お箸を使ってご飯を食べるための『5ステップ』トレーニング

2歳を過ぎると、大人が使っている「お箸」に興味持ち出す子供が増えてきます。

幼稚園や保育園を入園する前にお箸が使えるようにトレーニングを開始するご家庭が多いかと思います。

そこで、お箸を正しく使えるようにするためのトレーニング方法について紹介します。

いつからお箸トレーニングを始めるか?

4-kids8
子供の発達には個人差があるため2歳、3歳といった年齢(月齢)を明確に区切って開始する必要はありません。

子供自身が「お箸」に興味を持ち「やってみたい」という気持ちが出てきたら、その気持ちを尊重して挑戦させてみましょう。

子供は大人がやっていることの「真似」をしたがるものなので、自然とそのような時期が訪れます。

また、幼稚園によっては入園前にお箸を使えるようにする必要があります。

「期限」があるからといって、焦って子供に無理強いすると、かえってお箸や食事が嫌いになるなど逆効果になります。

お箸に自然と興味を持ち、自分でやってみたいと思う気持ちを引き出してあげることが大切です。

はじめての子供用「お箸」おすすめ10選―左利き用も紹介!―
幼稚園や保育園に通い始めると、お箸を使って給食を食べるようになります。 今までスプーンとフォークで食事をしていた子...

お箸の「5ステップ」トレーニング

【ステップ1】補助箸を食卓にならべて興味を持たせる

hashi1
3歳前後になると、紙を「ハサミで切る」「手で折る」などの指先を使った遊びが少しずつできるようになります。

同じ時期には、指先を使って「大人」がやるような難しいことに挑戦したいという気持ちもあらわれます。

食事の際に、スプーンやフォークと一緒に補助箸も並べて、子供の好奇心を刺激してあげましょう。

ハサミやクレヨンで遊ぶ楽しさを知っている子供は、必ず「やってみたい」と意欲満々で手に取ろうとします。

普通の箸ではなく補助箸を使う理由は、間違った「癖」を付けさせないようにするためです。

まだ箸を上手に使いこなせないうちから普通の箸を使うと、上手に食べ物を掴むことができないため、いわいる「握り箸」の癖が付きやすくなります。

一度、ついてしまった「癖」を矯正することは容易ではありません。

子供の「やりたい!」という気持ちは尊重しつつも、正しい箸の持ち方で挑戦できるように補助箸を用意してあげましょう。



エジソンのお箸 右手用 (2歳から対象)

【ステップ2】スプーンやフォークの「移行持ち」を促す

箸に興味を持つようになったら、補助箸に加えてスプーンやフォークを使ってお箸を正しく持つためのトレーニングをします。

スプーンを使い始めた1歳前後の時は、手の平を上にした「逆手握り」で持つ子供も多いですが、次第に手の甲を上にした「上手握り」でスプーンを使うようになります。

逆手握り

hashi2
上手握り

hashi3
そして2歳を過ぎると指先の発達に伴い「移行持ち」ができるようになります。

移行持ち

hashi4
移行持ちは、「『中指』にスプーンを乗せて、『人差し指』と『親指』を軽くそえる」という3本の指を使った持ち方です。

つまり、正しいお箸の持ち方と全く同じ握り方です。

「移行持ち」の習慣がつくように、やさしく手を添えて移行持ちでスプーンやフォークを使うように促していきましょう。

上手に「移行持ち」ができたら、いっぱい褒めて「やる気」を引き出していきましょう。

【ステップ3】普通のお箸を使ってみる

補助箸でもスプーン・フォークでも正しい持ち方でご飯が食べられるようになったら、いよいよ普通の箸を使います。

上手に「移行持ち」ができないうちから普通の箸を与えると「握り箸」になりやすいので注意しましょう。

すでにスプーンや補助箸で正しい持ち方の練習をしているので、普通の箸も「同じ持ち方だよ。」と伝えるだけで、比較的スムーズに正しく握ることができます。

次のような2段階でお箸を持つように、子どもの手をとりながら教えます。

1.1本目の箸はスプーンと同じように持つ

hashi5

2.2本目の箸は『親指の付け根』と『薬指』で支えるように差し込む

hashi6

最初の内は、食べようとするときに握り方が崩れてしまうことも多いため、もし間違った持ち方になっていたら握り直すようにやさしく促しましょう。

毎回、同じ手順でお箸を握らせるようにすれば、自然と正しい持ち方が身につきます。

【ステップ4】箸を使った遊びを楽しむ

正しく箸が握れたとしても、上手に食べ物を掴めるとは限りません。

食べ物は、それぞれ形状や硬さが異なるため、上手に持てる食べ物もあれば、そうでない物もあります。

特に普通の箸を持ち始めた時は、箸で食べ物を掴むため「指先の力」がまだまだ備わっていないため上手に使いこなすことができません。

そこで、食卓だけでなく、箸を使った楽しい遊びを通じて箸を使うための「指先の力」を鍛えるようにしましょう。

最初は、小さく切ったスポンジを使います。

2つのお皿を用意して、1つのお皿だけにスポンジを何個も入れて、もう一方のお皿に箸でつまんで入れるという遊びです。

スポンジは軽くて弾力性があり、しかも形状が安定していて滑りにくいので初めての練習に最適です。

成功すれば「できた!」という達成感を味わうことができ、「もっとやりたい!」という気持ちを引き出すことができます。

続いて、フェルトなどの滑りにくい生地や毛糸、丸めたティッシュペーパーなど様々なものをお皿に乗せてお箸で移動する遊びを繰り返しましょう。

様々なものを掴む遊びを通して、自然に「指先の力」が身につくようになります。

【ステップ5】上手くいかなければ補助箸やスプーンを使う

どうしても上手く箸が使えず、間違った持ち方で食事をしてしまうのであれば、そのまま悪い癖がついてしまう前に、一旦、補助箸やスプーンに戻りましょう。

3歳前後の子供がお箸を上手に使えないことはごく普通のことです。

焦らずに、最初からトレーニングをやり直しましょう。

一番大切なことは、正しく箸を持つことではなく、食事を楽しむことです。

上手にお箸が使えず、親が叱ってしまうような状況があるのであれば、楽しく食事をするためにも補助箸やスプーンを使って少しずつ練習をしましょう。