口コミで人気!おすすめ赤ちゃん用「歯ブラシ」【10選】

赤ちゃんの歯は、生後6か月頃から生えてきます。

小さな歯がにょきにょきと生えてきたときの顔は、新生児の頃の顔とはまた少し変わってかわいいですよね。

歯がたくさん生えそろってくると、少しずつ固いものでも食べられるようになったりもして、食事も楽しくなってきます。

そうすると、食後は歯を磨いてしっかりと虫歯予防をしていきたいところですね。

今回は、乳児の歯磨きにおすすめの歯ブラシをご紹介します。

赤ちゃん用の歯ブラシの選び方

0-baby51

1.赤ちゃんが持ちやすいもの

まずは歯磨きを嫌がらずにできるところから始めます。

しっかりきれいに磨くのは、ママが最後の仕上げ磨きでやってあげるといいので、まずは赤ちゃんが自分で歯ブラシをもって口の中に入れることを覚えさせます。

大人用や、子ども用よりももっと短いサイズの「赤ちゃん用(乳児用)」がありますので、そちらを選ぶといいですね。

赤ちゃんはまだ加減がわからないし、とっさに転んだりといろんな危険があるので、できれば喉付き防止のものがついていると安心です。

2.歯ブラシヘッドが小さいもの

大人とは違って、赤ちゃんはお口も歯もとても小さいですよね。

そのぶん、歯ブラシもそれに合わせて小さいものを選んであげましょう。

お口の中の隅々まで磨き残しのないように歯磨きをしてあげたいですからね。

3.歯ブラシの毛やヘッドが柔らかいもの

まだまだ上手に歯磨きができない赤ちゃんは、どうしても歯ブラシをカミカミしてしまいます。

ヘッドや毛が固いと、噛んだ時に痛くて歯磨き自体を嫌いになってしまうかもしれません。

また、毛が固いと磨くときに赤ちゃんの歯茎を傷つけてしまう恐れもあります。

痛い思いをすると、もう歯ブラシを見ただけで嫌がって逃げてしまうことにもなりかねません。

まずは歯磨きを嫌がらないことが大事なので、歯ブラシの毛もヘッドも柔らかいものを選んであげるといいですね。

喉付き防止付きの歯ブラシ

1.【クリアクリーン】クリアクリーンキッズ ハブラシ



amazon-link2

赤ちゃんに持たせる用と、ママの仕上げ磨き用がセットになっています。

赤ちゃんが歯ブラシを気に入ってくれるのはいいですが、仕上げ磨きをしようとしても歯ブラシを貸してくれないこともあります。

ママとセットなら、赤ちゃんが自分用の歯ブラシを持たせたまま仕上げができますね。

2.【コンビ】テテオ はじめて歯みがき 乳歯ブラシセット



amazon-link2

赤ちゃんの成長に合わせてステップアップできるセットです。

喉付き防止のプレートが外せるので、ステップアップしても付け替えられて安心です。

赤ちゃんも、使い慣れた歯ブラシで徐々にステップアップできれば、やりやすくていいですね。

3.【コンビ】テテオ じぶんでみがけた 乳歯ブラシ



amazon-link2

赤ちゃんがとても持ちやすそうにできています。

歯ブラシの買い替え時には、ブラシ部分だけを付け替えられるので経済的にもいいですね。

4.【和光堂】にこピカ ベビー歯ブラシ 自分でみがく用



amazon-link2

こちらも持ちやすそうな形です。

ブラシが360度についているので、赤ちゃんが口に入れてカミカミするだけでも全面で歯を磨けます。

ママが仕上げをするときに嫌がってしまっても、360度ブラシが付いていれば磨きにくいところもササッと磨けそうですね。

5.【ファイン】シリコン歯ブラシ ぴから



amazon-link2

まるで歯固めのような歯ブラシです。

歯みがきデビューしたての赤ちゃんは、遊びの延長のようにカミカミしながら歯磨きができていいですね。

歯が生えそろってきたらあまり磨けなさそうです。

6.【ファイン】スヌーピー ぷうぴい リング歯ブラシ



amazon-link2

こちらも歯固めのような形ですが、しっかりとブラシになっています。

かわいいスヌーピーの柄が付いていて、赤ちゃんのお気に入りになりそうですね。

7.【ピジョン】乳歯ブラシ セット



amazon-link2

こちらも、成長に合わせてステップアップできるセットです。

ステップ1の歯ブラシは、シリコンブラシで赤ちゃんが噛んでも嫌がらなさそうです。

だんだんとブラシに慣れることができそうですね。

8.【リッチェル】ミッフィー 乳歯ブラシセット



amazon-link2

こちらも、成長に合わせて変えられるセットです。

グリップ部分にかわいいミッフィーちゃんが付いています。

ミッフィーちゃんが好きな子なら、毎回の歯ブラシが楽しくできそうですね。

喉付き防止のない歯ブラシ

1.【STBヒグチ】360度歯ブラシ



amazon-link2

360度にブラシが付いている歯ブラシです。

磨きにくい歯の裏側や奥歯も、赤ちゃんがカミカミするだけでも磨けそうですね。

ただ、喉付き防止はついていないので、赤ちゃんが歯ブラシをくわえて歩き回らないように注意が必要です。

2.【日本パフ】わんわんベビー 曲がるん歯ブラシ



amazon-link2

こちらも喉付き防止のリングはついていませんが、ぐにゃぐにゃ曲がるようにできているので喉をつく事故は起こりにくいというものです。

赤ちゃんが歯ブラシを噛みながら、ぐにゃぐにゃ曲げて遊ぶだけでしっかりと磨けそうですね。

ただ、いくら曲がるとはいえ、口の中には入ってしまいそうなのでやはり転倒などの注意は必要です。

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
本日の人気記事

本日の人気記事

年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...