても不安でした。

適度に運動もしていたし、胎動もよく感じられたので考え過ぎだろうと思っていたのですが、やはり不安で、健診の日に担当の先生に陣痛促進剤を打ってくださいと、胸の内を明かしました。

すると、今までニコニコ笑顔ながらも、淡々とこなしていた先生が、私をじっと見て自信満々にこう言いました。

「私が担当した妊婦さんで陣痛促進剤を打った方は一人もいません。大丈夫。安心してください。絶対自然分娩で出産できますよ。」と。この一言で、もう何も心配することはない!と心強く、不安もなく、陣痛を待てました。

2.お産の体験

予定日を超えてもなかなか陣痛はこなかったのですが、度々、前駆陣痛はありました。

でも、その日の夜中は決定的に違う陣痛の痛みと間隔を感じ、病院へ連絡しました。

すぐ来てくださいと言われ、とうとう来たかーと覚悟を決め主人に行ってきますと告げ、数日前から用意していた出産入院グッズを持って母と病院へ向かいました。

私の様子を見た助産師さんは陣痛室へは向かわず、すぐに分娩台へと案内しました。

ここですでに子宮口は8cm開いており、破水もしました。

陣痛はどんどん増していきましたが、混乱することなく、思いっきり踏ん張って波が治まると、ふぅ…と横になり、目を閉じてリラックスできる余裕がありました。

終始冷静に、スムーズにお産を終えることができ、分娩台から2時間で出産することができました。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

とても元気な声で泣いてくれました。

予定日を大幅に過ぎての誕生だったので、とてもうれしかったです。

分娩台で授乳をして、力強く吸っていてとても安心しました。

4.入院中の体験

経産婦は後陣痛が酷いときいたことがあったのですが、本当に辛く、お産より辛い痛みを経験しました。

出産後6時間ほど経って、陣痛と全く同じ痛みが襲ってきました。

キリキリ、ジンジン、助産師さんの話を集中して聞くこともできず、じっと寝ていることもできず、あっち向いてこっち向いて、のたうち回ってました。

どんどん間隔は伸びていくものの、痛みは消えず、その間にも授乳やオムツ替えもあり、ゆっくり休めた時間はほとんどありませんでした。

5.大阪赤十字病院で産んで「よかったな!」と思う体験

女医の方が多いので、気兼ねなく健診してもらえました。

総合病院なので何かあってもすぐに対応してくれる安心感を与えてくれました。

また、費用も安く、追加料金もほとんどありませんでしたので大変助かりました。

パーキングも無料なので気にせず待ち時間をすごせました。

6.通院・入院中の「残念」な体験

女医さんは多いのですが、人気の先生は2-3時間は待たされます。

唯一、それだけが大変残念です。

予約時間の意味が全くなく、いつ呼ばれるかわからないのでその後の予定を入れれないし、身動きも取れないのでじっと待つしかないその時間が大変苦痛でした。

【都道府県別】出産体験記が読める産院・病院一覧
先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

大阪赤十字病院について

2015年10月に第2子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

1人目を出産した病院で、自宅から近く通いやすいため選びました。
通いやすかったので。

また、総合病院なので何かあったときは安心感があるためです。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

指定された予約時間になっても診察されたことはなく、毎回2時間以上待ちました。

3.費用はどれくらい?

毎回の健診費用の負担はなく、入院、分娩費用は6万円ほどでした。

4.主治医の先生はどんな人?

担当主治医は女性で、いつもニコニコ優しい印象でした。

大変人気の先生でしたが、なぜこの先生が人気なのか、淡々と業務をこなして特別何かあるわけではありませんでしたが、肝心な時にしっかり妊婦の不安を取り除いてくれる先生でした。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

助産師さん達は終始私にエールを送ってくれました。

陣痛が起こっている時には、「そう!上手よ!もうちょっと踏ん張って!」と、今どんな状況なのかも説明してくれて、陣痛が収まった時には何も言わずそっと静かに、横になってる私を見守ってくれているようでした。

6.入院中の食事はどうだった?

母乳第一に考えている献立で、和食メインでした。

一度お祝い膳が出ましたが、「お肉が出ますが控えてください」と徹底しておりました。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(〇)3Dエコーあり
(〇)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(〇)両親学級あり
(〇)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(〇)大部屋あり
(〇)個室シャワーあり
(〇)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(〇)食事用のラウンジあり
(〇)売店あり
(〇)小児科併設あり
(〇)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(×)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(〇)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(×)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(〇)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな母乳指導された?

おっぱいと赤ちゃんのほっぺをピッタリくっつけてください、赤ちゃんが乳りんを奥まで吸うようにと指導されました。

10.新生児健診のタイミング

退院後生後1ヶ月健診がありました。