2歳~2歳6か月の子供がしゃべる言葉(実例)

2歳を過ぎると話せる言葉が一気に増え、簡単な2語文を話すようになります。

2歳(2か月)の女の子がどのような言葉を使っているか実例を紹介します。

言葉の発達は個人差がある

2-kids3

まず、言葉の発達については、個人差が非常に大きいです。

この記事はあくまで「かわイク編集部員」の娘である1人の女の子の実例であり、この記事を読まれている方の子供が、実例の言葉をしゃべらないからといって、心配する必要はありません。

こちらの2歳の発達に状況に書いた記事も参考にしてください。

2歳~2歳6か月の体と言葉の発達について
自己主張が強くなりイヤイヤ期がはじまる2歳~2歳6か月。 体と言葉の発達についてまとめました。 体の発達 ...

1語で話せること

2歳~2歳半の子供は、話せる単語数が300~500語程度になると言われています

1.名詞

言葉は、基本的に日常生活の中で覚えるものと、遊びの中で覚えるものに大別されます。

日常生活

  • 人物(おかあさん、おとあさん、せんせー、自分や友達の名前)
  • 食べ物(りんご、ニンジンなどの材料名、カレー、ラーメンなどの料理名)
  • 体の部位(おめめ、鼻…)
  • 道具(スプーン、テレビ、かさ、トイレ、歯磨き…)
  • 指示語(あっち、これ…)
  • 友達の名前も5,6人は言えるようになります。
    食べ物は、よく出てきて、好きな料理名であれば言えるようになります。

    遊び

  • 乗り物(消防車、救急車、パトカー…)
  • 動物(猫、パンダ…)
  • キャラクター(アンパンマン、しまじろう、わんわん…)
  • おもちゃ(絵本,お絵かき,ふうせん…)
  • 乗り物は、車であれば「ぶーぶー」ではなく、特徴を見分けて区別して言えるようになります。

    2.動詞

    生活でよく使う基本的な動詞は一通り話すことができます。

    食べる、見る、聞く、行く、来る、ほしい、あげる…

    ○○する
    (抱っこする、ジャンプする…)

    また、動詞は変化させて活用することができるようになります。

    例えば、「食べる」という動詞の場合は、以下のように使います。

  • りんご 食べる?
  • りんご 食べた
  • りんご 食べたの
  • りんご 食べたい
  • りんご 食べたかった(泣きながら)
  • りんご 食べさせて
  • 3.形容詞・形容動詞

    形容詞は、プラスの感情のときに使う言葉と、マイナスの感情の時に使う言葉がありますが、マイナスの感情の言葉を多く覚えているように感じます。

    プラスの感情

    おいしい、かわいい、面白い、あったかい…

    マイナスの感情

    こわい、いやだ、いたい、ない、あつい、つめたい…

    2語以上で話せること

    2-kids4

    2歳を過ぎると2語を用いて話せるようになります。

    また、少しですが会話も成立するようになります。

    1.2語文

    「名詞+動詞」

    「いちご、食べる」「バス、乗る」など、知っている名詞と動詞を自在に組み合わせてしゃべります。

    「が」、「を」、「て」などの助詞や、「です」、「ます」などの助動詞は使うことができません。

    その理由は、周りの大人が、子供に対して、助詞を使わずに話しかけてしまうため、あまり覚えないのだと考えられます。

    例えば、「いちご、たべる?」ではなく「いちごが食べたいですか?」と丁寧に話しかければ、助詞・助動詞も覚えて使うことができると思われます。

    「副詞+形容詞」

    子供を褒める時に大人が連呼する「すごい」という副詞を覚えています。

    「すごい」を使って「すごいかわいいの」と言うことができます。

    2.大人との会話

    大人の質問に対して返答ができるようになり、会話が成立するようになります。

    1人でおままごとをしていて・・・
    娘「みて!みて!スープ作ったの!」
    親「へー、美味しそうだね。何のスープ?」
    娘「ニンジンスープ作ったの!」

    保育所から帰ってきて・・・
    親「今日は、保育所で何したの?」
    娘「しゅー、したの」

    親「へー、すべり台ね。楽しいよね」
    娘「楽しかった!」

    親「誰と遊んだの?」
    娘「まおちゃん」

    親「何したの?」
    娘「お人形、おんぶしたの」

    大人が簡単な2語文で質問をすれば、意味を理解して返答することができます。

    ただし、次の日も、その次の日も、全く同じ返答が来ることがあります。

    返答はするけれども、多様な表現はできません。

    また、会話をしているようで、口真似をしているだけのことも多いです。

    親「かぼちゃ、もっと食べる?」
    娘「食べる」

    親「パジャマに着替える?」
    娘「きがえる」

    言葉だけ聞くと子供に「食べる」「着替える」という意思があるように思えるかもしれませんが、実は「食べる」、「着替える」という言葉を真似ているだけでし。

    実際にその行為をさせようとすると「ナイナイ」と拒否します。

    3.歌

    歌自体は1歳から歌えます。

    2歳になると覚えている歌の数も増えて、しかも発音がより上手になります。

    しかし、歌詞の意味は理解していません。

    1歳と同じように、楽しくて口真似をしている歌がほとんどです。

    そのため歌詞を間違って覚えていることが多いです。

    また、場面に応じて歌を選んで、一人で歌い始めることもあります。

    たとえば、パジャマを着る時に「パジャマでおじゃま」を歌います。

    歌は、親が歌ってあげるほか、保育所やCD、テレビで覚えます。

    こいのぼりや、七夕など、季節のイベントごとに新しい歌を覚えて、数がどんどん増えていきます。

    親が知っているだけでも、20~30曲は覚えているようです。

    4.聞き取れないが何かをしゃべり続ける

    2歳になると大人の真似をするごっこ遊びが盛んになります。

    ごっと遊びの際に、喋り続けるとこがあります。

    ただし、何を言っているのかはよくわかりません。

    例えば、おままごとで料理をしているときに、

    娘「ニンジン切って、こっち入れて、塩入れて、〇%#××・・・」

    というように喋りながら、遊び続けることがあります。