【私の出産体験記】保坂産婦人科クリニックで産みました。

東京都にある保坂産婦人科クリニックで出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

毎回、エコーの写真をデータでくれるのですが 中々 お股の間を見せてくれなくて性別がわからなかったのですが、エコーを見るたびに可愛いなと思いました。

切迫流産になった時は夜だったのですが、電話をすると「いま来ても、明日の朝でもダメな時はダメだから朝に来なさい。」と言われた時はショックでした。

そのまま朝まで待ち朝一で行ったのに、急を要する患者とは扱われず、いつものように2時間待ちました。

具合も悪く最悪でした。

また、妊娠後期の触診は毎回痛くて怖かったのを覚えています。

2.お産の体験

予定日の明け方に破水をしました。

主人を起こし、病院に電話をした所「入院の支度をしてくるように」と言われたため登録してあった妊婦タクシーを呼びました。

支度してあった入院用バックを持ち、タクシーに乗りました。

妊婦タクシーは、行先の病院を登録してあるため無言でいても病院まで連れて行ってくれるものなのですが、なんとドライバーさんがこのあたりの人ではなかったらしく道に迷い10分でつくところを1時間かけて行きました。

到着して、診察したところ陣痛促進剤を使いましょうと言われました。

しかしこれが悪かったのか、私は5時間ほど陣痛と陣痛の合間の嘔吐に見舞われました。

子宮口もなかなか開かず、赤ちゃんも降りてこず、心音も下がり、わたしも赤ちゃんも危険になりつつあったようで、先生に「緊急帝王切開にしましょう!」と言われました。

帝王切開が決まってからも、陣痛と吐き気は続き、麻酔の注射の痛みも分からなかったです。

麻酔が効いて、赤ちゃんが出て着た時には安心して涙が出ました。

麻酔が切れるまで嘔吐も続きました。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

私は目が悪くて眼鏡がないと何も見えないのですが、「赤ちゃんよ」と言われた時に眼鏡がなくて、泣きながら「眼鏡をください!」と言いました。

初めて見た赤ちゃんは可愛くて仕方がなかったですが、なんだか実感もなかったです。

4.入院中の体験

帝王切開だったので、お産当日の夜中がとても痛くて寝返りも打てなかったので辛かったです。

また、高血圧になってしまい、光りを遮断され、携帯もテレビも赤ちゃんのお世話も全てを取り上げられてしまい、私は何をしているのだろうと暗闇でとても精神的に辛かったです。

赤ちゃんにおっぱいをあげたいとか、お世話したいとかずっと泣いていました。

病室の目の前が新生児室だったので、こっそり起き上がって我が子を見にいっていたのですが、みんなお母さんのお部屋に行っていて我が子だけがポツンといて本当にかわいそうでした。

5.保坂産婦人科クリニックで産んで「よかったな!」と思う体験

駅から近いので、妊娠後期まで安全に通院できました。

後は、ほぼ全室個室で家族も泊まれる部屋があるので不安で仕方がない時とかは泊まってもらえたのが良かったです。

陣痛の間も家族誰でも一緒にいれたので、母といれたのが心強かったです

6.通院・入院中の「残念」な体験

助産師さんが若干冷たく、こちらの気持ちをわかってくれない方が多かったです。

赤ちゃんが私のおっぱいに近づいて泣いた時に、「いやでもこれがあなたのママのおっぱいなのよ!」といわれた時は傷つきました。

また、看護師さん達が通路でおしゃべりをするので、うるさくて寝れなかったり、赤ちゃんが起きたりしまうことがありました。

【都道府県別】出産体験記が読める産院・病院一覧
先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

保坂産婦人科クリニックについて

2016年2月に第1子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

住んでいる近辺は産婦人科が少なく、ものすごく高額だった中、数駅離れてはいましたが費用が一番安かったからです。

余計なサービス、例えば祝膳とかマッサージ等が付いていませんでした。

また、個人病院で、立会い出産ができ、産後も母乳外来があったからです。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

土日は特に混んでいて2時間待ちは当たり前でした。

平日も1時間は待ちました。

予約制ですが、予約の意味はあまりないです。

3.費用はどれくらい?

妊婦健診な関しては、毎回自費はかかりませんでした。

何かトラブルがあって薬をもらったり診察したりすると数百円はかかりました。

分娩の費用は帝王切開だったので65万円ほどかかりましたが、自費は20万円くらいでした。

4.主治医の先生はどんな人?

おっとりしていて、特に問題ない時には、こちらから何か質問しない限りは何の説明もない先生でした。

ただ、切迫流産の際にはとても細かく、優しく対応してくれて、安心できるように薬も1つ1つ説明してくれました。

分娩の時も明け方だったのでパジャマにボサボサの頭で飛んできてくれました。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

嘔吐を繰り返す私の髪の毛を、自分の髪留めで止めてくれて、「辛いね痛いね」と言いながらずっと励ましてくれました。

帝王切開の麻酔の時も、「痛いからね。力いっぱい私の腰にしがみついていいからね!もう少しだからね!」と言ってくれました。

6.入院中の食事はどうだった?

とにかく量が多くて驚きました。

朝昼晩の他にオヤツと夜食付きでした。

味は美味しかったのですが、陣痛中にトンカツが出てきた時はさすがに「たべれないわ!」と笑いました

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(〇)3Dエコーあり
(〇)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(×)両親学級あり
(×)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(〇)大部屋あり
(×)個室シャワーあり
(×)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(×)食事用のラウンジあり
(×)売店あり
(×)小児科併設あり
(〇)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(〇)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(×)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(〇)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(×)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな母乳指導された?

赤ちゃんが大きく口を開けれるようにラグビー持ちがいいと教わりました。

左右5分ずつ飲ませるようにと言われました。

10.退院後に助産師さんに相談したこと

赤ちゃんが全く寝てくれず、24時間抱き続けなければならなかったのですが、「そのうち治るわよ!」といわれ、2ヶ月ほど横になって寝たことがない日々でした。

「相談しなさいね!」と言う割には、何も解決してくれませんでした。

11.新生児健診のタイミング

退院後の1ヶ月検診のみ

出産体験談が読める産科病院の一覧【東京都版】
先輩ママによる出産体験談が読める東京都の産科病院の紹介します。 産院選びや出産準備の参考にして下さい。 出産...