2歳用「ワークドリル」おすすめ10選

おしゃべりやお絵かき、工作などが大好きになってくるのが2歳です。

今回は、2歳向けの親子で楽しめる学習教材をご紹介します。

2歳向けの学習教材の選び方

2-kids16

1.楽しくできるもの!

学習教材とはいえ、まだまだ2歳です。

文字ばかりや、いかにもお勉強といった感じのものではお子様のやる気はでませんよね。

かわいらしい絵柄であったり、お子様の好きなキャラクターものなど、まずは見た目からお子様の興味をもたせることが必要です。

また、シール遊びが大好きな子には何度も貼ったりはがしたりできるシールブックの教材もおすすめです。

一度だけでなく何度も楽しめるのが、長く使えていいですね。

楽しみながら学ぶことが一番です。

2.親子で楽しめるもの!

ママやパパが声をかけながら、問題を出しながらお子様と一緒に取り組める教材を選びましょう。

ママやパパの問いかけに答えることによって、お勉強の時間が楽しいものだと教えることが出来ます。

親子のコミュニケーションの時間にもなりますね。

3.ご褒美付きがうれしい!

小さなお子様はシールが大好き!

1ページ終わるごとに「ごほうびシール」が貼れるものであれば、よりやる気がでますよね。

シール台紙からはがす動作や、しっかりと枠内に入るように貼ることで、集中力や指先の訓練にもなりますね。

600円以下の2歳向け学習教材

1.【永岡書店】2歳 ママといっしょによーいどん!


amazon-link2

親子で一緒に楽しめる、2歳向けの書き込みドリルです。

2歳頃になると、クレヨンが上手に使えるようになる頃なので、楽しくできますね。

1ページ終わるごとにシールが貼れるようになっています。

子供はシールを貼ることが大好きなので楽しみになるし、できた!という達成感も得られますね。

2.【学研プラス】2歳 できるかなシールブック


amazon-link2

貼ってはがせるシールで、何回も同じドリルを挑戦することができます。

果物や積み木、動物などの絵合わせや形合わせをします。

同じような形のものでも、大きさや色の違いから判断することができるようになっています。

シール貼り遊びは好きな子が多いので、楽しく学べますね。

3.【学研プラス】2歳 ちえのおけいこシールブック


amazon-link2

シールを貼って遊ぶことが大好きな子にはとても嬉しいシールブックです。

150枚ものたくさんのシールで遊べます。

何度も繰り返し貼れるので、たくさん遊べますね。

小さなシールもあり、シール台紙からはがす・枠内にしっかりと貼るということが指先の訓練にもなりますね。

600円以上の2歳向け学習教材

1.【学研プラス】2歳 もじ かず ちえ


amazon-link2

見本の絵と同じ絵はどれかを考えたり、ひらがなをなぞってみたり、2つの絵のうち数が多いのはどちらかを考えることのできるドリルです。

ママやパパが問題を読んであげることで、親子のコミュニケーションにもなりますね。

「こっち!こっち!」と指をさしながら答えれば、お子様も楽しく学べます。

2.【学研プラス】2歳 めいろ


amazon-link2

クレヨンやえんぴつを持ち始めたら、運筆の基礎を身につけることのできるめいろ遊びがおすすめです。

道をたどって線を引くことに慣れてきたら、分かれ道のあるめいろなどにステップアップしていきます。

通れる道を見て考えながら、運筆の力をつけることが出来ます。

3.【学研プラス】2~4歳 はじめてのおけいこ


amazon-link2

同じ種類のものを線と線でむすぶ・道をなぞる・ひらがなをなぞる、といったことができるドリルです。

絵を見て考えながら、書く力を鍛えます。

直線だけでなく、くねくねとまがった曲線などにも挑戦できます。

集中力も鍛えられそうですね。

4.【学研マーケティング】ディズニー おけいこ


amazon-link2

ディズニーが大好きな女の子におすすめのドリルです。

ミニーちゃんやプリンセス達がかわいくて、やる気が出そうですね。

ドリルの内容は、まちがいさがしや、数や色の名前を覚えたり、同じ形のものを探したり線をひいたりと様々です。

子供たちが大好きなシールが100枚もついているのも嬉しいですね。

5.【学研プラス】2歳 かず


amazon-link2

絵を見て、同じ数のものを選んで線を引いたり囲んだりします。

しっかりと考えてから線を引くので、運筆や洞察力、集中力も身に付きます。

絵がとてもかわいらしいので、お子様も楽しくリラックスして取り組めそうですね。

6.【学研プラス】2歳 ちえ


amazon-link2

のりを使って貼り付ける作業や、絵探しや色の区別ができます。

「まわりと同じ色をぬりましょう」というページでは、自分の好きな色で好きなように塗るのではなく、きちんと指定されたものを塗ることで色の認識をすることができます。

はみだしたり間違えてしまっても、きちんと理解しているかを見ることが出来ますね。

7.【学研マーケティング】2歳 はじめてのくれよん


amazon-link2

くれよんが上手に使えるようになってから楽しめるドリルです。

同じ色のものを探したり、選んだりすることで色の認識力がつきます。

楽しく書いたり塗ったりすることで、筆圧も身に付きますね。

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
本日の人気記事

本日の人気記事

年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...