日本国内メーカーの「粉ミルク」全商品比較―100g当たりの値段がわかる―

国内で粉ミルクを販売している「明治」「森永乳業」「和光堂」「ビーンスターク」「メグミルク」「グリコ」の6社の商品を紹介します。

国内メーカー6社の粉ミルク比較

0-baby42

値段は2017年4月10日にamazonで調査したものです。「大缶」の価格を用いて100g換算で比較しております。

1.新生児用粉ミルクの比較

メーカー 商品名 値段(100g) 月齢 スティック
明治 ほほえみ 336円 0か月~
森永 はぐくみ 250円 0か月~
森永 E赤ちゃん 328円 0か月~
和光堂 はいはい 213円 0か月~
雪印ビーンスターク すこやかM1 256円 0か月~
雪印メグミルク ぴゅあ 284円 0か月
グリコ アイクレオのバランスミルク 368円 0か月

まず、全ての商品でスティックタイプの設定があるため外出時も同じミルクを使用したいというママにはどの商品も安心して使うことができます。

さて、値段については300円以上の高価格帯商品が3点あります。

高い商品なので、200円代の商品と何が違うのか知りたいところです。

まず、違いがわかりやすいのは「森永E赤ちゃん」です。

「森永E赤ちゃん」は、同メーカーの「はぐくみ」と同じ栄養成分でありながら、牛乳のたんぱく質を腸で消化吸収しやすい大きさに特殊加工しているため、牛乳アレルギーになりにくいとしています。

森永では特に牛乳アレルギーの兄(姉)を持つ赤ちゃんに「E赤ちゃん」を使うことを推奨しています。

アレルギーが心配な方は試してみるとよいかもしれません。

なお、すでに牛乳アレルギーの赤ちゃんには使えません。

続いて「明治ほほえみ」は、母乳とほぼ同じ量のDHAとアラキドン酸が配合されていることをアピールしています。

しかし、これらの成分は「はいはい」や「はぐくみ」などの低価格帯の商品にも、やや少ない量ではありますが配合されています。

では他社にない特徴は何でしょうか?

それは「明治ほほえみ」は、スティックタイプが唯一「キューブ状」になっている点です。

スティックの欠点は、1度に作る量が細かく調整できないため飲む量が少ない新生児の場合、使いきれずに無駄にしてしまうことが多いのですが、「ほほえみキューブ」だと20g単位に小分けにして使うことができるので、とても利便性が高いです。

筆者は、普段「はいはい」を母乳後にちょい足しで使っていますが、外出時や子どもを預ける時には「ほほえみキューブ」を使っています。

1種類の粉ミルクだけを使いたいというママには、外出のことを考えると「ほほえみ」は最有力の選択肢になります。

「アイクレオのバランスミルク」はさらに他のミルクとの違いが分かりにくい商品です。

商品サイトでPRしているヌクレオチドやガラクオリゴ糖は他社製品にも配合されています。

違うと言えば母乳に近い「香り」にこだわっているという点でしょうか。

確かに完全母乳育児を目指すママには魅かれるポイントですが、香りが原因で母乳が進まないというのは聞いたことがありません。

中にはそういう赤ちゃんもいるのかもしれませんが。

あとは、ナトリウム(塩分)量が母乳と同じ量(他社の2倍)を配合しているため「引き締まった」体になりやすいそうです。

とはいえ、アイクレオを使う人は「病院でも使っていたから」という理由で選択するケースが多いのではないでしょうか。

なぜならアイクレオは低出生体重児(2500kg未満)向けの特殊ミルクも製造しており、多数の医療機関で採用されています。

味が変わって飲まなくなることもあるため、そのまま同じメーカーのミルクを使い続けることは割とよくあるからです。

さて、新生児用ミルクの比較をしましたが、粉ミルクを選ぶ際には、結局のところ、成分の良し悪しよりも、赤ちゃんが良く飲んでくれることが一番重要です。

飲んでさえくれれば、どの商品でも構わないでしょう。

2.フォローアップミルクの比較

メーカー 商品名 値段(100g) 月齢 スティック
明治 ステップ 260円 12か月~
森永 チルミル 218円 12か月~
和光堂 ぐんぐん 163円 9か月~
雪印ビーンスターク つよいこ 227円 9か月~
雪印メグミルク たっち 234円 9か月~
グリコ アイクレオのフォローアップミルク 281円 9か月~

フォローアップミルクに移行するためには、しっかりと1日3回離乳食を食べられるようになり、母乳(ミルク)に頼らなくても必要な栄養素が摂れるようになっていることが必要です。

栄養成分上の新生児用ミルクとの違いは、タンパク質が多く脂質が低いということです。

また、食品からは1日の必要量を摂取しにくい鉄分とカルシウムが強化されています。

フォローアップミルクについては、メーカーごとに際立った特徴があるわけではありません。

例えば、最高価格のアイクレオと、最低価格のぐんぐんの栄養成分を見てみましょう。

栄養素 アイクレオ ぐんぐん
エネルギー 484kcal 474kcal
たんぱく質 15.5g 14.3g
脂   質 21.7g 20.0g
炭水化物 56.8g 59.5g
食塩相当量 0.51g 0.22g
ビタミンA 490μg 360μg
ビタミンB1 0.7mg 0.6mg
ビタミンB2 0.8mg 0.8mg
ビタミンB6 0.7mg 0.6mg
ビタミンB12 1.5μg 1.2μg
ビタミンC 74mg 50mg
ビタミンD 5.5μg 5.0μg
ビタミンE 6.5mg 6.0mg
ビタミンK 20μg
ナイアシン 7.7mg 5.3mg
葉酸 130μg 110μg
パントテン酸 5.5mg 4.0mg
ビオチン 16μg 20μg
カルシウム 725mg 720mg
リン 390mg 400mg
8.3mg 9.5mg
カリウム 625mg 750mg
マグネシウム 60mg 65mg
β-カロテン 90μg 30μg
リノール酸 2.6g 3.0g
α-リノレン酸 0.45g 0.3g
ドコサヘキサエン酸(DHA) 80mg
リン脂質 230mg
塩素 470mg 510mg
ヌクレオチド 21mg 6mg
ガラクトオリゴ糖 0.3g 1g
灰分 3.5g 3.8g
水分 2.5g 2.4g

このように差はほぼありません。

アイクレオで特に優位性があるのはヌクレオチドとβ-カロテンが3倍以上含まれている点でしょうか。

ただ「ぐんぐん」にはビタミンKが含まれています。

DHAはアイクレオに含まれていませんが、その分、DHAに変化するα-リノレン酸が多めに含有しています。

フォローアップは食事の補助にすぎないので、どの粉ミルクがいいというよりは、そもそも離乳食がしっかりと食べられるように、ミルクの飲み過ぎには注意しましょう。

3.特殊(アレルギー等)粉ミルクの一覧

疾患の治療用に使用する市販の特殊ミルクを紹介します。

特殊粉ミルクついては医師の指示に基づき商品を選びましょう。

メーカー 商品名 値段 特徴
明治 ミルフィーHP 393円 牛乳アレルゲン除去・無乳糖
明治 必須脂肪酸強化MCTフォーミュラ 1080円 脂質吸収障害症
明治 MCTフォーミュラ 1068円 脂質吸収障害症
明治 エレメンタルフォーミュラ 937円 牛乳アレルゲン除去・無乳糖
森永 ノンラクト 432円 無乳糖
森永 ARミルク 326円 胃食道逆流症用
森永 MA-mi 405円 牛乳アレルゲン低減
森永 ニューMA-1 513円 牛乳アレルゲン低減
和光堂 ボンラクト 282円 大豆ミルク
雪印ビーンスターク ペプディエット 493円 牛乳アレルゲン除去・無乳糖
本日の人気記事

本日の人気記事

年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...
スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス