「卒乳中」「卒乳後」の乳房ケアの方法

卒乳は赤ちゃんだけでなく、ママにも必要です。

大切な乳房を卒乳中からケアすることで、乳腺炎などのトラブルを回避しましょう。

卒乳中のケア

1-baby6

1.断乳しないことが重要

卒乳によるトラブルとして多いのが乳腺炎

母乳がたくさん分泌されている状態で急に断乳すると、母乳が貯まり過ぎて乳腺炎になることがあります。

そのため、卒乳する際には、思い立ったように突然断乳するのではなく、1か月程度かけて、母乳を飲ませる量を徐々に減らして卒乳に導きます。

飲ませる母乳の量を減らす方法としては、まず、1回の授乳時間20分から15分、10分と徐々に短くしていき、その後、1日あたりの授乳回数を少なくすることで、「授乳間隔」を広げていきます。

こうすることで、母乳の分泌量が少しずつ減っていき、過度におっぱいが張って痛くなることを予防してくれます。

そして、母乳の回数が1~2日に1回程度になったところで、3日以上母乳をあげない「断乳」を実施して卒乳させます。

より詳しい卒乳方法についてはこちらの記事もご覧ください。

【完全版】年齢・状況別『卒乳の仕方』-断乳しないために-
母乳を卒業する方法は、様々にあります。 子供の年齢や性格、生活環境によっても異なりますので、複数のパターンで卒乳方...

2.おっぱいが痛かったら早めに受診を

とは言え、分泌量や乳管の太さなどには個人差があるため、どんなに気を付けていても乳房が張って痛くなることはあります。

母乳が痛くなったり、熱を持った場合には、早めに医療機関を受診しましょう。

受診するまでの応急処置として搾乳圧抜きをするとともに、塗れたタオルなどで冷やすと痛みが和らぎます。

医療機関を受診した際には、助産師さんに相談して、ママの体質・体調にあった卒乳方法を聞いてみましょう。

卒乳後のケア

milk1

1.「圧抜き」をして搾乳し過ぎない

ようやく子供が卒乳したとしても、ママの卒乳はこれから本番です。

おっぱいを吸わなくなっても、母乳はしばらく出続けます。

おっぱいが張ると、すぐに搾乳したくなりますが、頻繁に搾乳をすると乳頭が刺激されて、脳から母乳を出すように指令が出てしまいます。

そのため、1日に何度も搾乳するのではなく、1日に1回、2日に1回など、徐々に間隔をあけて搾乳するようにします。

もしも、おっぱいが張って辛い時は、少しだけ搾乳する「圧抜き」に留めます。

この時、おっぱいが部分的に固く張っているところがあれば、その部分を軽く圧迫しながら排乳することで、「しこり」にならないように予防します。

2.いつまで卒乳後ケアが必要か?

卒乳後のケアは「搾乳」の間隔が長くなって、ほとんど母乳が出なくなるまで続けます。

搾乳の間隔は、子供が卒乳した時の授乳間隔によって異なります。

何らかの事情で、突然、断乳したのであれば、母乳の分泌量が多いため1日に1回搾乳しても構いません。

一方、計画的に卒乳を行っており、卒乳直前の授乳間隔が1日に1回程度になっていたのであれば、すでに母乳の分泌量は減ってきているため、卒乳後の搾乳は2~3日に1回行うようにします。

その後、「3日に1回」から「1週間に1回」、「2週間に1回」、「1か月に1回」と搾乳の間隔を広げていきます。

間隔が広がっていくほど、搾乳する量もどんどん減っていきます。

そして、搾乳できる母乳がほとんどなくなると、ママも卒乳となります。

3.しこりを見つけたら

ケア中に「しこり」のようなものを見つけた場合の絞り方ですが、まず、搾乳前に痛くない程度にマッサージした後、固い部分を圧迫しながら搾乳します。

こうすることで、母乳が原因となっているしこりについてはある程度、取り除くことができます。

もし、「しこり」が取れないようであれば、2人目の出産のときに乳腺炎などのトラブルにつながる可能性もあるので、一度、医療機関(母乳外来・助産師外来など)を受診しましょう。


授乳中にできた「しこり」が取れない時の対処方法
母乳で育児をしていて「しこり」ができることは決して珍しくありません。 そこで、「しこり」ができてしまった時の対処法...
スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
本日の人気記事

本日の人気記事

年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...