赤ちゃんにおすすめの「おやつ」ベスト20

まだ離乳食を食べている赤ちゃんにおすすめの「おやつ」を20種類紹介します。

カミカミ期(1歳未満)におすすめのおやつ

food24

1.おやつ

1.プレーンヨーグルト

プレーンヨーグルト(100g当たり)
エネルギー : 62Kcal
タンパク質 : 3.6g
炭水化物 : 4.9g
脂質 : 3.0g
カルシウム : 120mg

カルシウムが豊富で様々な食材・飲み物にも合う定番のおやつ。

さらに果物やコーンフレークなどをトッピングすることで様々な栄養素を補給することができます。

2.チーズ

プロセスチーズ(100g当たり)
エネルギー : 339Kcal
タンパク質 : 22.7g
炭水化物 : 1.3g
脂質 : 26.0g
カルシウム : 630mg

タンパク質とカルシウムが豊富で成長期の赤ちゃん・子供にぴったりなおやつ。

ただし、カロリーと脂質も高いため、商品の成分表示をしっかり確認して、1歳未満であれば50kcal以内の量に制限して食べさせるようにしましょう。

3.さつま芋

さつま芋(100g当たり)
エネルギー : 134Kcal
タンパク質 : 1.2g
炭水化物 : 31.9g
脂質 : 0.2g

ほんのりとした自然の甘みで腹持ちが良いため、おやつに最適です。

「手作り派」のママにとってはなくてならない食材ですよね。

1歳前後だと、さつま芋の「ぽそぽそ」とした食感は食べにくいため、粉ミルクや牛乳などで伸ばして食べやすくしてあげましょう。

4.かぼちゃ

かぼちゃ(100g当たり)
エネルギー : 60Kcal
タンパク質 : 1.9g
炭水化物 : 13.3g
脂質 : 0.1g
β-カロテン : 810μg

野菜でありながら甘みがあるためおやつの食材になります。

野菜なのでβ-カロテンが豊富です。

さつま芋と同様に、レンジでふかして粉ミルクや牛乳などで伸ばすと食べやすくなります。

5.バナナ

バナナ(100g当たり)
エネルギー : 86Kcal
タンパク質 : 1.1g
炭水化物 : 22.5g
脂質 : 0.2g

おやつに果物を食べさせることも多いかと思いますが、果物はほとんど水分であるため「腹のたし」としては、ちょっと物足りなさがあります。

その点、バナナは炭水化物が多く含まれているので、腹持ちも良くなります。

6.きな粉

きな粉(100g当たり)
エネルギー : 450Kcal
タンパク質 : 36.7g
炭水化物 : 28.5g
脂質 : 25.7g
カルシウム : 190mg

タンパク質とカルシウムが豊富に含まれているので、さつま芋やかぼちゃのおやつ、食パンやゼリーなどにサッと振りかけて栄養機能をアップさせましょう。

離乳食期の赤ちゃんのおやつ―いつから、どれだけの量を食べていい?―
赤ちゃんの「おやつ」に関する基礎知識を紹介します。 おやつを始めるタイミングや量、メニューについて参考にしてくださ...

2.市販のベビー用お菓子

7.ピジョン 小魚とひじきのおこめせん


amazon-link2

おこめせん(1袋2枚当たり)
エネルギー : 26Kcal
タンパク質 : 0.3g
炭水化物 : 6.1g
脂質 : 0.1g
カルシウム : 58mg

不足しがちなカルシウムと鉄分を補強したソフトせんべいです。

8.和光堂 チーズスティック


amazon-link2

和光堂 チーズスティック(7.2g当たり)
エネルギー : 32Kcal
タンパク質 : 0.8g
炭水化物 : 5.2g
脂質 : 0.9g
カルシウム : 17mg

こちらもチーズのカルシウムと鉄分が付加されたお菓子です。

粉ミルクでおなじみの和光堂の商品です。

9.キユーピー 野菜入りソフトおせんべい


amazon-link2

野菜入りソフトおせんべい
エネルギー : 383Kcal
タンパク質 : 4.0g
炭水化物 : 5.2g
脂質 : 0.6g

かぼちゃ、にんじん、ほうれん草が入ったおせんべいです。

3.おやつでの飲み物

10.フォローアップミルク(または母乳)

和光堂ぐんぐん(調乳後100ml当たり)
エネルギー : 66Kcal
タンパク質 : 2.0g
炭水化物 : 8.3g
脂質 : 2.68
カルシウム : 100mg

フォローアップミルクは不足しがちなカルシウムや鉄分を強化しています。

11.豆乳

調整豆乳(100g当たり)
エネルギー : 64Kcal
タンパク質 : 3.2g
炭水化物 : 4.8g
脂質 : 3.6g
カルシウム : 31mg

1歳前は生の牛乳のタンパク質は消化器官に負担がかかるため、フォローアップミルクか豆乳がおすすめです。

良質なたんぱく質とカルシウムが摂取できます。

12.麦茶

麦茶(100ml当たり)
エネルギー : 1Kcal
タンパク質 : 0.0g
炭水化物 : 0.3g
脂質 : 0.0g

麦茶はほぼ100%水分であるため栄養はありませんが、チーズなどの高脂質、高カロリーのおやつを食べる時のドリンクとして最適です。

パクパク期(1歳歳以上)におすすめのおやつ

food23

1.おやつ

13.コーンフレーク

コーンフレーク(100g当たり)
エネルギー : 381Kcal
タンパク質 : 7.8g
炭水化物 : 83.6g
脂質 : 1.7g

コーンフレークは様々な種類がありますが、できるだけ甘くないものを選びましょう。

14.小魚

煮干し(100g当たり)
エネルギー : 332Kcal
タンパク質 : 64.5g
炭水化物 : 0.3g
脂質 : 6.2g
カルシウム : 2200mg

小魚はカルシウムが豊富ですが、やや硬いため噛みづらいという難点があります。

上手に食べられない場合は、小魚入りのせんべいがおすすめです。

15.おにぎり

おにぎり(100g当たり)
エネルギー : 179Kcal
タンパク質 : 2.7g
炭水化物 : 39.4g
脂質 : 0.3g

おにぎりは腹持ちがよいため夕食までの「お腹のたし」として最適です。

のりやわかめなどの海藻を使うとさらに栄養バランスがよくなります。

16.麺類(うどん、やきそば)

蒸し中華めん(100g当たり)
エネルギー : 198Kcal
タンパク質 : 5.3g
炭水化物 : 38.4g
脂質 : 1.7g

麺類は手軽に作れて、野菜やお肉も食べられるため「手作りおやつ(補食)」として最適です。

同じ「粉もの」であるお好み焼き・チヂミなどもおすすめです。

17.蒸しパン(パンケーキ)

ホットケーキ(100g当たり)
エネルギー : 261Kcal
タンパク質 : 7.7g
炭水化物 : 45.2g
脂質 : 5.4g

油で焼いてバターの乗せるパンケーキは高脂質・高カロリーになってしまいますが、実はレンジでチンするだけで簡単に「蒸しパン」を作ることができます。

ミックスベジタブルやドライフルーツを入れるとビタミンを補うこともできます。

2.おやつでの飲み物

18.牛乳

牛乳(100g当たり)
エネルギー : 67Kcal
タンパク質 : 3.3g
炭水化物 : 4.8g
脂質 : 3.8g
カルシウム : 110mg

1歳を過ぎたら卒乳をしている子供も多いため、おやつの時は基本的に牛乳を飲ませるようにしましょう。

エネルギーもカルシウムもしっかり補給できます。

19.乳酸菌飲料

牛乳(100g当たり)
エネルギー : 71Kcal
タンパク質 : 1.1g
炭水化物 : 4.8g
脂質 : 0.1g
カルシウム : 43mg

乳酸菌飲料は砂糖が含まれているため、それほどおすすめできないのですが、ヨーグルトが苦手な子供にたまに乳酸菌飲料を飲ませて腸内細菌を増やしてもよいでしょう。

20.野菜ジュース

トマトジュース(100g当たり)
エネルギー : 17Kcal
タンパク質 : 0.7g
炭水化物 : 4.0g
脂質 : 1.1g
カルシウム : 43mg
β-カロテン : 310μg

様々な種類がある野菜ジュースですが、甘いミックス野菜ジュースは糖分が多いため、甘いおやつと一緒に飲む場合には、トマトジュースやニンジンジュースなどがおすすめです。

野菜ジュースはβ-カロテンが多く含まれていて、風邪の予防にもなります。