いつまで沐浴をするの?―赤ちゃんを内風呂に入れるタイミング―

沐浴はいつまで続けることができるのでしょうか?

沐浴を卒業して、お風呂に一緒に入るタイミングや方法について解説します。

沐浴から内風呂にかえるタイミング

0-baby65
沐浴から内風呂にするタイミングに決まりはありません。

そこで、沐浴を卒業するよくあるきっかけについて事例を紹介します。

1.生後1か月になったら

生後1か月までは、抵抗力の弱い新生児を細菌の感染から守るために、大人と一緒に入らず、ベビーバス(沐浴桶)を使って入浴をさせます。

1か月を過ぎたら、いつでもママ・パパと内風呂に入ってよいため、基本的にはこのタイミングで沐浴を卒業します。

産院などで助産師さんに「いつまで沐浴すればいいか?」と尋ねると、生後1か月までと言われたママも多いのではないでしょうか。

2.赤ちゃんが重いと感じるようになったら

沐浴は生後1か月までなのですが、必ずしも内風呂に入れないといけないという決まりはないため、その後も沐浴を続けてしまうママも多いのではないでしょうか?

赤ちゃんだけでなくママも沐浴に慣れたことで、体を洗う、着替えをさせるなどもテキパキこなせるようになっています。

せっかく上手になってきたのに内風呂に入れるのはなんとなく気が重たくてできないといった感じではないでしょうか?

しかし、そのような状況が続く間にも、赤ちゃんはどんどん大きくなってきます。

生後3か月を過ぎると体重は生まれた時の2倍になります。

沐浴で背中やお尻を洗う時は、赤ちゃんを片手で支える必要があるため、この頃になると重くてたいへんと感じるようになります。

思わぬ事故が起きないとも限りませんので、重いと感じるようになったら、早めに内風呂に切り替えましょう。

3.ベビーバスに入らなくなったら

赤ちゃんは驚くような速さでぐんぐん成長します。

生まれたころは大きいと感じていたベビーバスも3~4か月もすると窮屈に感じるようになります。

ベビーバスの大きさにもよりますが、台所のシンクにも置けるようなコンパクトなサイズであれば、生後3カ月頃なると、お湯をたくさん入れても肩が出てしまうような状況になります。

どんなに遅くとも、ベビーバスで十分に温まれない状況になれば、沐浴を卒業せざるをえません。

一人で赤ちゃんを内風呂に入れる方法

0-baby49
なかなか沐浴をやめられないというママの中には、パパの帰りが遅いので自分1人でお風呂に入れられるか心配だという人も多いのではないでしょうか。

そこで、1人でも赤ちゃんを入れる方法を紹介します。

1.ママが洗っている間の待たせ方

ママ(パパ)が1人で赤ちゃんをお風呂に入れる場合のポイントは、ママが洗っている間どのように赤ちゃんに待ってもらうかということです。

方法は主に3つあります。

居室で待ってもらう

寝返りができる前であれば、寝室やリビングなどの居室に寝かせておき、ママが先にお風呂に入って洗い終わったら、一旦、体を拭いて、赤ちゃんを入浴させます。

寒い冬で脱衣所に暖房がない場合に行う方法です。

脱衣所で待ってもらう

脱衣所にバスマットやバスタオルを敷いて、そこに赤ちゃんを寝かせて待ってもらいます。

ハイローチェアなどがある場合は、それを使います。

お風呂のドアを開ければすぐに赤ちゃんがいるので、ママが体を拭く必要がない上に、泣き声も良く聞こえるので安心してお風呂に入れます。

最も一般的な待たせ方の一つです。

洗い場で待ってもらう

浴室の洗い場で裸になって待ってもらいます。

冬は洗い場が寒くないように浴室暖房で温めるか、シャワーのお湯を洗い場全体に流して温めます。

洗い場で赤ちゃんに待ってもらう方法は3つです。

1つは、沐浴で使っていたベビーバスにお湯を貯めて座らせておく方法です。

ただし、ベビーバスがお座りできる形状でない場合には使うことは出来ません。

2つ目は、クッション性がある赤ちゃん用お風呂マットを洗い場に敷いて、そこへ寝かせるという方法です。

暖房が付いていても水分が蒸発する時の気化熱で体の表面温度が下がってしまうため、ママは洗っている途中でお湯を時々赤ちゃんにかけてあげましょう。

3つ目は、生後5~6カ月頃から使えるお風呂用のベビーチェアを購入してお座りさせるという方法です。

2.赤ちゃんの洗い方

続いて、お風呂場で赤ちゃんの体を簡単に洗う方法を2つ紹介します。

胡座(あぐら)の姿勢で抱っこしながら洗う

洗い場の床にあぐらの姿勢で座って、赤ちゃんを抱っこしながら洗います。

足で赤ちゃんの体を絶妙に動かすことができるので、背中やお尻も簡単に洗うことができます。

なお、バスチェアに座って洗うと、不安定で赤ちゃんを落とす可能性があるのでやめましょう。

洗い場の床に直接座ることに抵抗がある場合には、お風呂マットを使うと良いでしょう。

お風呂マットに寝かせて洗う

お風呂マットに寝かせて洗います。

お尻を洗う時は、オムツを交換する時のように両足を持ち上げて洗います。

また、背中は左右それぞれ半身(横)の姿勢にして洗います。

抱っこする洗い方よりもママの両手が自由に使えるため素早く洗うことができます。

首が座ったら、うつ伏せの姿勢にして洗うと背中もおしりもより簡単に洗えるようになります。

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
本日の人気記事

本日の人気記事

年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...