抱っこ紐はいつから使用できるか?

抱っこ紐は商品によって適応年齢が異なります。

そこで、いつから抱っこ紐を使うことができるようになるのか「メーカー別」、「抱き方別」に解説します。

抱っこ紐はいつから使うことができるか?

0-baby98

1.月齢0か月の新生児から使える

結論としては、0か月の新生児にも使用できる抱っこ紐があります。

そのため早ければ、退院のために病院から自宅に移動する時に抱っこ紐を使うことも可能です。

実際に0か月から使用できる大手メーカーの抱っこ紐は以下の5種類となっています。

エルゴベビー ADAPT 対面抱き(縦抱き)で使用可能
エルゴベビー Bundle of Joy 対面抱き(縦抱き)で使用可能
エルゴベビー Original 別売りのインサートを装着すれば、対面抱き(縦抱き)で使用可能
アップリカ コランCTSクロスフィット 横抱きで使用可能
コンビ Sat fit4ウェイ 横抱きで使用可能

※2017年12月時点の調査に基づく

抱っこ紐についてはこちらの全メーカー商品比較記事を参考にしてください。

2017年版「抱っこ紐」人気メーカー全商品比較―エルゴ、アップリカ、他―
日本国内で「抱っこ紐」を販売している、エルゴベビー、アップリカ、コンビ、ベビービョルンの人気4大ブランドの全商品を一覧表...

2.月齢1カ月になると選択肢が広がる

0か月から使える抱っこ紐は種類が少ないため、選択肢がほとんどない点が悩みどころです。

月齢0か月(新生児)の場合、退院の時以外に外出する機会はほとんどないため、特別な事情がない限り、敢えて購入する必要はありません。

一方で月齢1か月以上に対応した抱っこ紐商品は豊富です。

しかも1カ月健診で赤ちゃんに問題がなければ外気浴を楽しむことができるようになるので、使うシーンも増えてきます。

アップリカであれば全商品が生後14日から使用可能となり、またベビービョルンの抱っこ紐も全商品について月齢1か月から使用することができるようになっています。

3.月齢4カ月からはほぼ全ての抱っこ紐が使用可能

もともと抱っこ紐は赤ちゃんの首が座るようになってから使用されていたものです。

しかし、抱っこ紐の高機能化が進んだことで、生後0か月から使用できるようになりました。

ただし、高機能化に伴い価格も高価になっています。

もし、首が座るようになる月齢4か月まで待てるのであれば安価な抱っこ紐を選ぶことも可能です。

月齢4か月から使えるようになる抱っこ紐は、エルゴベビーとコンビから販売されています。

例えばコンビの「セオッテ」という抱っこ紐であれば、おんぶと抱っこだけできるという最低限の機能性であるため、軽量かつ安価な値段で購入することもできます。

あの抱き方はいつからできる?

0-baby27
商品別に抱っこ紐が使用できる時期を解説してきましたが、続いて抱き方別の定期用年齢を紹介していきます。

1.横抱き

横抱きは、赤ちゃんの寝かせた状態で、首を支えながら抱っこする姿勢です。

首の座っていない赤ちゃんにとってはもっとも自然な体勢と言えます。

そのため生後0か月(アップリカは主に生後14日)から抱っこ紐を使って横抱きで移動することができます。

2.対面抱き(縦抱き)

対面抱きとは、赤ちゃんとママの顔が向かいあわせになる縦抱きのことです。

この抱き方は、基本的に首座りが完成する月齢4か月以降から推奨されています。

しかし、エルゴベビーやベビービョルンなどの海外の抱っこ紐メーカーでは、首回りのサポートをすることでエルゴは生後0か月、ベビービョルンは生後1か月から対面抱きが可能であるとしています。

3.前向き抱き(縦抱き)

前向き抱きとは、赤ちゃんの体を進行方向にして抱っこする縦抱きのことです。

対面抱きと同じく、首が座ったあとに可能になる姿勢です。

メーカーによって適用月齢が異なりますが、概ね5~6月頃から使用可能です。

ただし、前向き抱きは、首座りよりも「ひとり座り」ができることを目安にして開始したほうが無難です。

赤ちゃんの成長には個人差がありますが、ひとり座りは6カ月から8か月頃にできるようになります。

4.おんぶ

おんぶについても縦抱きと同じく首座りが完成したら可能になります。

日本のメーカーであるアップリカやコンビの抱っこ紐では生後4か月からおんぶでの使用が可能になります。

泣いている時に、あやしながら家事をするのにおんぶはとても便利です。

一方、エルゴ、ベビービョルンの場合は文化の違いなのか、おんぶの適用月齢がより遅くなっています。

エルゴは6カ月から、ベビービョルンは1歳からおんぶが可能だとしています。

赤ちゃんの様子を確認しづらい「おんぶ」は、欧米であまり好まれていないのかもしれません。

5.腰抱き

腰抱きとは、左右両方の腰で支える対面抱きよりも少し横にずらして、片方の腰だけで支える抱き方です。

ちょっとした移動の時に、片手でさっと抱きかかえることができます。

赤ちゃんよりも1歳半くらいから「抱っこしてー」とせがむようになった時に活躍します。

抱っこ紐では、エルゴとアップリカの商品で腰抱きが可能です。

適応時期は月齢6カ月からです。ひとり座りができるようになってから使用します。