【私の出産体験記】ジュンレディースクリニック刈谷で産みました。

愛知県にあるジュンレディースクリニック刈谷で出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

妊娠中期くらいのことです。

4Dのエコーの予約をした際、お腹の赤ちゃんが全然きれいに見えなくて残念だったことがありました。

4Dの時は少しだけ料金がかかるので1度しか4Dの予約は取りませんでした。

しかし「前回上手く写らなかったね。もう一度見てみよっか」と2回ほど無料で4Dのエコーをやってくれたんです。

それも違う先生の時だったので、そういう情報も共有されているのかなと思い、ありがたかった覚えがあります。

2.お産の体験

家でゆったりしている時にお腹痛いかもと思い、間隔を計りました。

そしたらもう10分間隔で、急いで病院に電話をして、病院に向かいました。

病院についてからはもう結構な痛みがきていて、内診をしてすぐ陣痛室に向かいました。

陣痛室で看護師さんが出産用のショーツに替えてくれたりともう痛みに耐えるのに必死で全て任せていました。

陣痛室には30分くらいいて、「もう分娩室行きましょう」となり、看護師さんに支えられ分娩室へ移動しました。

分娩室では、助産師さんのもと看護師さんが2・3人くらいいました。

看護師さんがお茶を飲ませてくれたり、手を握り、声をかけてくれたりし、凄く心強かった覚えがあります。

分娩室に入り、15分くらいで生まれました。

陣痛から出産まで3時間もかからないほどの安産でした。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

「やっと生まれたー」っていうのが1番でした。

感動よりも疲れたと印象が強かったと思います。

4.入院中の体験

夜中に胸がすごく張って痛くて眠れない時がありました。

その原因は、乳首マッサージが上手にできてなくて、胸は張るけど、母乳がスムーズに出なかったことです。

胸が張りすぎて、熱を持ってしまい、夜中だったんですが看護師さんを呼んで、保冷剤をもらいました。

その看護師さんは、冷やし方を教えてくれ、乳首も見てくれて、マッサージもしてくれました。

夜中だったんですが、とても親切に接してくれた看護師さんに感謝でした。

5.ジュンレディースクリニック刈谷で産んで「よかったな!」と思う体験

ここの産院は、先生・助産師さん・看護師さん、全てのスタッフの方が親切ということです。

「妊婦さんを大切にしてくれる」

そんな感じの産院です。

通院時の受付スタッフさんも皆さん常に笑顔で接してくれるし、入院時は配膳・清掃スタッフさんも気軽に声をかけてくれたりします。

妊娠・出産って結構体力を使うし、初めてのことも多い分、周りの環境がいいと本当に安心できるので、この産院の環境は最高だと思います。

6.通院・入院中の「残念」な体験

通院の際の待ち時間が非常に長いのが残念に思うくらいです。

予約の意味がないくらい待つので、もう少し来院から診察までを待たないようにしてくれるとありがたかったです。

旦那と一緒に病院にいく時は、旦那は待つのが苦手なタイプだったので大変でした。

【都道府県別】出産体験記が読める産院・病院一覧
先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

ジュンレディースクリニック刈谷について

2016年3月に第2子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

一人目を妊娠した際に知り合いの方がこの辺では、ジュンレディースがいいよと教えてくれたので候補にあがりました。

それと、診察の時に上の子供を無料で託児所に預けられるという所も魅力的でした。

あとは手ぶらで入院、出産ができるという所、料理が美味しいという所が理由です。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

予約しているのにも関わらず、とても待ちます。

毎回1時間は待つのは当たり前という感じでした。

3.費用はどれくらい?

受給券利用の時は、無料でした。

受給券利用でも、エコー代が入ってない時は2000円くらいでした。

入院・分娩費用の差額は10万円ちょっとでした。

4.主治医の先生はどんな人?

主治医は、院長先生でした。

いつもにこにこしていて、とても気さくで優しい先生でした。

お腹のエコーを見ているときもたまにお茶目な事を言ったりしてくれます。

赤ちゃんが見えにくい時は、足がここだよとか写真に部位の名前を書いてくれたりしました。

他にも女医の先生も二人ほどいらして、

どの先生が見てくれても親身になって接してくれ、この先生やだなーっていうのはなかったです。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

分娩室にいる時は、結構強い口調で怖いかもと思いました。

しかし、もうすぐ生まれるという時に、私の目を見て話しかけてくれた時は、なんだか頑張ろうと思えた覚えがあります。

出産を終え、分娩室から部屋に移動する時にその助産師さんが赤ちゃんを抱っこして声をかけてくれました。

その時はとても優しい口調で話しかけてくれたんです。

分娩室では頼りがいがあり、それ以外は優しいオーラの助産師さんでした。

6.入院中の食事はどうだった?

和食、洋食とさまざまで飽きなかったです。そして何より美味しかったです。

お祝い膳は家族と部屋で食べられて嬉しかったし、豪華でびっくりしました。

毎日のおやつも和菓子、洋菓子といろんなものが食べられました。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(〇)3Dエコーあり
(〇)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(〇)両親学級あり
(〇)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(×)大部屋あり
(×)個室シャワーあり
(×)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(×)食事用のラウンジあり
(×)売店あり
(×)小児科併設あり
(×)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(〇)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(×)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(×)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(×)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな母乳指導された?

飲んでいる所を見てくれて、上手く飲めていなかったみたいで、赤ちゃんの口をもって上手に飲めるように治してくれました。

あとは飲んでる時の抱っこの仕方を教えてくれたり、飲んでる時に胸を触ってここ張ってるからとさすってくれました。

10.退院後に助産師さんに相談したこと

生後2週間くらいの時に病院に行く機会がありました。

その時に母乳を飲む所を見てもらい、飲む時間と飲ませ方を再度教えてもらいました。

赤ちゃんの飲んでる様子も見て、上手に飲めてるねって声をかけてくれたことを覚えています。

11.新生児健診のタイミング

生後1ヶ月にありました。

2週間の時は相談会のようなものがあったと思います。