1歳が喜ぶ「絵本」おすすめ10選

「ワンワン」などの一語文や、「はーい」などのお返事ができるようになる1歳。

今回は、1歳の子向けのおすすめの絵本をご紹介します。

1歳の子向けの絵本の選び方

1-baby12

1.問いかけて遊べる絵本

物の名前や、「はーい」「ばいばい」などの一語文が上手に話せるようになるのが1歳です。

「これなあに?」と絵を見せながら聞いたり、絵本と一緒の行動を真似て遊びながら読み聞かせるととても喜んでくれます。

お話を読んで聞かせるだけでなく、お子様と一緒に声を出しながら読める絵本だと楽しいですね。

2.名前を覚えられる絵本

物の名前や、動物の名前を絵本を読みながら覚えることのできる絵本がおすすめです。

1歳になると、色々な物を指をさしながら「これなに?」と聞いてくるようになります。

興味を持ったものの名前はすぐに覚えて、すぐに言えるようになります。

普段見ることの多い犬や猫、バナナなどの果物はもちろん、絵本ならあまり見ることのできないカンガルーやくまなども覚えられますね。

3.あいさつも覚えられる!

物の名前だけでなく、ごあいさつやお返事も絵本で楽しく学ぶことが出来ます。

繰り返し絵本を読むことで、自然と時と場合に合ったごあいさつができるようになりますね。

楽しく覚えることができればお子様もママもうれしいですね。

仕掛け絵本

1.【木村 裕一】いいおへんじできるかな


amazon-link2

ひよこさん、ねこさん、かいじゅうさんたちが「はーい!」とお返事をする絵本です。

手をあげてお返事をすることを覚えたばかりのころの子は、お返事が大好き!

絵本と一緒に「はーい!」と元気いっぱいにお返事で着たら楽しいですね。

2.【木村 裕一】いただきますあそび


amazon-link2

こちらも同シリーズの、ごあいさつあそびができる絵本です。

「いただきまーす」と手のページをめくって食べ物をぱくり!

ごはんの前にはしっかりとごあいさつをすることを楽しく学べます。

離乳食が完了し、色々な物が食べられるようになる1歳ごろにおすすめの絵本です。

3.【木村 裕一】はみがきあそび


amazon-link2

こちらも同シリーズの絵本です。

歯が生え始めるのは、遅い子でも8か月齢頃には生えてきます。

歯が生えそろってきてしっかりとした歯磨きが始まる1歳ごろから読み聞かせるといいですね。

絵本で楽しくはみがきを学んだら、仕上げ磨きなどを嫌がってしまう子も楽しくできるようになるかもしれません。

4.【ディック ブルーナ】ミッフィーのどうぶつだあれ


amazon-link2

昔からずっと人気のあるミッフィーちゃんの仕掛け絵本です。

かくれんぼしている動物さんは誰かな?と、親子で楽しく読み聞かせができます。

穴からのぞくヒントをたよりに、頑張って答える子供はとてもかわいいですよ。

穴を触ったりお子様が自分でページをめくるのも楽しいですね。

仕掛けのない絵本

1.【かがくいひろし】だるまさんシリーズ


amazon-link2

だるまさんシリーズの3冊セットです。

「だ・る・ま・さ・ん・が」と揺れながら読んであげると、一緒になって楽しそうに揺れてくれます。

「めろんさんとぎゅー」「ばななさんとぽにん」など、絵本の通りにお子様と真似して遊ぶのもとても喜んでくれますよ。

2.【松野 正子】もうおきるかな?


amazon-link2

ねこさんやいぬさんが寝ているところから、ページをめくるとおおあくびをして起きる様子が描かれています。

本物に似せた絵で描かれているので、図鑑の様に動物の種類を覚えることも出来ます。

「ねこねこ、よくねているね」と読んであげているのを覚えて、自分でも言うようになります。

動物が親子で寝ている姿などがかわいくて、お子様の優しい気持ちも育ちそうですね。

3.【いしかわ こうじ】あかちゃんはーい


amazon-link2

あかちゃんが、はーい

あかちゃんが、ぱちぱち

など、絵本の赤ちゃんと同じ動きをしながら読むととても楽しめます。

絵だけを見せて、「これなにしてる?」と聞くと真似してやってみせてくれますよ。

4.【かんざわ としこ】ここよここよ


amazon-link2

いろいろな動物が出てくる絵本です。

動物の種類や名前を覚えることも出来ますね。

動物の赤ちゃんが、お母さんの陰に隠れている姿がかわいらしいです。

親子の仲良しな姿が描かれていて、優しい気持ちで読むことが出来ますね。

5.【キヨノ サチコ】ノンタン もぐもぐもぐ


amazon-link2

昔から人気のある、ノンタンシリーズの絵本です。

離乳食が完了に近づき、食べられるものが増えた頃に見せてあげると喜んでくれそうです。

「食べているのは何かな?」と聞きながら読んであげて、答えてくれると楽しいですね。

「おやつのあとはぶくぶくぱっ」で、歯磨きの習慣も学ぶことが出来ますね。

6.【なかや みわ】だれかな?だれかな?


amazon-link2

いろいろな動物の一部分だけを先に見せて、「だれかな?」とクイズの様に楽しめる絵本です。

何度も読んで覚えたり、動物の名前をしっかり覚えたら大きな声で答えを言えそうですね。

問いかけながら読み聞かせることが出来るので、親子でわいわい盛り上がりながらの絵本タイムが過ごせますね。

本日の人気記事

本日の人気記事

年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...
スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス