教科書に載っていない2歳児のイヤイヤ期を乗り切るテクニック

2歳の子を持つ親の最大の苦痛は「イヤイヤ期」に入った子供の相手ではないでしょうか?

ちょっと親が手を出そうとすると「イヤイヤ」、自分の思い通りにできないと「イヤイヤ」

体が大きくなり、運動能力も上がっているため、追いかけて、抱っこして、なだめるのも一苦労です。

そんなイヤイヤ期を乗り切るための子育て術について書いてみたいと思います。

イヤイヤ期は何故あるのか?

3-kids2

1.自我が大きくなる

自我が大きくなると、「自分のもの」「自分の場所」という意識が強くなります。

すると、何でも「じぶん、じぶん」といって、自分でやりたがったり、他人のものを横取りするようになります。

こうした行為に対して、大人は手を出したり、叱ることになります。

しかし、2歳の子供は、自我を制御する力が弱いため、大人に対して「イヤイヤ」と反抗します。

2.イメージと体の発達にギャップがある

2歳になると、おままごとなどの「ごっこ遊び」を始めると思います。

これは、目の前には存在しないものを頭の中で想像して遊んでいるのです。

イメージする力は成長によって新たに獲得した能力です。

なので、2歳の子供は、「こうしたい!」というイメージを持つことができます。

しかし、体の発達が十分でないため、イメージしたことが、必ずしも実現できるとは限りません。

例えば、「自分でお着替えするイメージがあるけれど、どうしてもボタンが留められない。」

こんな時に、癇癪(かんしゃく)を起こしてしまうのです。

3.自己中心的である

イメージすることができるようになったとは言え、まだまだ未発達の段階です。

具体的には「相手の立場に立って想像する」ということがまだできません。

「自分がこうしたい!」と思って行動することが、他人にどんな影響を及ぼすのか想像できないのです。

だから「イヤイヤ」と自分勝手に行動してしまうのです。

イヤイヤ期についてはこちらの記事も参考にしてください。

2歳~2歳6か月の体と言葉の発達について
自己主張が強くなりイヤイヤ期がはじまる2歳~2歳6か月。 体と言葉の発達についてまとめました。 体の発達 ...

イヤイヤ期の教科書的な対処法

毎日、イヤイヤをぶつけられる親は本当にたいへんです。

夜になって寝てくれると、本当にほっとします。

イヤイヤの子供に対してどう対処したらいいのでしょうか?

まずは、一般的に言われていることを紹介します。

1.子供を尊重し、やりたいようにやらせてみる

2歳は自我が芽生え、好奇心もますます旺盛になります。

何でも「ダメ」「ダメ」と言って、新しいことに挑戦したいという気持ちを否定することは極力避けましょう。

何でもやってみること通じて、新しい能力を獲得することができるのです。

また、「やさせてくれた」ということは、「親が自分を受け入れてくれた」という想いにつながり、安心感を生みます。

「やりたいようにやらせてみる」

とても大事なことだと思います。

本当はそうしてあげたいと、心から思っています。

でも現実として、共働きが当たり前になった現在の夫婦には、時間がありません。

限られた時間の範囲でしか、やらせてあげることができません。

2.子供の「できない」を受けとめる

イライラは、自分のやりたいイメージと、それを実現させるための体の成長が追いついていないというギャップから生じます。

だから、できない子供の心を受けとめて、勇気づける言葉を掛けましょう。

でも、現実のママ・パパの様子はこんな感じです・・・。

自分で着替えたい。でもボタンが留めることができない子供。

「できない、えーーん」

大丈夫だよ。もう少しでできるようになるよ、今回はママが手伝ってあげようね

「じぶんでやるのー、えーん」

それじゃ、ママが見ててあげるからガンバろっか?

「グスン、できない、えーんえーん」

だから、ママが今回は手伝うから

「じぶんでやるのー」

親として、何度も受けとめています。

抱っこもして、慰めています。

でも、毎回、同じところで躓いて、そのたびに「イヤイヤ」されるのです。

本当に疲れます。

3.いけないことは、しっかり叱る

叱るポイントは次のようなものです。

  • 即座に叱る
  • 目を見て真剣な顔で叱る
  • 何故ダメなのか、子供がわかる言葉で理由を教える
  • 叱るのは本当に大事です。

    ダメなことは、ダメとしっかり分からせないと、いつか大きなトラブルになります。

    では、2歳を叱ってみると、実際にはどうなるのでしょうか?

    例えば、食べていたおにぎりを床にぽいっと投げてしまったとき。

    「こらっ、食べ物を投げてはいけない!」

    子供の顔を自分に向けて・・・
    「ママが作ったんだよ、すごく悲しいよ。」
    「床に落ちたらもう食べれないし、ママが床を掃除しないといけなくなるの」

    (子供)「えへへへー」

    「笑わない!食べ物は大事にしないとダメ!」

    (子供)にやにやしながら、今度は、食べ残した、から揚げを「ぽいっ」

    だから、たった今、ダメって叱ったでしょ・・・。

    こんなことが毎日起きるのです。

    叱るのは大事だけど、毎日毎日、もう疲れたよぉ。

    教科書的な対処法は確かにどれも大切ではあるけれども、日々のめまぐるしい生活の中では、もっと即効性のある対処法がほしいところです。

    すぐに使える「イヤイヤ期」の裏ワザ的対処法

    2-kids5

    今回、教科書的でない、より実践的なイヤイヤ対処法をわかりやすく説明するために、1日に何度も行う生活習慣「手洗い・うがい」を具体例にしたいと思います。

    「手洗い・うがい」は次のような過程で行います。

    1.洗面所の踏み台に乗る

    2.軽く水で洗う

    3.石鹸をつける

    4.手をごしごしする

    5.水で流す

    6.コップに水を入れる

    7.水を口に入れる

    8.水を吐く

    9.6~8を3回繰り返す

    10.手を拭く

    2歳の絶賛イヤイヤ期の子供は、10個の過程の全てでイヤイヤする可能性がありますよね?

    例えば、「1」だと、そもそも洗面台に乗ってくれない。

    乗せようとすると「イヤイヤ」といって、走って逃げ回る。

    仕方ないので、捕まえて踏み台に乗せようとすると泣きながら暴れる・・・。

    そのたびに、教科書的な対応しますか?できますか?

    「手洗い・うがい」だけでも毎日3~4回ありますよ。

    正直、無理だと思います。

    そこで、裏ワザ的な方法を説明します。

    1.子供の0.5歩先に行け!

    この方法は、そもそも子供がイヤイヤしないようにするための方法です。

    イヤイヤ病は、第一に「自分がやりたい!」ことを、親が勝手にとめたたり、やり方を否定されたときに、よく発症します。

    なので、基本的に子供にやらせます。

    しかし、少し離れて見守るのは非現実的なので、子供の隣にぴったりくっついて、子供がやりたいことを0.5歩先に促すのです。

    具体的にはこうです。

    「2.水で軽く洗う」ことを子供にやらせると、どんどん水遊びにのめり込んでいきます。

    そんな時に、「ダメ」とか「早く石鹸つけなさい」と言ってはいけません。

    そうではなく、水で手を洗い流し始めて、遊び始める兆候が見えたら、すかさず親の手を差し出して、

  • 「はい、パパの手に石鹸つけてー」
  • 「自分にもつけてねー」
  • と行って、それとなく次に移行するように促すのです。

    「パパに石鹸つけるの私がやる!」みたいな感じで、水遊びを忘れて移行してくれます。

    ただし、子供の心の中で、水で手を洗う時間が短すぎる状態で、次の行為を促すと、やっぱりイヤイヤします。

    なので「0.5歩」だけ先に行くということが重要なのです。

    同じく「6.コップに水を入れる」時も、本人に任せると、水を入れては捨てて、入れては捨てて・・・と、何度も繰り返して、一向に水を口に入れようとしません。

    そこで「5」の手についた石鹸を洗い流したところで、

    「はい、パパとトコちゃんのコップに水を入れて、ぶくぶくしよー」

    と言って、一緒にうがいをすると、上手に次の行為に移れます。

    つまり、子供の「これやりたい」という気持ちを、切れ目なく先んじて提供することで、子供の気持ちを尊重しながらも、大人が誘導したい方向に進めることができるのです。

    ただ、言うほど簡単ではありません。

    この方法を実現させるために必要なのは「観察力」です。

    子供の動きを細かいところまで「じーっ」と見つめて、遊びが始まりそうな0.5歩手前で、次の「やってみたい」を提供するという一流ホテルマン並みの観察力を鍛えなければいけません。

    実際には、毎日、子供の行為を注意深く観察していれば、自然に身についてくるはずです。

    多分、ある程度スポーツをやったことがある人であれば、数日で身につくと思います。

    上手い人のフォームをよく観察して、自分で再現するというスポーツの基礎練習とよく似ています。

    2.全てを遊びに持って行け!

    これも「1.子供の0.5歩先に行け!」と同じく、そもそも子供がイヤイヤしないようにするための方法です。

    結局のところ楽しければ、子供は自ら進んでやってくれます。

    でも、楽しいだけだと、次の行為に移ってくれないので、「1.子供の0.5歩先に行け!」と組み合わせることが必要です。

    具体的には、ご飯を食べ終わって、手洗い・うがいに行くとします。

    でも、洗面所の踏み台に乗ろうとしません。

    そんな時は、「ごちそうさま」をした直後、椅子から降ろす時に、

    「3,2,1じゃーんぷ」

    と言って降ろして、すかさず

    「おててを洗いにお散歩だー」

    といって、手を繋いで歌を歌いながら踏み台に乗せるのです。

    石鹸を手に付けさせるときも、

    「さあ、トコちゃん選手、石鹸を落とさずに手に付けられるかな??」

    といった感じで、1個1個の動作を遊びにしてしまいます。

    お水を口に入れて、吐くときも

    パパ「お水をペーしたら、3回だけ、びよよん星人があらわれるよー」

    子供「ぶくぶく、ぺー」

    パパ「びよよーーーん」

    このように、1つ1つの動作に遊びをくっつけることでイヤイヤせずにその動作で必要なことができるようになります。

    ただし、遊びが楽しいと次の行為に移れなくなるので、「3回だけ」と先に伝えなどして、心の準備をさせておきます。

    それでも、「もういっかい!」と言われるかもしれません。

    言われてしまうようでは失敗です。

    むしろ、言われる前に、「1.子供の0.5歩先に行け!」の考え方に基づいて、次の遊びを提供してください。

    何度も繰り返してやっていくうちに、大人も子供も慣れて、テンポが良くなります。

    今まで手洗う・うがいに5分もかかっていたのが、1分もかからずに素早くできるようになるのです。

    ただし、実践するには、子供をよく観察しつつも、次々と遊びを提供してくという、高い集中力が必要になります。

    少しでもタイミングがずれると「イヤイヤ」が始まるので要注意です。

    3.イラっとした気持ちのまま怒れ!

    しかし、残念ながら、これらの対処法は万能ではありません。

    現実的には、親が疲れていることや、子供の体調の問題で、うまくいかないことも多々あります。

    そこで最後は、「イヤイヤ」病が発症した時に、使える対処法です。

    さて、うがいをしていて、口の中の水を「洗面器」ではなく「床」に出したとしましょう。

    こんな時、「子供がやったことだから」と一歩引いて、冷静に叱る程度では、効果がないことは、実感としてわかっていることでしょう。

    むしろ、
    「はぁっ?何してくれてんの?そんなことしていいと思ってるの?(怒、怒、怒)」

    と、「イラっ」と半ギレして怒った後に、しっかり叱る方が、効果が高いです。

    むしろ、半ギレせずに、「ここはしっかり叱っておくか」みたいな気持ちで、目を見ながら叱ると、子供にとっては面白くて笑い出すということになりかねません。

    親の心の内からでる怒りを、そのまま声に現して子供にぶつけ、少し自分が冷静になったときに、しっかり叱ることの方が、しつけの効果を高めます。

    もちろん、何にでも半ギレして怒ればいいと言うものではありません。

    当たり前ですが暴力もいけません。

    何やっても怒るのであれば、子供は萎縮し、好奇心のまま挑戦するという気持ちが弱くなってしまいます。

    危ない行為や、社会のルールに背くような行為をしたときには、泣くくらいの強い口調でも怒って構わないです。

    (くれぐれも、泣かせろと言う意味ではありません)

    本日の人気記事

    本日の人気記事

    年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
    どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...
    スポンサーリンク
    アドセンス
    アドセンス