【私の出産体験記】福永医院で産みました。

大阪府にある福永医院で出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

追加料金を払い、4D撮影をしてもらいました。

赤ちゃんはいつも手で顔を隠していて上手く撮れませんでしたが患者が希望しているので病院側も半ば無理やり撮影してくれました。

写真を見るとなんだか幽霊みたいで怖かったです。

親に見せると「ホラーやなー。」と言われました。

出てきた赤ちゃんと見比べてもあまり似てないよーに見えたので、わざわざ撮らなくてもよかったかなと思っています。

2人目はやらないでおこうと考えています。

2.お産の体験

妊婦健診に行く日だったため、検診後に寄り道して帰ろうと思い、洗濯物を干して出掛けました。

健診になると急にNSTを行うとのことで周りの看護師さんたちがバタバタし始めました。

いつもより長くNSTことやってるなと思っていたのですが、急に先生が「赤ちゃんの心音が下がっています。首にへその緒が巻き付いています。このままだと赤ちゃんの状態が良くないかもしれないよ。今から切りましょう。」と言われ急遽帝王切開になりました。

今まで「順調だね。」としか言われたことがなくビックリしました。

手術が終わり無事赤ちゃんも産まれました。

すぐ帝王切開に踏み切る先生という評判があったので、「計画的に切られたんじゃないかしら?」という疑惑を抱きましたが、帝王切開が多いなら腕も確かだからいいかなとも思いました。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

帝王切開でしたので全身麻酔でした。

途中で血圧が下がってしまい、とても気分が悪くなってしまいました。

看護師さんに「赤ちゃん産まれたよ~」と言われましたが,朦朧としていたので正直それどころではありませんでした。

落ち着いてから改めて見ると自分から赤ちゃんが出てきたことが不思議でした。

可愛いと思い始めるのに3日ほどかかりましたが、今では目に入れても痛くないほど可愛いです!

4.入院中の体験

産院のご飯はおいしいと聞いていたので手術が終わりほっとしながら配布された入院スケジュールに目を通すと、明日の夜から食事になっていました。

点滴をしているのてお腹は空かないのにも関わらず、その日は大食い番組に目が釘付け。
そして、待ちに待ったご飯の時間になり、運ばれてきたものを見てみると「むむむむ!どれがお茶?どれがご飯?これ何?」

10倍粥でした。

ショックで仕方なかったです。もちろん食べた気がしませんでした。

だんだんと5倍粥,3倍粥と粒は大きくなっていきましたが、3日ほどはお粥でした。

やっと普通食を食べられるようになったときはとっても嬉しかったです。

普通食はとっても美味しく、お腹いっぱいになるくらいのボリュームで大満足でした。

5.福永医院で産んで「よかったな!」と思う体験

妊娠中にバルトリン腺炎になってしまい、出産後に手術することになっていました。

先生が1人しかいない病院なのですべて1人の先生が見てくれたのでとても安心でした。

また入院はすべて個室なのでプライベートもあり入院生活もゆったり過ごせました。

6.通院・入院中の「残念」な体験

待ち時間が長いことです。

予約番号の目安時間くらいに行くと30分から1時間程待ちます。

また、先生がとても心配性のようで少しでも異常があると検査が多くて支払いがかさみます。

私はガンジタが発見されてしまい、それの治療に産後も毎月、通院しました。

※検査結果で正常範囲から外れていた場合、再検査するのが一般的な対応です。

【都道府県別】出産体験記が読める産院・病院一覧
先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

福永医院について

2017年5月に第1子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

自宅から近く、友達もそこで出産したからです。

個人経営で先生が1人なのでアットホームな雰囲気が良かったからです。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

この病院は予約時間というのがなく予約番号制でした。

だいたい○○時に来てください。その頃が○番ですから。と伝えられその時間に行くとそこから30分から1時間ほどかかります。

午前中はまだマシですが午後診はとても混んでいます。

3.費用はどれくらい?

妊婦健診では検診内容にもよりますが1000円から3000円ほどだったと思います。

帝王切開で入院・分娩費用は42万円の補助を差し引くと16~8万円支払いました。

4.主治医の先生はどんな人?

おじいちゃん先生で、いつも同じテンションでした。ゆっくりニコニコ話してくれます。
しかし、少し心配性なようで少し異常があると検査、検査と治療費がかさみます。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

先生の奥さんで、私の血圧が下がり意識が朦朧としていると声をかけてくれました。

「しっかり呼吸して!呼吸に集中して!はい!吸ってー!吐いてー!」ってずっと声を掛けてくれたのでなんとか乗り切れました。

6.入院中の食事はどうだった?

帝王切開でしたので、手術直後は絶食でした。

翌日の夜からお粥が3日ほど続きやっと普通食になりました。

ボリューム満点で品数も豊富です。

豪華と言うよりも家庭的な感じでしたがとても美味しかったです。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(〇)3Dエコーあり
(〇)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(×)両親学級あり
(〇)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(×)大部屋あり
(×)個室シャワーあり
(×)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(×)食事用のラウンジあり
(×)売店あり
(×)小児科併設あり
(×)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(×)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(×)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(×)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(×)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな母乳指導された?

乳首全体をしっかり咥えさせるようにと指導がありました。

また赤ちゃんの抱っこの仕方を変えて吸う角度をかえると乳腺が詰まらないと教わりました。

片方5分ずつ2往復で授乳するように指導がありました。

10.新生児健診のタイミング

退院後2週間後に母親と赤ちゃんも検診がありました。

そのあとは生後1ヶ月後に検診がありました。

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
特集

季節のコラム特集