年少用「ワークドリル」おすすめ10選―3・4歳の学習に最適!―

3、4歳といえば幼稚園では年少さんの年齢ですね。

そろそろ、勉強の習慣をつけた方がいいのではと思い始めるパパやママも多いのでは。

遊びの延長で「学ぶ」に慣れる、おすすめのワークドリルをご紹介します。

ワークドリルの選び方

4-kids17

1.「学ぶ」は楽しいと思えるドリルを

まだ能力や成長に個人差の大きいこの年齢ですので、親の焦りは禁物です。

まずは基本からスタートしてみましょう。

机に向かう、座る習慣をつけるだけでも、大きな一歩です。

学ぶことが苦手にならないように、大好きなキャラクターのドリルを選んでみたり、えんぴつを使わないでもできるドリルからとりかかるなど、一工夫してみるのもよいのでは。

シールつきのドリルであれば、頑張ったあとのシールをもらえる達成感がありますね。

2.幅広く?奥深く?

例えば、「かず」だけ、「めいろ」だけなど、ある分野だけをフォーカスしているドリルもあれば、ひらがな、数字、時計の読み方に、めいろなど、1冊で幅広く学べるものもあります。

まずは総合的に学べるドリルからチャレンジし、得意、不得意を見つけた後、重点的に学べるドリルを試してみるのもよいでしょう。

はじめてのドリル

1.【学研】ディズニーおけいこ 2・3・4歳


amazon-link2

なんといっても、この可愛い表紙のうえに全ページフルカラー!

ページを開くとキャラクターが次から次へと顕れて、まるで一緒にお勉強を応援してくれているみたいですね。

子供の大好きなシールを張りながら学んだり、お絵描きや間違い探しなどのワークもあります。

「ママ!プリンセスやりたいー!」と積極的に取り組むお子様が多いようです。

お子様のモチベーションがあがる内容が盛りだくさんで、楽しみながら学べるのがポイントです。

2.【学研】3~4歳 かいてけせるひらがな


amazon-link2

クレヨンやホワイトボード用のペンで書いても、ティッシュなどで消せるので、何度も繰り返し書くことができます。

紙とちがって破れにくく丈夫なのも、子供が使うものとして嬉しいですね。

内容は、線のおけいこ、清音46文字に加え、濁音、半濁音の練習など、楽しみながら運筆のおけいこや、言葉の習得ができる内容になっています。

3.【学研プラス】まちがいさがし


amazon-link2

はじめてのおけいこに取り組むのにぴったりの一冊です。

ひらがな、かず、時計、まちがいさがし、迷路など、楽しみながら学べる方法で、幼児期に身に付けたい力をグングン伸ばします。

楽しみながら机に向かう習慣がつくといいですね。

右脳(感覚、感性)トレーニングのドリル

4.【シルバーバック】七田式・知力ドリル みぎのう


amazon-link2

創造力、イメージ、直感力から右脳の能力を高めるドリルです。

七田式のドリルを使う際は、親は決してイライラしてはいけない。他人と比較しない。褒めて伸ばすなどの、ポイントがあるそうです。

「みぎのう」を含め、10種類の同シリーズドリルがあります。

いろいろ試してみるのもよいですね。

5.【日東書院】天才!右脳IQドリル


amazon-link2

1日たった10分間の本格的な右脳IQトレーニング。

右脳開発のトップトレーナーによって開発されたもので、簡単なビジュアル問題ながらも、右脳が活性化されます。

6.【講談社】能力開発ドリル 市川式IQトレーニング 3・4歳


amazon-link2

1日1問、図形、記号、概念の各分野から問題を解き、計12日間分の問題に取り組みます。

採点結果から、得意分野と不得意分野が分かる診断表がついています。

1日単位で問題が分かれているのは、勉強の区切りをつけるのにいいですね。

お受験向けドリル

7.【ひかりのくに】3~4歳の右脳+左脳ドリル


amazon-link2

有名小学校の入試問題にもよく使われるパターンを取り入れた問題を取り入れています。

右脳(感性)と左脳(知性)をバランスよく使えるように開発されたドリルです。

8.【幻冬舎エデュケーション】3・4歳のちえクイズ



この一冊で、学習初歩からお受験レベルのテストまで、大きなレベルアップを図れるように作られています。

復習テストつきのドリル、ワーク、テストの3部構成になっています。

お子様が新しいことを学ぶ際、認識→理解→記憶と進みます。

この3つの段階をスムーズにステップアップするのに役立つドリルです。

えんぴついらずのドリル

9.【学研】4歳 きりえこうさく


amazon-link2

大人気の学研の頭脳開発シリーズのひとつです。

お子様の発達段階に合わせて取り組めるよう、年齢別で分かれています。

切る、貼る、折るなど、手先を器用に使い、創造力を育てるおけいこです。

紙で手を切らないように、上質な紙を使っています。

上手にできたら、頑張りシールを貼って、褒めてあげてください。

10.【学研】陰山英男監修 早ね早おき朝5分ドリル おんどく・あんしょう


amazon-link2

日本語の美しさ、おもしろさに触れながら、音読、暗記、そして暗唱までできる力をつくるドリルです。

はじめはひらがなが読めないお子様でも、毎日おうちのかたと、音読から暗唱までを繰り返すことで、日に日に読めるようになるようです。

早口言葉や、干支、七草までも知らないうちに思えているなんてことも!