ジュニアシートはいつから使う?

ジュニアシートを使い始める年齢について解説します。

新生児から使用できるチャイルドシートを使っている場合には、子供の成長に合わせてジュニアシートに買い替える必要があります。

では、いつのタイミングでジュニアシートに替える必要があるのでしょうか?

ジュニアシートは何歳から使う必要があるのか?

goods90

1.体重が15kgになったらジュニアシートが使える

ジュニアシートには「チャイルド・ジュニアシート」「ジュニアシート(ハイバック型)」「ジュニアシート(簡易型)」という3つのタイプがあります。

「チャイルド・ジュニアシート」とは1歳頃から11歳頃までロングユースができるタイプです。

一方の「ジュニアシート」はハイバッグ型も簡易型も3歳頃から11歳頃まで使用できます。

「ジュニアシート」が車のシートベルトを使って子供を固定するのに対して、「チャイルド・ジュニアシート」は、5点式サポートベルトを使って子供をしっかりと固定することができるという違いがあります。

そして、「チャイルド・ジュニアシート」を使う場合は、成長したらシートベルトだけで子供を固定する「ジュニアシートモード」に変更することができます。

ジュニアシートも、チャイルド・ジュニアシートのジュニアシートモードも、使用可能な適用体重は15.0kg以上であるという共通点があります。

これは大手メーカーであれば全ての商品で同じです。

そして、標準的な体格の子供が体重15.0kgを超えるのは、男女ともに4歳0カ月~6カ月頃です。

大きめの子供であれば3歳からでもジュニアシート(モード)を使うことができますが、平均的には4歳からジュニアシート(モード)を使うと考えてよいでしょう。

以下の表は、大手メーカーのジュニアシートの適用範囲を一覧にしています。

※実際に使用する際には、必ずお持ちのジュニアシートの取扱説明書で確認して下さい。
チャイルド・ジュニアシートの一覧(ジュニアモードの適用体重を記載)

メーカー 体重 主な商品
アップリカ 15~36kg フォームフィット、エアグルーヴ
コンビ 15~25kg ウィゴーロング サイドプロテクションEG HH、ママロン
コンビ 15~36kg ジョイトリップ
エールベベ 15~25kg Swing Moon、Saratto Swing
エールベベ 15~36kg SARATTO CRUISE、SARATTO 3 STEP Quattro、SARATTO 3 STEP V3
グレコ 15~36kg マイルストーン、エアホップ
リーマン 15~25kg カイナ
リーマン 15~36kg フィーカDX

ジュニアシートの一覧

メーカー 体重 主な商品
アップリカ 15~36kg エアライド、マシュマロジュニアエアー8サポート、マシュマロジュニアエアーサーモ
コンビ 15~36kg ジョイキッズ ムーバー、ムーヴフィットジュニア ブースターシート
エールベベ 15~36kg SARATTO CRUISE HIGH BACK、SARATTO Jr
グレコ 15~36kg ジュニアプラス DX、コンパクトジュニア
リーマン 15~36kg ハイバックジュニアエアロ
リーマン 15~36kg リーマンジュニア
タカタ 15~36kg takata312-i fix junior、takata312-smartfix junior、Child Guard Junior

2.チャイルドシートは体重18kgまで使える

自動車を所有している家庭のほとんどは、まず新生児(0歳)も使えるチャイルドシートの利用から始めていることでしょう。

大手メーカーのチャイルドシートは、全ての商品について体重制限が18kgまでとなっています。

標準的な体格の子供が体重18kgを超えるのは、男女ともに5歳6カ月~11カ月頃です。

また、身長についても使用上限の目安があり、メーカーによって異なりますが基本的には100cm105cmまでとなっています。

標準的な体格の子供が身長100cmを超えるのは、男女ともに4歳0カ月~6カ月頃で、身長105cmを超えるのは、男女ともに5歳0カ月~6カ月頃です。

ジュニアシート(モード)が平均的に4歳頃から使えることを考えると、やはり4歳になったらチャイルドシートではなくジュニアシート(モード)を使い始めたほうがよいと考えられます。

以下の表は、大手メーカーのチャイルドシートの身長・体重の適用上限値を一覧にしています。

※実際に使用する際には、必ずお持ちのチャイルドシートの取扱説明書で確認して下さい。
チャイルドシート

メーカー 体重 身長 主な商品
アップリカ ~18kg ~100cm ディアターン プラス、クルリラ、スムーヴTS、フラディア グロウ、クルリラ
コンビ ~18kg ~105cm クルムーヴ スマート、ネルームEG NF、ネルームlite EF、ウィゴーEG LG、ミニマグランデ、コッコロ
エールベベ ~18kg ~100cm KURUTTO NT2、360ターンS2
エールベベ ~18kg KURUTTO シェリール
グレコ ~18kg G-FIX、G-FLOW
リーマン ~18kg ~100cm パミオウーノ EX2、ソシエ 3、ソシエプラス 3、ピピデビューフォルテ、ネディLife
リーマン ~18kg ~105cm iA01、レスティロ
タカタ ~18kg ~100cm Child Guard 1.0、takata04-ifix、takata04-smartfix、takata04-neo SF、takata04-beans

チャイルドジュニアシート(チャイルドシートモードの上限値)

メーカー 体重 身長 主な商品
アップリカ ~18kg ~100cm フォームフィット
アップリカ ~18kg ~105cm エアグルーヴ
コンビ ~18kg ~105cm ウィゴーロング サイドプロテクションEG HH、ママロン、ジョイトリップ
エールベベ ~18kg ~100cm Swing Moon、Saratto Swing、SARATTO CRUISE、SARATTO 3 STEP Quattro、SARATTO 3 STEP V3
グレコ ~18kg マイルストーン、エアホップ
リーマン ~18kg ~100cm カイナ
リーマン ~18kg ~105cm フィーカDX

3.ジュニアシートは4歳になったら使う

これまで説明してきたようにチャイルドシートの身長制限と、ジュニアシートの使用可能体重を考慮すると、体重が15kgを超える4歳頃からジュニアシートを使い始める必要があります。

3歳の後半になったら、そろそろジュニアシートを購入するために商品の検討をはじめましょう。

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
特集

季節のコラム特集