【私の出産体験記】岩沢クリニックで産みました。

千葉県にある岩沢クリニックで出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

主人はなかなか休みが合わず毎回は一緒に行けませんでした。

検診の時にエコーの写真を一枚いただくのですが、主人と一緒にいった日はあまり顔が見えませんでした。

とりあえず全身が写ったエコーを貰ったのですが、そのあと先生が「お父さんにお顔見せてあげたいね」ともちょっと粘ってくれて、バッチリ目線の写真が撮れました。

「良かったね、もう一枚おまけであげるね」とその写真をくれて、その後もずっとその写真を眺めていた主人の様子がなんとも嬉しくて印象に残っています。

2.お産の体験

出産予定日から1週間が過ぎても陣痛が来なかったので、入院して陣痛促進剤を点滴してもらいました。

1日目は結局微弱陣痛で終わり、2日目に入りました。

2日目の朝の診察の時に臍帯が胎児の首のあたりにあるので絡まると危険だから様子をみて、危険であれば帝王切開に切り替えましょうと言われました。

そのあとも促進剤を点滴していたのですが、微弱陣痛が続き15時過ぎの診察でもまだ子宮口が開いておらず、陣痛も来ない状況でした。

臍帯がやはり首もとにあるままなので、もう2,3時間だけ様子をみて陣痛が来ないようなら帝王切開にしましょうと言われ、母と主人に病院へ来てもらうよう連絡しました。

連絡してまもなく今までとは比べ物にならない腹痛を感じ、陣痛だとわかりました。

ナースコールをして子宮口を確認してもらおうとした時破水しました。

あまりにも急に物事が進み、あれよあれよと分娩台に移動。

それから40分後に生まれました。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

頑張って出てきてくれてありがとうという気持ちと、元気な産声を聞けてホッとした気持ちでした。

4.入院中の体験

入院中は腰が痛くて元気がなかった私をみて、助産師さんがトコちゃんベルトを巻いてくれました。

巻き方が少し難しいためすぐには慣れなかったのですが、助産師さんがちょこちょこ様子を見に来て巻き直してくれしました。

ストレッチの仕方を教えていただきとても楽になりました。

それでも夜は腰の痛みであまり眠れませんでした。

寝不足で疲れてしまっていた私に、「しんどかったらナース室に赤ちゃん預けて少しゆっくり寝てみたら?」と提案してくれました。

おかげで日中に少し寝ることが出来て、心にも余裕がもてました。

5.岩沢クリニックで産んで「よかったな!」と思う体験

院長先生をはじめ、受付の方、助産師さんも人柄が良くて声が掛けたすくて助かりました。

私は人から勧められてこの病院にしましたが、病院内も清潔感があり人に勧めたくなる気持ちがわかりました。

退院時もお見送りしてくれて嬉しかったです。

6.通院・入院中の「残念」な体験

思い返してもあまり残念なことは浮かんできません。

強いて言えば、促進剤を点滴していた部屋に母もいてくれたのですが、出入口に椅子を置いて座っているしかなく、邪魔になっているのではないかと気になって、申し訳ない気持ちになったなぁというくらいです。

【都道府県別】出産体験記が読める産院・病院一覧
先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

岩沢クリニックについて

2017年3月に第1子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

職場の先輩が利用して良かったという声が多く、食事が美味しいと評判だったからです。

スマホからの予約システムがあって便利だと思い決めました。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

平日は空いており、30分も待ちませんでした。

緊急の患者さんがいると検診がストップして2時間くらい待つこともありました。

でも事務の方の対応がよいのでストレスを感じることはなかったです。

お待たせしたお詫びにとポケットティッシュをくれました。

3.費用はどれくらい?

妊婦検診は一回2,000円が大半で、実費が0円の時や500円の時が数回ありました。

入院費用は62,000円ほどでしたが、分娩予約金として5万を支払っていたので退院時は12,000円で済みました。

大きいお部屋を利用するとプラス30,000円くらいだったと思います。

4.主治医の先生はどんな人?

院長先生は最初は「無愛想なのかな?」と思いましたが、いつも不安に思っていることを質問すると現状をわかりやすく説明してくれた上で、「焦らずいきましょう」といってくれたので検診に行くとホッとしました。

代診の先生もエコーで顔が分かりやすいように見せてくれたり優しい方でした。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

「臍帯が首に絡まってしまったらどうしよう。」と不安を抱えたまま早く陣痛がこないかとベッドに横になっていました。

でも明らかに前日より元気がないように見えたのか「どうしたの?」と気にかけてくれた助産師さんがいました。

分娩後も「頑張ったね」とずっと声をかけてくれました。

6.入院中の食事はどうだった?

3月だったこともあり、ちらし寿司や桜のお茶など季節感のある食事でした。

美味しい上に、食器も素敵なものばかりで目でも楽しめる食事でした。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(〇)3Dエコーあり
(〇)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(×)両親学級あり
(〇)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(〇)大部屋あり
(〇)個室シャワーあり
(×)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(×)食事用のラウンジあり
(×)売店あり
(×)小児科併設あり
(〇)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(〇)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(〇)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(〇)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(〇)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな母乳指導された?

乳房を少し持ち上げて赤ちゃんにくわえさせてあげると上手に飲めると教わりました。

授乳しているときの手の位置なども丁寧に教えてもらいました。

10.退院後に助産師さんに相談したこと

昼夜逆転してしまっていたので、それを相談したら夜寝るときにタオルでミイラみたいに巻いてあげるとお腹のなかを思い出して寝てくれるかもとアドバイスをもらいました。

11.新生児健診のタイミング

生後1ヶ月後

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
特集

季節のコラム特集