新生児の生後30日目までの体重増加グラフ【印刷して使える!】

厚生労働省の「平成22年乳幼児身体発育調査」をもとに生後30日目までのグラフを作成しました。

毎日、記入して使うことができます。

赤ちゃんの体重増加が気になる方は利用して下しさい。

体重グラフ(印刷用画像)

男の子用

graph-newborn-weight-men
※画像を右クリックして印刷してください。

女の子用

graph-newborn-weight-wemen
※画像を右クリックして印刷してください。

グラフの見方

  • 「縦軸」は「体重」です。目盛は「50g単位」になっています。
  • 「横軸」は生後「日数」です。誕生日は「0」日となります。
  • 女子・男子(小)は、3パーセンタイルの子供の体重のグラフです。
  • 女子・男子(中央値)、50パーセンタイルの子供の体重のグラフです。
  • 女子・男子(大)、97パーセンタイルの子供の体重のグラフです。
  • パーセンタイルとは、例えば子供が100人いた場合に、体重の少ない子供から順に並べて何番目かという指標です。

    50パーセンタイルが、ちょうど真ん中(中央値)の子供と言うことになります。

    グラフの使い方

    1.毎日、同じ時間帯に体重を計ります。

    2.「50g単位」に四捨五入した体重の数値を「点」で記入します。
      (例)3240g ⇒ 3250g、 3220g ⇒ 3200g

    3.1週間経過したら、点を結んで増加傾向を確認します。

    何故、四捨五入するかと言うと、一般的に母乳(ミルク)1回の量は50ml以上出ています。

    1日単位で記録をするのであれば、50m未満まで記録する必要性は薄いと言えます。

    どうしても、細かくつけたいのであれば、目盛の間に「目算」で点を記入してください。

    注意点

    <注意1>

    このグラフは、6日目から29日目までの体重は、増加率を「均等」にしています。

    厚労省の統計にデータがないため便宜的に簡易計算したものです。

    現実には、誕生してから徐々にミルクを飲む量が増えていくため、日数を追うごとに体重の増加率は「増大」します。

    なので、誕生から2週間前後は、このグラフよりも緩やかな傾斜になる場合が多いです。

    <注意2>

    1日ごとに増えたり、減ったりしても、あまり気にしないでください。

    1~2週間単位で増加傾向にあれば、問題ありません。

    心配なことがあれば、医療機関で相談しましょう。

    <注意3>

    体重は正しく計測しましょう。

    体重の測り方についてはこちらの記事を参考にしてください。

    【簡単・正確!】赤ちゃん(新生児、乳児)の体重・身長の測り方
    赤ちゃんの発育状況を知る上で身体測定はとても大切です。 しかし、大人と違って自分では立てない新生児や乳児をどのよう...


    (参考出典)
    厚生労働省「日本人の食事摂取基準2015年版」
    厚生労働省「平成22年乳幼児身体発育調査」

    スポンサーリンク
    アドセンス
    アドセンス
    本日の人気記事

    本日の人気記事

    年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
    どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...