七五三の着物【女の子編】3歳と7歳のおすすめ着物

七五三のお祝いで女の子が着る「着物」について基本的な知識とおすすめの商品を紹介します。

一生に1度しかないハレの日を間違いのない着物で思い出に残しましょう。

七五三の着物の基礎知識【女の子編】

753_6

3歳と7歳で女の子の着物が違うのはどうして?

実は「七五三」と呼ばれるようになったのは大正以降のことで、それまでは異なる呼び方がありました。

「七五三」は、武家・公家の間で行われていた通過儀礼が起源です。

3歳の女の子と男の子が坊主頭から髪を伸ばし始める「髪置き」という儀式、5歳の男の子がはじめて袴(はかま)を着る「袴着」の儀式、そして、7歳の女の子がはじめて帯で着物を着る「帯解き」の儀式がもとになっています。

すなわち、歳を重ねるごとに大人と同じ身なりに整えていく儀式なのです。

そのため女の子なら3歳と7歳で七五三の着物が異なるのです。

3歳はどんな着物を着るの?

基本:着物、被布

小物:肌着、長襦袢(下着)、半衿、腰紐、白足袋、草履、髪飾り、巾着

まず、着物はお宮参りの時に揃えた「祝着」を使うことが基本です。

その上に襟(えり)付き「被布」を羽織ります。

被布は女性用の防寒着(コート)ですが、3歳の七五三では帯の代わりに正装として着用できます。

「祝着」を持っていれば、被布と小物を購入すれば一式揃うというわけです。

ところで、女の子の被布の姿が可愛いためか、最近では男の子用も見かけるようになってきました。

用語解説
肌着 :素肌に着るもの(シャツで代用可能)
長襦袢(ながじゅばん) :肌着の上に着るもの
半衿(はんえり) :長襦袢の衿に縫い付けて使う。衿の型崩れや汚れを防止する
着物 :上着。七五三ではお宮参りの祝着を用いるのが本来
腰紐(こしひも) :長襦袢、着物を腰に結んで固定する紐
白足袋(しろたび) :洋服でいう靴下
巾着(巾着) :小物を入れる小さな布袋

7歳はどんな着物を着るの?

基本:長着、帯

小物:肌着、襦袢(下着)、腰紐、半衿、帯揚げ、帯締め、志古貴、箱迫、扇子、白足袋、草履、袋物、髪飾り

7歳は基本的に大人の女性と同じ帯で締める着物を着ます。

ただし七五三の着物は「盛装」とも呼ばれ、着物以外に様々な小物を身に着けて、とにかく華やかに着飾ります。

代表的なものは「箱迫(はこせこ)」という小物入れと、「志古貴(しごき)」と呼ばれる飾り帯です。

用語解説
帯揚げ :帯の下に入れ帯の整える布
帯締め :帯の上に締める紐で、帯結びを固定して帯が緩まないようにするもの
志古貴(しごき) :帯の下部に巻いて、蝶結びにして左後ろに出す飾り帯のこと
箱迫(はこせこ) :本来はちり紙ケース。華やかな刺繍が施されており、見えるよう胸元に差し込むことで飾りとして使う
袋物 :巾着袋やバッグ

※3歳の用語解説も参照してください。

七五三の3歳用おすすめ着物

【京都きものcafe】小町 被布コート9点セット


amazon-link2

派手すぎないレトロな柄で、子供本来の自然なかわいさを演出してくれます。

小物がほとんど揃っているため、あとは肌着と足袋を用意すれば大丈夫です。

【マユミ】七五三 着物 3歳女の子被布セット



amazon-link2

被布コートは白を基調に小さな桜の刺繍が入っています。

主張しすぎない被布であるため清楚な女の子にぴったりです。

着付けのDVDが付いているので初めて着物を着せるママにも安心です。

七五三の7歳用おすすめ着物

【京のみやび】小紋柄 7歳着物セット


rakuten-link

豊富な柄の中からお気に入りのものを選ぶことができます。

バッグや箱迫、しごきなどの装飾小物を揃ったお得なセットです。

下着だけ用意すれば、すぐに着ることができます。

七五三だけではもったいないのでお正月にも着たいですね。

【京都瑠璃雛菊】四ツ身 7歳用お祝い着セット


rakuten-link

オシャレに気をつかう大人っぽい女の子向けの着物です。

着物に合ったビラかんざしと髪飾りもついて、ヘアスタイルもばっちり決まります。

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
本日の人気記事

本日の人気記事

年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...