子供と公園・自宅で楽しめる10の水遊び

暑い夏は何といっても水遊びが楽しい季節。

毎日、プールや海に連れて行くわけにもいかないので、公園や自宅で手軽に楽しめる水遊びを紹介します。

公園で楽しめる水遊び

4-kids12

1.的当て水鉄砲

用意するもの
水鉄砲:1つ以上
空のペットボトル:3つ以上

水鉄砲でひたすらに水を掛け合うというもの楽しいですよね。

でも、そればかりだと特に大人は体力が持ちません。

そこで、空のペットボトル(紙パック)を準備して、10数えるうちに何個倒せるかを競ってみましょう。

全部倒せたら、少し離れた場所から水鉄砲を打つなどして難易度をあげていきます。

2.水運び競争その1

用意するもの
バケツ:2つ
コップ:1つ

大きなバケツを2つ用意して、1つのバケツに水を張ります。

コップを使ってバケツからバケツに水を運びます。

時間で計り、より早く水を移動できた人が勝ちです。

3.水運び競争その2

用意するもの
たらい:1つ

たらいに溢れるギリギリまで水を張ります。

水がこぼれないように公園を一回りします。

戻ってきたときにこぼれた水が少ない人が勝ちです。

小さな子供の場合は、たらいが大きいと重すぎるので、プラスチックのタッパーなどで代用しても構いません。

4.バケツ廻し

用意するもの
バケツ:1つ

誰もが一度はやったことがあるバケツ廻し。

バケツに水を入れて、腕でぐるぐると回転させるだけです。

小さい子供の場合は、砂あそびセットの小さなバケツでやるようにしましょう。

回転をどんどん遅くして、いつまで水がこぼれないか試してみましょう。

5.水入れ競争

用意するもの
水鉄砲:1つ以上
バケツ:1個以上

玉入れ競争ならぬ水入れ競争です。

バケツを少し高い場所に置いて、バケツ目がけて水鉄砲をうちます。

水鉄砲の水がなくなったら終了で、より多くの水を入れた人が勝ちです。

玉入れのようにパパと第2子、ママと第1子というようにチーム分けをして同時に競争するとより楽しめます。

また、水鉄砲を使わずに、コップなどに水をいれて、バケツに投げ入れるという方法でも代替できます。

自宅で楽しめる水遊び

toy6
ビニールプールやお風呂などで楽しめる水遊びです。

1.噴水

用意するもの
紙パック:1個以上

紙パック(またはペットボトル)に錐(きり)などで小さな穴をいくつも開けます。

水に沈めて取り出すと、小さな穴から水が出てきます。

穴の場所や大きさによって水の出方が異なるため、違いを観察してみましょう。

2.大きなおなら

用意するもの
大小さまざまなコップやバケツ

子供達は下ネタが大好き。もちろんオナラも!

どれだけ大きなおならが出せるか大きさの異なるコップなどを用意して試してみましょう。

大きなバケツを沈めて空気の塊がドッと出てくる様子は大人でもびっくりします。

3.ウォータースライダー

用意するもの
紙パック:3個以上

紙パックの頭と底、側面の1つをカッターで切って「樋(とい)状」にします。

これを3つ以上作って、ビニールテープ(できれば防水タイプ)でつないで、長い樋を作ります。

樋の上から、水と一緒にプラスチックのオモチャなどを流すと、おもちゃのウォータースライダーとして楽しめます。

スライダーを手で支えるのは、もちろんパパの仕事です。

4.宝探し

用意するもの
水に沈みそうなおもちゃ:1つ以上

お風呂に多めのぬるま湯(水)を張って、ミニカーなど水に沈みそうなおもちゃを底に沈めます。

そのおもちゃに手を伸ばして捕るという遊びです。

手を伸ばして顔に届くか届かないかくらいの水位にすると、だんだん水に顔付けることに対する怖さがなくなってきます。

まだ、水に潜れない小さな子供向けの遊びです。

5.シャボン玉

用意するもの
シャボン玉セット

水遊びとシャボン玉という子供が大好きな遊びの2大共演です。

お風呂場なら自宅でもシャボン玉ができるので、暑い日の遊びに最適です。

また、シャンプーや石鹸などを使って、シャボン玉が作りやすい液体を探すのも楽しいです。

くれぐれも無駄使いしないように監視しておきましょう。

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
本日の人気記事

本日の人気記事

年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...