その「おむつ」いつまで使える?-サイズ変更のタイミング-

おむつのサイズを変更したほうがいいタイミングについて詳しく解説します。

今使っているオムツがいつまで使えるかと疑問に思ったら確認してください。

新生児用からSサイズに替えるタイミング

omutsu17

1.体重

体重を目安にサイズを変更する場合は、4.0~5.0kgの間でSサイズに変更するようにしましょう。

全てのメーカーで、新生児用おむつは体重が5.0kgまで対応、また、Sサイズは4.0kgからの対応となっているからです。

つまり、どんなに遅くても体重が5kgになったらSサイズに変更する必要があります。

2.メーカー推奨タイミング

赤ちゃんの体つきには個人差があります。

頭が大きな子がいれば、足が長く太い子がいたり、身長は小さいけどふっくらしていたり・・・。

同じ4kgの体重でも体つきが違うため、体重だけを目安にサイズを変更すると漏れの原因になります。

そこでおむつメーカーではテープ式のおむつのサイズを変更する時期について、次の4つを目安にすることを勧めています。

1.テープの貼る位置が目印の一番外側になる

テープ式のオムツには、このような留め位置の目印が付いています。
omutsu18
写真の場合だと、一番外側の「3」まで来たらサイズアップの目安です。

2.太もも・お腹周りにゴムの跡がつく

体が大きくなると、ギャザーの締め付けがきつくなり、ギャザーのゴム跡がつくようになります。

跡が目立つようになったらサイズアップの目安です。

3.おへそが見えるようになる

背が伸びる、お腹が太くなる、などによりオムツで隠れていたおへそが、着用する時に見えるようになったらサイズアップの目安です。

4.おしっこ・うんちの量が増えた

おしっこやうんちが増えると、小さなサイズでは十分に受け止められなくなります。

オムツを交換する時に、手に持って「重たいな」と感じるようになったり、おむつの交換を1,2回忘れただけ「漏れ」が発生するようになったらサイズアップの目安です。

SからMサイズに替えるタイミング

omutsu16

SからMにサイズアップするメーカー推奨の目安は、新生児用からSサイズに変更するタイミングと同じですので先ほどの内容を参考にしてください。

また、体重を目安にSからMに替えるタイミングは、6.0~8.0kgの間でサイズを変更するようにしましょう。

全てのメーカーで、Sサイズは8kgまでの対応となっています。

Mサイズが使える体重はメーカーごとに違っています。

メリーズ、グーン、パンパース、ムーニー、マミーポコ(テープ)は6.0kgから使えます。

マミーポコ(パンツ)、ゲンキ!、ホワイト(パンツ)は7.0kgから使えます。

テープ式からパンツ式にするタイミング

0-baby13-1

まずは、テープ式・パンツ式それぞれのメリット、デメリットを知りましょう

1.テープ式のメリット・デメリット

メリット

  • パンツ式より単価が安い
  • オムツ交換の際に、新しいおむつを先に下にしいてから、古いオムツをはずして、おしりふきができるため、オムツ替えシートを使わなくてもシーツなどを汚す心配がない
  • デメリット

  • オムツ交換の際に、赤ちゃんの動きが激しいと装着しづらい
  • 正しくテープで固定しないと「漏れ」やすい
  • 2.パンツ式のメリット・デメリット

    メリット

  • 激しく動く赤ちゃんでも装着がしやすい
  • 伸縮性が高くおしっこやうんちが漏れにくい
  • デメリット

  • テープ式に比べて単価が高い
  • 3.パンツ式にするタイミング

    このようにパンツ式は値段こそ高いですが、動き回る子供のオムツを替える際には格段に楽になるため、多くの家庭で使用されています。

    では、何を目安にパンツ式に切り替えればいいのでしょうか?

    激しく足をバタバタさせる

    パンツ式はSサイズから販売されています。

    赤ちゃんによってはオムツ替えを嫌がって、足をバタバタさせる子もいます。

    オムツ替えがたいへんだと思ったらパンツ式を試してみましょう。

    寝返りをうつ

    5~6ヵ月頃になると寝返りをうてるようになります。

    コロコロ寝返りをうっている間に、「うんちが漏れる」ということもあるので、より漏れにくいパンツ式にかえてもいいでしょう。

    ハイハイをする

    8か月頃からハイハイができるようになると家中を動き回るようになります。

    パンツ式はテープ式に比べて伸縮性がよいため、動きやすく、漏れにくい構造になっています。

    なお、グーンとムーニーにはハイハイ用のオムツがあり、通常のオムツよりも伸縮性がよいものになっています。

    ハイハイをはじめたらパンツ式替えるのが最も一般的なタイミングです。

    タッチする・歩き回る

    10か月頃から「つかまり立ち」をするようになり、1歳2か月には「歩く」ようになります。

    成長につれてどんどん活発になり動きが激しくなります。

    やはり動きやすく、漏れにくいパンツ式に替える良いタイミングです。

    体重がビッグサイズになる

    実はパンツ式はテープ式よりも、大きな子供に対応できます。

    ほとんどのメーカーでテープ式はLサイズ(~14kg)までしか販売されていません。

    唯一、グーンだけがテープ式のビッグサイズ(~20kg)を販売しています。

    それに対してパンツ式は、メリーズとパンパースが「ビッグより大きいサイズ(~28kg)」まで、グーンとムーニーが「スーパービッグ(~35kg)」まで対応しています。

    つまり、基本的にLサイズでオムツを卒業できない場合には、ビッグサイズからは嫌でもパンツ式になります。

    パンツ式おむつのサイズアップ時期

    omutsu
    パンツ式のおむつでサイズアップする時の目安は、

  • 太もも・お腹周りにゴムの跡がつく
  • おへそが見えるようになる
  • おしっこ・うんちの量が増えた
  • となります。

    詳しくは「新生児からSサイズに替えるタイミング」に記載があるので参考にしてください。

    本日の人気記事

    本日の人気記事

    年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
    どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...
    スポンサーリンク
    アドセンス
    アドセンス