【十五夜】子供と手作り「お月見」飾り―100均で安く!簡単に!―

「お月見」は日本の季節を楽しむ伝統的な秋の風物詩です。

間もなく十五夜ですが、子供たちとお月見を楽しむ準備はできていますか?

そこで、子供でも簡単にできる折り紙や粘土を使った「お月見」飾りの作り方を紹介します。

お月見飾りで準備するもの

tsukimi1
このようなお月見飾りを作ります。

お月見に欠かせない「満月」「すすき」「お団子」「うさぎ」をそれぞれ作っていきます。

準備する材料と道具は次の通りです。

【材料】

  • 画用紙(青か紫色)
  • 折り紙
  • 粘土
  • 牛乳パック
  • ティッシュの空き箱
  • 【道具】

  • はさみ(カッター)
  • のり
  • 定規(カードでも可)
  • サインペン
  • セロハンテープ
  • クリップ
  • 小さな丸い食器
  • 赤いペン(クレヨン)
  • 今回は、画像紙と粘土だけ100均で購入したので200円で済みました。

    それでは作り方を紹介します。

    十五夜のお月見飾りの作り方

    1.満月・すすき等の情景の作り方

    tsukimi2
    まずは、お供え物の背景となるこのような「情景」を作ります。

    tsukimi3
    青い画用紙と、黄色と白の折り紙を用意しましょう。

    tsukimi4
    黄色の折り紙を裏にして、丸い小鉢を乗せます。

    tsukimi5
    小鉢に沿って円を描きます。

    tsukimi6
    切り取った折り紙をひっくり返すと満月の出来上がりです。

    tsukimi7
    続いて黄色の折り紙の余りを使ってお星様を作ります。

    このように小さな丸い円を鉛筆で描きます。

    tsukimi8
    ハサミで切り取れば星は完成です。

    tsukimi9
    次に夜空の雲を作ります。

    白い折り紙に鉛筆で雲を描きましょう。写真のような雲にすると「和」の雰囲気が出ます。

    tsukimi10
    描いた雲を切り取りとって完成です。

    tsukimi11
    次にススキを作ります。
    雲を作った白い折り紙の端にススキを描きます。
    細かく描きすぎると切り抜きが難しくなるので、単純な形にしましょう。

    tsukimi12
    ススキを書いた紙に加えて、切れ端2枚とクリップ用意します。

    tsukimi13
    ススキを3つ同時に作るため、紙を重ねてクリップで留めます。

    tsukimi14
    絵にそってハサミで切りぬくとススキの完成です。

    tsukimi2
    作った「満月」「星」「雲」「ススキ」を画用紙に配置します。
    ススキの下に適当な大きさの「丘」を作ると見栄えがよくなります。
    また、雲は少し月にかかるようにすると風情が出ます。

    2.お供え物(お団子)の作り方

    tsukimi15
    続いてこちらのお供え物を作ります。

    tsukimi16
    牛乳パックとティッシュ箱を用意しましょう。

    tsukimi17
    まずは牛乳パックを使ってお供え物の台座を作ります。
    牛乳パックに定規(カード類でも可)とサインペンを使って線をひきます。

    tsukimi18
    このように1周するようにパックの底から少し上の部分に線をひきます。

    tsukimi19
    線にそって切り抜きました。

    tsukimi20
    牛乳パックの外面に好きな色の折り紙を張り付けると台座の完成です。

    tsukimi21
    次にティッシュ箱をつかって台座の上に乗せるお盆を作ります。

    ティッシュ箱を写真のように展開しましょう。

    tsukimi22
    ティッシュを取り出す穴がある面の「耳」をハサミでカットします。

    tsukimi23
    この「耳」をつかってティッシュ箱の裏面に線をひいていきます。

    tsukimi24
    「耳」を3か所に当てて、「耳」にそって線を引くだけです。

    これでお盆の展開図ができました。

    tsukimi25
    ハサミで線の外側を正方形に切り取ります。

    さらに、お盆を組み立てた時に糊付けする部分を作ります。

    2ヵ所はすでに存在しているので、他の2か所にハサミで切込みを入れましょう。

    tsukimi26
    糊付けをしてお盆を組み立てて、好きな色の折り紙を外面に貼ります。

    なお、台座とお盆は固定されていないのでグラグラしますが、お団子置くと安定するので心配いりません。

    tsukimi27
    さらにお盆の中に白い折り紙を入れて飾り付けをします。

    tsukimi28
    ここでようやく粘土の登場です。

    tsukimi29
    粘土にティッシュ箱の切れ端を使って15マスの線をつけます。

    tsukimi30
    このうち14個をちぎって丸めましょう。

    tsukimi15
    先ほどの台座の上にお団子を乗せればお供え物の完成です。

    3.粘土を使ったうさぎの作り方

    tsukimi31
    最後に余った粘土を使ってうさぎを作ります。

    tsukimi32
    まずは、11個の大小さまざまな団子を作ります。

    それぞれの団子は次の部分になります。

    特大1つ:胴体
    大1つ:頭
    中4つ:後ろ足、前足
    小3つ:耳としっぽ
    極小2つ:目

    tsukimi33
    特大の団子を軽く潰して胴体を置きます。

    tsukimi34
    大の団子を軽く潰して頭を乗せます。
    バランスがおかしければ、随時団子の大きさを調整してください。

    tsukimi35
    中の団子を細長くして後足を付けます。

    tsukimi36
    小の団子を胴体の後ろにつけて尻尾にします。

    tsukimi37
    中の団子を気持ち小さくして前足を付けます。

    tsukimi38
    小の団子を細長く伸ばして、やや平らにし、耳をつけます。

    tsukimi39
    極小の団子を赤いペン(クレヨン)で塗ります。

    tsukimi31
    赤い団子を目として顔に付けると完成です。

    tsukimi40
    粘土が少し余ったので、小さなうさぎも作りました。

    母子うさぎです!

    tsukimi1
    情景をセロハンテープで壁に張り、お供え物とうさぎを手前に飾れば「手作りお月見飾り」の完成です!

    お疲れ様でした!

    はじめてでも2時間以内でできるかと思います。

    スポンサーリンク
    アドセンス
    アドセンス
    本日の人気記事

    本日の人気記事

    年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
    どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...